外為どっとコム 外貨ネクスト FXステージ 違い 比較

外為どっとコム NEXT総合口座 ネスクト総合口座 FXトレード口座

外為どっとコムネクスト総合口座(NEXT総合口座)は基本的に中・長期運用向けの口座で、FXトレード口座は短期売買向けの口座です。

中・長期運用向けの「ネクスト総合口座(NEXT総合口座)」の最大の特徴は、1,000通貨単位での取引が可能なことです。米ドル/円の通貨ペアなら5,000円から取引ができるので、小額・低リスクでFXを始めてみたいという方にぴったりな口座です。
ただし、ネクスト総合口座はレバレッジが最大で20倍と低いほか、取引に手数料を取られるという欠点があります。

その点「FXトレード口座」は手数料無料なうえ、レバレッジは最大100倍で、一度に500万通貨まで注文ができます。
ただし、「FXトレード口座」は「NEXT総合口座」に比べると、スワップ金利が若干落ちるほか、1万通貨単位でしか売買が出来ないのが欠点です。
さらに「FXトレード口座」のレバレッジ50倍やレバレッジ100倍の場合、ポジションを次の週に持ち込す事が出来ないという欠点があります。

なお、スプレッドに関しては「NEXT総合口座」と「FXトレード口座」のいずれも同じです。

 取引条件について

項目

外貨ネクスト(ネクスト総合口座)

FXステージ(FXトレード口座)

取引手数料

1,000~9,000通貨(全通貨ペア共通):1,000通貨あたり片道50円

10,000通貨以上(南アフリカランド/円・香港ドル/円):1,000通貨あたり片道3円

10,000通貨以上(上記以外の通貨ペア):1,000通貨あたり片道30円

原則として、新規売買と決済売買の両方(往復)に、それぞれ取引手数料が必要となります。
※オンライン取引の場合

無料(0円)。

一日に何回売買をされたとしても、また特別な条件をクリアされなくとも、取引手数料は例外なく終日無料となります。

デイトレードに
関する
取引手数料

「デイトレード」、つまり新たにお持ちになったポジションを当日のニューヨーク・クローズ時刻(日本時間・翌午前7時。米国のサマータイム期の場合は翌午前6時)までに反対売買にて決済された場合は、決済にかかる手数料を免除いたします。
このほか、1回のご注文で10万通貨以上のデイトレードが成立した際に、その後当日中に発注かつ成立した新規注文の取引手数料が免除となるサービス「デイトレード・パスポート」がございます。

  • ※「デイトレード・パスポート」の詳細についてはこちらをご覧下さい。
  • ※南アフリカランド、香港ドルにつきましては、他の通貨との公平性を図るため、一度に100万通貨以上のデイトレードを行なった時点で「デイトレード・パスポート」の権利取得となります。

無料(0円)。

取引通貨ペア

12通貨ペア。

最小取引単位

各通貨ペアとも、1,000通貨単位。

各通貨ペアとも、10,000通貨単位。

レバレッジ

5種類
「外貨預金型注文(レバレッジ1倍)」
「レバレッジ2」
「レバレッジ5」
「レバレッジ10」
「レバレッジ20」

4種類
「レバレッジ10」
「レバレッジ20」
「レバレッジ50」
「レバレッジ100」

「香港ドル/円」と「南アフリカランド/円」はレバレッジ50・100がご選択いただけません。

注文種別と
執行条件

「注文種別」

  • 新規注文:通常、IFD、OCO、IFO
  • 決済注文:通常、OCO、受渡

「執行条件」

  • プライスオーダー系(現在のレートで発注):
    マーケット注文
  • リーブオーダー系(レートを指定して発注):
    指値注文、ストップ注文

「注文種別」

  • 新規注文:通常、IFD、OCO、IFO
  • 決済注文:通常、OCO

「執行条件」

  • プライスオーダー系(現在のレートで発注):
    マーケット注文
  • リーブオーダー系(レートを指定して発注):
    指値注文、ストップ注文

注文の
有効期限

「Day」
「週末」
「無期限」

「Day」の場合は、発注した日のニューヨーク・クローズ時刻まで、また「週末」の場合は、発注した日の金曜日のニューヨーク・クローズ時刻まで、それぞれ有効となります。「無期限」の場合は、約定するか、またはお客様ご自身で注文をお取消しいただかない限り、半永久的に有効のままとなります。

