FX キャッシュバック キャンペーン

FXキャッシュバックキャンペーンとは?

1万円札 10000円札

株取引の証券会社やFX 外国為替証拠金取引会社では時々「キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

FX業者や証券会社が実施している「キャッシュバックキャンペーン」とは、FX・株・CFD・投資信託などの口座を開設して1回~数回取引すると、数千円~数十万円程お金が貰えるキャンペーンを指します。

FX キャンペーン 比較 ← 実施中のFXキャンペーン一覧はこちら。
株 証券 CFD 投信 キャンペーン ← 実施中の株式キャンペーン一覧はこちら。

例えば取引1回がキャンペーン条件の場合、FX 最低取引単位で1取引したり、株取引で株価1ケタのボロ株を単元株数 株最低売買単位だけ買って、直後に即決済するスキャルピング・デイトレでもキャンペーンの対象となります。

キャッシュバックキャンペーン=現金プレゼントキャンペーン

FX 口座開設 キャッシュバック キャンペーン 入金キャンペーン

FX取引にかかるコストは米ドル/円の場合、「買い → 決済」の往復で100円程度なので、例えば10,000円貰えるキャンペーンの場合、差し引き9,900円プラスになります。

支払うコストよりも受け取れる金額の方がはるかに多いので、FXのキャンペーンは事実上、現金プレゼントキャンペーンと化しています。

さらにFX業者の中には、既存の顧客を対象に数千円~数十万円のお金をプレゼントしてくれるFX 入金キャンペーンを年に数回実施する業者もあります。

従って、早いうちに沢山FXの口座を作っておけば長期間、お金をもらえるので非常にお得です。

FX業者は非常に数が多いので、株主優待を次々とゲットする感覚で片っ端からハシゴしていくと、意外に馬鹿にならない金額になります。

私の場合、既に終了した口座開設キャンペーンや入金キャンペーンを含めると、FX業者から貰った現金やギフトカードは合計で70万円を軽く超えています(売買の利益・取引コスト等を差し引いたキャンペーン受取のみの金額です。)

FX業者からもらったお金は、自由に使えます

FX キャンペーン キャッシュバックでFX取引 FX キャンペーン キャッシュバックで買い物

キャッシュバックキャンペーンで受け取った現金は、FXで一攫千金を狙うのに使ってもいいですし、そのまま引き出して買い物に使ったり、銀行に預金したりしてOKです。

キャッシュバックをFXに使わずに出金した場合でも、FX業者から電話が来たりする事は一切有りません。

もらったキャッシュバックの出金手続きは、出金額を入力してクリックするだけという簡単な操作で出来るので、担当者に電話したりする煩わしさも有りません。

たった1分の取引で、現金25万円貰える事も

↓クリックで拡大(画像は当時の物です)
FX口座奨励金

1万円札 札束

ちなみに、私が一度に受け取った最高金額は、2010年9月13日にクリック証券(現GMOクリック証券)から受け取った現金25万円で、たった190円のコストと、わずか1分の取引で現金25万円を貰いました
FXネオ FX口座奨励金 年利15% 25万円もらいました

その他にも、私がFX業者からもらったやキャッシュバックやグッズの中から、ごく一部を写真付きで公開しています。
興味のある方は、下のリンクをクリックして下さい。
FX キャンペーン 入金 受け取り

GMOクリック証券様へ

「上の画像の社名が旧社名「クリック証券」なのが気に入らない、最新の「GMOクリック証券」の画像に差し換えろ」という要望をGMOクリック証券様から何度も受けています。

しかしながら、GMOクリック証券様は、2011年4月に社名を「クリック証券」から「GMOクリック証券」に変更しています。

御指摘の箇所は、2011年4月以前のキャンペーン内容であり、当時は「クリック証券」が正しい名称です。

上の画像は証拠としてキャッシュバックされた直後の画像を掲載しています。それに加え、現行の御社のシステムで当時の入金履歴を表示する事は出来ないので御社の要求は実現不可能です。申し訳有りませんm(__)m

FX業者がキャンペーンを実施する理由は?

