この記事は約 3 分で読めます。

アライド 杉本淑枝 逮捕 FX詐欺事件 FXで絶対儲かる 為替で必ず儲かる詐欺

FX 外国為替証拠金取引をネタにしたFX詐欺事件ですが、「FX業者の不祥事」と勘違いしている方がいる様なので掲載します。

以下、読売新聞2009年7月15日からの抜粋です。

FX無登録営業のファンド、株式会社化を計画

アライド 杉本淑枝 すぎもと としえ

 大阪市中央区の投資会社「アライド合同会社」が無登録で外国為替証拠金取引(FX取引)運用ファンドへの出資金を集めていた事件で、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕されたアライド代表社員の杉本淑枝 すぎもと としえ容疑者(37 写真右)が、出資金のうち約6600万円をアライドの口座から引き出していたことが、大阪、高知両府県警の合同捜査本部の調べでわかった。

 合同捜査本部は杉本容疑者らが出資金を私的に流用していた疑いもあるとみて調べを進める。

 合同捜査本部の調べでは、アライド合同会社は20都府県で約280人から20億円余りを集めたが、2007年9月から事務所を閉鎖する昨年11月までの間、実際に運用した約3億6000万円でほとんど利益を出せず、3億2000万円の損失を出していた。

 配当金や経費を差し引いた約3億円の出資金が使途不明で、うち約6600万円は、杉本容疑者が事務所閉鎖直前にアライドの口座から小切手で引き出していたこともわかった。

 アライドは杉本容疑者を講師役に、出資を募る説明会を各地で開催。昨年4月中旬、高知市で開いた説明会で、「6年間負けなしのスゴ腕トレーダー。日本で5本の指に入るんですよ」と紹介された杉本容疑者は、「ニューヨークなど海外の銀行に友達がいて、誰より早く為替情報が入る」と強調したという。

 合同捜査本部は、アライドがマルチ商法型の勧誘で出資者を次々と増やしていたとみて詳しく調べる。

引用ここまで

FX業者の不祥事では無く、単なる詐欺事件

競馬場で「俺は競馬予想のプロ、お前の代わりに馬券を買ってやる」と言って、お金を持ってドロンする詐欺オヤジがいるらしいですが、それと同じ様な物です。
FX業者の不祥事では有りません。

簡単に説明すると

アライド事件 杉本淑枝 手口 まとめ

  1. 杉本容疑者「私は日本で5本の指に入る6年間負けなしスゴ腕トレーダー」とホラ吹く
  2. 話を信用した人が、杉本容疑者にお金を預ける、総額20億円
  3. 杉本容疑者、運用した約3億6000万円でほとんど利益を出せず、逆に3億2000万円損失
  4. 杉本容疑者、残りのお金を持ってドロン(逃亡)

以上です。

金融機関の認可無しで、出資を募るのは違法行為

詐欺師 ヘッジファンド

金融商品取引法では、FXなどの金融商品を扱うには、内閣総理大臣の登録を受けなくてはならないと定めています。

しかしアライドは無登録のまま営業、「FXで必ず儲かる」といった触れ込みで出資者から資金を募り、リスクの説明は一切無かったとの事です。

日本には出資法(正式名称は出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)という法律があり、金融機関の認可、資格がないのに不特定多数から投資名目でお金を集める事は、預かり金の禁止に該当し違法行為となります。

つまりお金が増えたかどうかでは無く、お金を集めただけで刑務所行きになる可能性が有ります。
多くの人からお金を集め、出資法違反で摘発、逮捕されたといったニュースは多いです。

金融庁に登録済みのFX業者・証券会社の利用を推奨

金融庁

当サイト及びこちらのFX比較サイトで紹介しているFX業者や証券会社は、いずれも金融庁に登録されている正規の業者です。

金融庁の登録業者であるかどうかの確認については、金融庁のホームページにある「金融商品取引業者登録一覧」で確認する事が出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されていると言う事になります。

トップへ戻る