「Day」
「週末」
「無期限」

「Day」「週末」「無期限」ともに、有効期限は『外貨ネクスト』と同じです。
ただし「レバレッジ50」または「レバレッジ100」に設定されている注文に限り、「無期限」はご選択いただけません。
また、それ以外の有効期限を選択された場合でも、その注文を発注した週の日本時間・土曜日午前6時(米国のサマータイム期の場合は同午前5時)までに約定しなかった場合は、発注時の有効期限の設定にかかわらず、すべて「取消」となります。

ポジションの
有効期限

特にございません。

一度お持ちになったポジションは、ロスカット・ルール、または不足金の発生後に対処がなされなかった場合の決済が適用されない限り、半永久的に保有していただけます。

「レバレッジ50」、「レバレッジ100」に設定されているポジションに限り、そのポジションが成立した週の日本時間・土曜日午前6時(米国のサマータイム期の場合は同午前5時)に、その口座状況にかかわらず、すべて自動的に決済されますのでご注意ください。
その他のレバレッジにつきましては、『外貨ネクスト』と同じです。

注文発注
できる時間帯

「指値注文」と「ストップ注文」は、毎日のニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス時間帯以外であれば、いつでも発注していただけます。ただし、週末に不定期で実施しております臨時メンテナンスの時間帯には、取引画面へのログインができず、一切の注文発注ができない場合がございます。
また「マーケット注文」は、当社の営業時間帯(月曜日午前7時~金曜日ニューヨーク・クローズ時刻)で、かつ毎日のニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス時間帯以外であれば、いつでも発注していただけます。
このほか、週末に不定期で実施しております臨時メンテナンスの時間帯には、取引画面へのログインができず、一切の注文発注ができない場合がございます。

「指値注文」と「ストップ注文」は、毎日のニューヨーク・クローズ時刻前のメンテナンス時間帯以外であれば、いつでも発注していただけます。
ただし「レバレッジ50」または「レバレッジ100」に設定されている注文に限っては、日本時間・土曜日午前6時(米国のサマータイム期の場合は同午前5時)から翌週の月曜日オープン時刻(日本時間・月曜日午前7時)まで、発注することはできません。
このほか、週末に不定期で実施しております臨時メンテナンスの時間帯には、取引画面へのログインができず、一切の注文発注ができない場合がございます。
また「マーケット注文」は、当社の営業時間帯(月曜日午前7時~金曜日ニューヨーク・クローズ時刻)で、かつ毎日のニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス時間帯以外であれば、いつでも発注していただけます。

注文発注の
条件

特にございません。

「ストップ注文」に限り、下記のいずれかの条件に当てはまる場合は発注できませんので、ご注意ください。

新規注文で、指定レートが注文発注時の実勢取引レート※よりも50ポイント(「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」は0.0050ドル、「ドル/スイスフラン」は0.0050フラン、その他対円通貨ペアはすべて50銭)以上乖離していない場合。(※週末メンテナンス時は、金曜日ニューヨーク・クローズレートを基準とします。)
買い(売り)ポジションの決済注文で、指定レートが「ロスカットレート」よりも下(上)となっている場合。

注文約定の
条件

「マーケット注文」で、ボタンをクリックした瞬間に表示されていた取引レートと、その注文情報が当社のサーバーに到達した時点の実勢取引レートとのポイントの乖離が、設定されたスリッページの許容幅を超えている場合は、有利なほうに進んでいる場合のみ注文が約定※し、不利なほうに進んでいた場合には約定しません。

※クリック時の表示レートにかかわらず、注文情報が当社のサーバーに到達した時点の実勢取引レートで約定します。

「マーケット注文」で、ボタンをクリックした瞬間に表示されていた取引レートと、その注文情報が当社のサーバーに到達した時点の実勢取引レートとのポイントの乖離が、設定されたスリッページの許容幅を超えている場合は、有利なほうに進んでいる場合のみ注文が約定※し、不利なほうに進んでいた場合には約定しません。