FX キャンペーン 実施理由 利益

FX キャンペーン 実施 理由ですが、FX業者はワンクリック詐欺などの詐欺目的や、ボランティアでキャンペーンをやっているわけでは有りません。

FX口座開設者の中から10人中2~3人でも、高いレバレッジを掛けて何度も為替取引するFXトレーダーや長期的に為替取引する固定客が現れれば元が取れるので、キャンペーンを実施しています。

それ以外にも、テレビCMや営業マンによる勧誘に比べると大幅に少ない費用で顧客を増やせるというメリットもあります。

FX口座開設費・維持費は無料、FX取引を強要する電話が来る事は一切無し

電話

FXの口座開設直後はもちろん、キャンペーンで現金を受け取った以降に全くFX取引しなかった場合でも、自宅や職場にFX取引を強制する電話などがかかって来る事は一切ありません。

現在は金融取引法の改正で顧客に取引を強制する電話をかけた場合、法律によりFX業者は営業停止などの厳しい処罰を受けます。

「口座開設費、口座維持費」などは、大半のFX業者は一切無料です。

FX 比較 ← FX業者各社の口座維持費に関してはこちら

FX キャンペーン 攻略 ← FXキャッシュバックキャンペーン参加に関する記事はこちら

(FX口座開設 関連記事)

おすすめ証券会社

お勧めFX会社・証券会社

女性 指示棒 教鞭

投資歴20年以上、ネット証券の口座を50社以上開設した当ブログ管理人が、初心者から上級者まで自信を持ってオススメするFX業者・証券会社です。

当ブログ管理人は、以下の業者の口座を全て開設して利用しています。

お勧めFX業者(為替取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

  1. SBI FXトレードオススメ
    FX業者で最も米ドル円 スプレッドが狭いです(FX スプレッド 比較)。FX初心者に最適な1通貨単位で取引出来ます。現金500円貰えるSBI FXトレード キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメインFX業者です。
  2. 外為どっとコム
    FX業者で最も投資情報が充実。FX大手でサーバーが非常に堅牢で、1000通貨単位で取引出来ます。FX初心者から上級者に適しています。
  3. ヒロセ通商
    FX キャンペーンが充実。他のFX業者よりも早い「月曜朝6時」から取引出来ます。1000通貨単位でFX取引出来るので、FX初心者から上級者に適しています。現金1万円貰えるヒロセ通商 ライオンFX キャンペーン実施中。
  4. マネーパートナーズ
    FX業者で最もFX 約定能力が高いのでスキャルピング・クルクル詐欺対策に最適です。FX中級者から上級者に適しています。
  5. シストレ24限定
    自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引が出来る初心者向けのFXシステムトレードです。当ブログ限定で現金1万五千円貰えるシストレ24 タイアップ キャンペーン実施中。

お勧め証券会社(株取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各証券会社のサイトへジャンプします。

  1. GMOクリック証券オススメ赤 osusume-red
    株取引・日経225先物取引の手数料が最安水準です。GMOインターネット 株主優待で年間1万円分の手数料が無料になるので株主優待の権利取りに便利です(株主優待 権利確定日)。当ブログ管理人のメイン証券会社です。
  2. 楽天証券
    株で200億円儲けたBNF氏も利用している大人気の株取引ソフトのマーケットスピード(通称マケスピ)が使えます。当ブログ管理人もマケスピで毎日情報収集しています。楽天FXの口座を開設すればマケスピ利用料が永久無料(FX取引しなくてもOK)になります。

PC・スマホで口座開設・取引可能

スマートフォン スマホ iPhone アンドロイド 女性

上記全てのFX業者・証券会社は、パソコン、スマートフォン(iPhone、アンドロイド等)、タブレット(iPad等)で口座開設申込み・取引が可能です。

FX業者は必要書類の撮影から提出まで、全てスマホやパソコンで出来るので、外出先など何処でも10分程度で申し込み出来ます。

無職・学生も無料で口座開設可能

FX 口座開設 審査基準 年齢 条件

証券会社・FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生どなたでも申し込みできます。

口座開設費、口座維持費、クイック入金・出金手数料などは無料なので、複数口座開設して使い分けると良いと思います。

顧客の資産保全

当サイトで紹介している証券会社は、全て証券保管振替機構及び投資者保護基金に加入、FX業者は全て全額信託保全を導入しているので、安心してお金を預けられます。

金融庁登録済み業者

金融庁 ロゴ

当サイトで紹介しているFX業者・証券会社は全て金融庁に登録されている正規の業者です。

金融庁の登録業者であるかについては、金融庁のホームページにある「金融商品取引業者登録一覧」(pdf)で確認出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されています。

当ブログ管理人より

最後まで読んで頂き有難うございます。このブログ記事が役に立ったと思われたなら、ご家族、お友達、会社の仲間、LINEや掲示板などで紹介して頂けると嬉しいです(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る