この記事は約 2 分で読めます。

セントラル短資FX スプレッド縮小 ユーロ/円 ポンド/円 ポンド/米ドル NZドル/円

以下、セントラル短資FXのサイトからの引用です。

セントラル短資FX
セントラル短資FX スプレッド縮小 ユーロ/円 ポンド/円 ポンド/米ドル NZドル/円

取扱い4通貨ペアのスプレッド縮小のお知らせ

セントラル短資FXではお客さまの利便性の一層の向上を目指して、各種サービスや取引機能の拡充に努めております。この11月に、次世代型FX取引ツール「クイックチャート・トレード」のサービス開始を予定しております。また11月16日から、より快適な取引環境のご提供を図るため、取引機能の変更と追加を行ないます。

今回これらに合わせ、11月16日(月)から、お客さまにより効率的なFX投資を実現していただくため、「FXダイレクト」「FXハイパー」で取扱う下記の通貨ペアにおいて最小スプレッドを縮小させていただくことといたしました。

最小スプレッドの縮小によりこれらの通貨では、たとえ値動きの少ない相場状況であってもこれまでに比べ利益を確定させやすくなり、お客さまの投資効率が高まることとなります。

通貨ペア

【変更前】

【変更後】

ユーロ/円

5銭~

4銭~

ポンド/円

8銭~

6銭~

ポンド/米ドル

6pips~

5pips~

NZドル/円

7銭~

6銭~

【ご注意】
* ※最小スプレッドは、あくまで平常の相場環境時における当社提示レートの買値(Bid)と売値(Offer)の差のうち最小のものです。相場急変動時や夜間・早朝など市場の流動性が低下した場合、スプレッド幅は広がる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

対象通貨ペアのスプレッド縮小実施日
2009年11月16日(月)より

引用ここまで。

FX業界屈指の高い信頼性と安定した取引システム

セントラル短資FXは、100年以上に及ぶ短期金融市場での実績と歴史を持ち、高い信頼性を誇る短資系FX業者です。

セントラル短資FXスプレッドは米ドル/円2pips(2銭)と普通ですが、約定能力が非常に高く、システムも比較的堅牢で、企業としての信頼性もFX業界でトップクラスなので、初心者から上級者まで安心してFX取引をする事が出来ます。
FX 比較 ← FXのスプレッド及びシステム安定性の比較はこちら
FX 約定能力 比較

(関連記事)

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)