※クリック時の表示レートにかかわらず、注文情報が当社のサーバーに到達した時点の実勢取引レートで約定します。

受渡注文

決済通貨をもって、売買の対象となる外貨を買い付ける「現受け」と、その反対の「現渡し」のいずれもご利用いただけます。

ただし、「香港ドル/円」、「ポンド/ドル」、「ドル/スイスフラン」、そして「南アフリカランド/円」の4通貨ペアに限り、「現受け」と「現渡し」のいずれもご利用いただけません。

ご利用いただけません。

電話取引

お受けいたします。

ただし、取引単位は10,000通貨単位の倍数となります。また、注文種別が「IFD」「OCO」「IFO」のご注文は、お受けできません。

ご利用いただけません。

一度に発注
できる数量

それぞれ下記の通りとなります。(オンライン取引の場合)

  • ・ マーケット注文:
    100万通貨単位まで
  • ・ 指値注文、ストップ注文:
    200万通貨単位まで

それぞれ下記の通りとなります。

  • ・ マーケット注文:
    200万通貨まで
  • ・ 指値注文、ストップ注文:
    500万通貨まで

ポジション
持高制限

原則として、口座残高の範囲であればポジションをお持ちいただけますが、その上限となる円換算額(=全保有ポジションの「約定レート×取引数量」の合計金額)は、お客様の属性によってそれぞれ下記の通りとなっております 。

  • 個人:
    円換算10億円
  • 上場法人またはこれに準ずる法人:
    円換算60億円
  • 上記以外の法人:
    円換算30億円
  • 金融機関:
    各業態が定める基準の範囲内、または円換算200億円のいずれか少ない額を上限とします。

原則として、口座残高の範囲であればポジションをお持ちいただけますが、その上限となる円換算額(=全保有ポジションの「約定レート×取引数量」の合計金額)は、お客様の属性によってそれぞれ下記の通りとなっております 。

  • 個人:
    円換算50億円
  • 上場法人またはこれに準ずる法人:
    円換算300億円
  • 上記以外の法人:
    円換算150億円
  • 金融機関:
    各業態が定める基準の範囲内、または円換算1,000億円のいずれか少ない額を上限とします。

 入出金・振替について

項目 外貨ネクスト(ネクスト総合口座) FXステージ(FXトレード口座)

クイック入金
サービス

下記の9金融機関・10サービスがご利用いただけます。(五十音順・PC端末でのお取引の場合)

  • イーバンク銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行(みずほダイレクト)
  • 三井住友銀行(SMBCダイレクト)
  • 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト:旧東京三菱)
  • 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト:旧UFJ)
  • 郵便貯金

下記の8金融機関・9サービスがご利用いただけます。(五十音順・PC端末でのお取引の場合)

  • イーバンク銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行(みずほダイレクト)
  • 三井住友銀行(SMBCダイレクト)
  • 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト:旧東京三菱)
  • 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト:旧UFJ)
  • 郵便貯金

外貨の
入出金と代用

香港ドルと南アフリカランドを除く、当社の取扱通貨であれば、入出金していただけます。

また、取引口座内に留め置いた外貨を、その通貨の対円Bidレートにて円換算した額で、取引保証金に充てることが可能です。

ご利用いただけません。

出金先預金
口座(外貨)

国内にある金融機関の本支店の外貨預金口座をご指定いただけます。

ご指定いただけません。

スワップ
振替

「即時振替」
「振替予約」
(毎月第1土曜日に振替)
の2種類の中から選択可能です。
いずれの場合も、振替金額の合計が5,000円以上の場合に、振替が実行されます。

設定はございません。

 ロスカット制度について

項目 外貨ネクスト(ネクスト総合口座) FXステージ(FXトレード口座)

「維持率」の
算出方法

口座全体で、単一の「維持率」を算出します。

計算式は、下記の通りです。
維持率=有効保有額÷取引保証金額合計×100(%)

有効保有額=
資産合計+評価損益金-(注文中保証金+受渡代金+出金依頼金額)

