この記事は約 3 分で読めます。

人間シグナル プロトレード NTTスマートトレード FXシグナル配信

FX 外国為替証拠金取引業者のNTTスマートトレードが、FX売買シグナル配信サービス「人間シグナル プロトレード」の提供を開始しています。

以下、NTTスマートトレードのサイトからの引用です。

NTTスマートトレード 人間シグナル プロトレード

プロトレードとは

「優秀なトレーダーとはどれくらい稼ぎ出すのか?そんなトレーダーが身近にいたら是非その人の運用を見てみたい」
投資を経験したことのある誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

そんな思いに一歩近づけるFXツールが今回ご提供する「プロトレード(人間シグナル)」です。

プロトレード シグナル配信

優秀なトレーダーが日々行うFX取引情報がインターネット回線を通じてほぼ同時に専用ソフトを起動しているお客様の元へ配信されます。
その送られてきた取引情報を元にお客様は自身の取引口座で取引を行ってもいいし、プロトレーダーの取引情報を参考に自身のトレード方法を見つける学習ツールとしても活用出来ます。

専用ソフトにはお客様のパソコンから音声で取引情報が送られてきたことをお知らせする機能やお客様の携帯電話に転送を行い、外出時でも取引情報を確認する事が可能です。また5人のトレーダーの中からお客様自身が気に入ったトレーダーを選択できその人からのみ、取引情報を受けることも可能です。

プロトレーダーっていったいどんな人?どれくらいの成績を上げているの?
そんな疑問を抱かれるかもしれません。

プロトレーダーを選択する為に必要不可欠なツールとして専用パフォーマンスページを用意しました。
このパフォーマンスページではプロトレーダーの過去の成績から現在の成績まで一目で比較する事が出来ます。

利益、取引回数、勝率、プロフィットファクター、最大損失、平均利益、平均損失を確認できることはもちろん、頻繁に取引する通貨ペアを表示するページにはその取引通貨ペアごとの勝率がグラフで容易に確認する事が出来ます。

引用ここまで。

1.人間シグナル プロトレードは、タイムラグが少ないシグナル配信サービス

NTTスマートトレードの「人間シグナル プロトレード」は、従来のメール配信型による売買シグナル配信とは違い、NTTスマートトレードが厳選したプロFXトレーダーの売買シグナルが、パソコンに直接ポップアップで配信されるので、短いタイムラグでFXの売買注文を出す事が出来ます。

プロトレードは、音声でシグナルを教えてくれるので、受信したシグナルを見落とす事も有りません。
また、プロトレードは、パソコンだけでなく携帯電話でシグナル配信も受け取る事も可能なので、外出中でもチャンスを逃しません。

もちろん実際に注文をしなくても、シグナル配信だけを受け取り、売買タイミングを学習するツールとして使う事も出来ます。

2.コンピューターによる売買シグナル配信が不安な方でも安心

これまでもコンピューターによる売買シグナル配信のサービスはありましたが、こうしたシステムでは市場の突発的な状況に対応出来ない欠点がありました。

その点、NTTスマートトレードのプロトレードなら実際の人間のFX取引のシグナルを配信するので、機械によるシステムトレードと違い、経済指標 重要指標などのイベントを回避するといったリスク対策を行うFXトレーダーを選ぶ事が可能です。

競馬
「システムトレードは、コンピューターによる機械的な判断だから不安」という方でも、安心して使えます。

さらにプロトレードは、受信するトレーダーを自分で選択する事が出来ます。

トレーダーの運用成績は一目で分かるので、為替版ジェイコム男 BNF氏の様な凄腕FXトレーダーが見つかれば、そのトレーダーと同じタイミング・通貨ペアでFXの売買をする事が可能です。

プロトレードで腕のいいFXトレーダーのシグナル配信を選べば、「勝ち馬に乗ることも可能」というわけです。

3.人間シグナル プロトレードの利用条件

プロトレードは、NTTスマートトレードの口座を持っていれば、特定の条件を満たせば無料で利用出来ます。

advancePRO会員、前月に50万通貨以上の取引、100万円以上入金などいずれかを満たせばOKです。
詳細は、NTTスマートトレードのサイトにて御確認下さい。

FX業界屈指の高い信頼性と安定した取引システム

NTTスマートトレードスプレッドは、米ドル/円2pips(2銭)と普通ですが、1,000通貨単位で手数料無料で小額から取引でき、システムも比較的堅牢で、企業としての信頼性もFX業界でトップクラスなので、初心者から上級者まで安心してFX取引する事が出来ます。
スワップポイントも比較的高めです。

FX 比較 ← FX業者のスプレッド及びシステム安定性の比較
FX 約定能力 比較

トップへ戻る