口座全体ではなく、単体のポジションごとに「維持率」を算出します。

計算式は、下記の通りです。
維持率=(取引保証金額+評価損益金)÷取引保証金額×100(%)
※上記の計算式の「取引保証金額」「評価損益金」は、すべて単体のポジションの金額です。

マージンコール
制度

毎営業日午後3時時点の口座全体の「維持率」が50%未満であった場合、そのことをお知らせする「マージンコール」メールを自動送信いたします。

設定はございません。

ロスカット・
ルール

当社により自動的に行なわれる「値洗い」(評価計算)の際に、口座全体の維持率が「ロスカットレベル」を割り込んでいた場合に、「ロスカット」の執行、つまり全ポジションの自動決済の対象となります。

また「ストップロス自動設定」を設定されたポジションにつきましては、ポジション毎に自動的に算出され設定された「ロスカットレート」に実勢の評価レートが達した際に「ロスカット」の執行となり、そのポジション単体が自動的に反対売買にて決済されます。

※ロスカットは、マージンコールの発生にかかわらず、随時執行されます。
お客様の損失を一定の範囲に抑えるための措置ですが、為替相場の急激な変動によりお預かりしたご資産以上の損失が生じる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

新規注文の成立により新たにポジションをお持ちになった時点で、そのポジションの「ロスカットレート」が自動的に算出され、設定されます。
その後、実勢の評価レートが「ロスカットレート」に達した際に「ロスカット」の執行となり、そのポジションが自動的に反対売買にて決済されます。

『FXステージ』におけるロスカットは、「ストップ注文」の仕組みを用いて行なっておりますため、通常のストップ注文と同様に「スリッページ」が発生する可能性がございます。その場合、「ロスカットレート」よりも悪いレートでロスカットが執行され、場合によっては、そのポジションにかかる取引保証金額を上回る損失が確定する可能性がございます。

ロスカット
レベル

口座全体に対して設定されます。

初期設定は「30%」となっており、その後任意で30%~50%の範囲(10%刻みで3種類)のいずれかへ変更することができます。

ポジションごとに設定されます。

「レバレッジ10」、「レバレッジ20」では20%
「レバレッジ50」、「レバレッジ100」では50%、にそれぞれ初期設定で固定されております。
『外貨ネクスト』のように任意のロスカットレベルを設定・変更することはできませんのでご注意ください。

ロスカット
レート

ある単一のポジションの「維持率」が、既定の「ロスカットレベル(%)」(口座全体のものと同じ数値)を割り込む最初のレートが「ロスカットレート」です。
お客様が「ストップロス自動設定」機能を設定した場合に限り、新規注文の成立時点でそのポジションの約定レートと取引保証金額により「ロスカットレート」が算出され、そのレートを指定した決済ストップ注文が自動的に発注されます。この決済ストップ注文は、お客様ご自身で変更・取消を行なうことはできますが、スワップポイント累積額などの変化に伴い「ロスカットレート」が自動的に変更されることはありません。

ある単一のポジションの「維持率」が、既定の「ロスカットレベル(%)」を割り込む最初のレートが「ロスカットレート」です。
「ロスカットレート」は、新規注文が成立した時点で、そのポジションの約定レートと取引保証金額により自動的に算出されます。また、毎日のニューヨーク・クローズ時点で当日のスワップポイントをロスカットレートに反映させる※ため、その累積金額によって「ロスカットレート」も変化します。

※「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」「ドル/スイスフラン」の各通貨ペアは、同ニューヨーク・クローズ時点のBidレートでそれぞれ円換算した金額を反映させます。

ロスカットの
メール通知

ロスカットが執行された際には、「【ネクスト】ロスカット・ルールに伴う決済のお知らせ」というタイトルの通知メールを自動送信いたします。

専用の通知メールは送信いたしませんが、その代わりに、ロスカットによる決済との旨を記載した「約定通知メール」を自動送信いたします。

ロスカットの
回避

口座内に余裕資金を積み増すことにより、口座全体の維持率を向上させ、ロスカットの執行を回避する(ロスカット執行までの値幅を拡大する)ことができます。

ロスカットの判定は、口座全体ではなくポジションごとに設定されております。
ポジションごとの取引保証金を積み増すことにより、個々のポジションの維持率を向上させ、ロスカットの執行を回避する(ロスカット執行までの値幅を拡大する)ことができます。

なお、外為(がいため)という言葉があまり一般的ではないので、為替どっとこむ(かわせどっとこむ)や、外貨ドットコム(がいかどっとこむ)といった感じでよく間違われるのですが、正式名称は「外為どっとコム(がいためどっとこむ)」です。

おすすめ証券会社

お勧めFX会社・証券会社

女性 指示棒 教鞭

投資歴20年以上、ネット証券の口座を50社以上開設した当ブログ管理人が、初心者から上級者まで自信を持ってオススメするFX業者・証券会社です。

当ブログ管理人は、以下の業者の口座を全て開設して利用しています。

お勧めFX業者(為替取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

  1. SBI FXトレードオススメ
    FX業者で最も米ドル円 スプレッドが狭いです(FX スプレッド 比較)。FX初心者に最適な1通貨単位で取引出来ます。現金500円貰えるSBI FXトレード キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメインFX業者です。
  2. 外為どっとコム
    FX業者で最も投資情報が充実。FX大手でサーバーが非常に堅牢で、1000通貨単位で取引出来ます。FX初心者から上級者に適しています。
  3. ヒロセ通商
    FX キャンペーンが充実。他のFX業者よりも早い「月曜朝6時」から取引出来ます。1000通貨単位でFX取引出来るので、FX初心者から上級者に適しています。現金1万円貰えるヒロセ通商 ライオンFX キャンペーン実施中。
  4. マネーパートナーズ
    FX業者で最もFX 約定能力が高いのでスキャルピング・クルクル詐欺対策に最適です。FX中級者から上級者に適しています。
  5. シストレ24限定
    自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引が出来る初心者向けのFXシステムトレードです。当ブログ限定で現金1万五千円貰えるシストレ24 タイアップ キャンペーン実施中。

お勧め証券会社(株取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各証券会社のサイトへジャンプします。

  1. GMOクリック証券オススメ赤 osusume-red
    株取引・日経225先物取引の手数料が最安水準です。GMOインターネット 株主優待で年間1万円分の手数料が無料になるので株主優待の権利取りに便利です(株主優待 権利確定日)。当ブログ管理人のメイン証券会社です。
  2. 楽天証券
    株で200億円儲けたBNF氏も利用している大人気の株取引ソフトのマーケットスピード(通称マケスピ)が使えます。当ブログ管理人もマケスピで毎日情報収集しています。楽天FXの口座を開設すればマケスピ利用料が永久無料(FX取引しなくてもOK)になります。

PC・スマホで口座開設・取引可能

スマートフォン スマホ iPhone アンドロイド 女性

上記全てのFX業者・証券会社は、パソコン、スマートフォン(iPhone、アンドロイド等)、タブレット(iPad等)で口座開設申込み・取引が可能です。

FX業者は必要書類の撮影から提出まで、全てスマホやパソコンで出来るので、外出先など何処でも10分程度で申し込み出来ます。

無職・学生も無料で口座開設可能

FX 口座開設 審査基準 年齢 条件

証券会社・FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生どなたでも申し込みできます。

口座開設費、口座維持費、クイック入金・出金手数料などは無料なので、複数口座開設して使い分けると良いと思います。

顧客の資産保全

当サイトで紹介している証券会社は、全て証券保管振替機構及び投資者保護基金に加入、FX業者は全て全額信託保全を導入しているので、安心してお金を預けられます。

金融庁登録済み業者

金融庁 ロゴ

当サイトで紹介しているFX業者・証券会社は全て金融庁に登録されている正規の業者です。

金融庁の登録業者であるかについては、金融庁のホームページにある「金融商品取引業者登録一覧」(pdf)で確認出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されています。

当ブログ管理人より

最後まで読んで頂き有難うございます。このブログ記事が役に立ったと思われたなら、ご家族、お友達、会社の仲間、LINEや掲示板などで紹介して頂けると嬉しいです(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る