この記事は約 3 分で読めます。

SBI証券 SBI FX α アルファ キャンペーン キャッシュバック 最大10000円(2012年3月30日(金)まで)

キャンペーン 終了
FX キャンペーン 一覧 ← 実施中のFXキャンペーン一覧
株 投資信託 キャンペーン ← 実施中の株式キャンペーン一覧

注)以下のキャンペーンは終了しています。

店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引SBI証券 SBI FXαが、最大10,000円貰えるキャッシュバック キャンペーンを実施しています。

FX スプレッド 比較←他社とのスプレッド比較はこちら
FX キャッシュバック←キャッシュバックキャンペーンの意味が分からない方はこちら

以下、「SBI証券 SBI FXα(アルファ)」のサイトからの引用です。

対象者

対象期間中に、下記1~3の条件をすべて満たしたお客様

(条件1)外国為替保証金取引(FX)口座を新規開設いただくこと

※外国為替保証金取引(FX)口座開設完了のお知らせが「メッセージボックス」へ配信された日が口座開設日になります。

(条件2)対象期間中にSBIハイブリッド預金一括預入100,000円以上を行ない、SBI FX α口座への振替えを行っていただくこと

(条件3)SBI FX αで3取引単位以上の新規注文のお取引きをしていただくこと

※「SBI FX ミニ」は、本キャンペーンの対象外となります。

対象期間

2012/2/16(木)~2012/3/30(金)

※(条件3)は、2012/2/16(木)7:00~2012/3/31(土)5:30までの約定分となります。

賞品

対象者にもれなく現金5,000円をプレゼントいたします。

入金予定日

2012年4月中旬頃証券総合口座に入金(予定)

引用ここまで。

SBI証券「SBI FXα」 現金プレゼントキャンペーン 解説

キャンペーン中に新規にSBI証券 SBI FXα(アルファ)口座を開設して10万円以上入金し、3取引単位以上の新規注文を行えば5千円、1,000取引単位以上で追加で5千円、合計1万円がもらえます。

以下 以内 未満 以上 超 違い 意味 ← 以上の意味の解説はこちら。
FX 1万通貨 取引単位 ← FXの取引単位の解説はこちら

3取引単位の新規注文にかかるコストはスプレッド1銭の米ドル/円なら、3万通貨の新規建て→決済で300円で済みます。

つまり、3取引単位なら差し引き4,700円のプラスになるのでSBI証券「SBI FXα」の口座を持っていない方は今回のキャンペーンはお得です

キャンペーンでもらえるお金はFX取引に使うことはもちろん、そのまま出金して好きな物を買うことも出来ます。

キャッシュバックキャンペーン 注意点

  1. 新規注文の取引が条件なので、ポジションの決済は取引枚数には加算されません。
  2. 1000通貨単位の「SBI FX ミニ」での取引は、キャンペーン対象外となります。

SBI証券「SBI FXα」 口座開設について

「SBI FXアルファ」の口座開設は証券総合口座を開設してからFX口座を開設する必要が有ります。

SBI証券 SBI FXα口座開設は20歳以上で国内の居住者の方であれば、学生・無職・フリーター・専業主婦の方を含めどなたでも申し込み出来ます。
FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生 借金 年齢 審査 条件 可能 OK

FXは土日や元旦といった世界的な休日を除き、24時間取引が出来るので、会社帰りのサラリーマンの方もキャンペーンに参加する事が可能です(日本の祝日も取引ができます)
FX 口座開設 会社名 勤務先 所属部署 登録 会社 電話連絡 電話確認 来る?

SBI証券「SBI FXα」の「口座開設費、口座管理料、口座維持費」などは一切無料です。

なお、キャンペーン期間終了後も同様のキャンペーンを定期的に行っている場合が有るので、詳細はSBI証券 SBI FXαのサイトにて御確認下さい。

SBI証券「SBI FXα」の特徴

中国 国旗 韓国 国旗 トルコ国旗

SBI証券 SBI FXαは、人民元/円、韓国ウォン/円、香港ドル/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円、スウェーデンクローナ/円、ポーランドズロチ/円、ノルウェークローネ/円といった他社での扱いが少ないマイナー通貨の取引が可能なFX業者です

従って、新興国の通貨を保有したい方や、日本の将来に不安を持っている方にとっては外せないFX業者です。

SBI証券「SBI FXα」は他社に比べてスプレッドが広がりにくく、相場の急変時などにもスリッページ(注文時の価格と約定時の価格とのズレ幅)の発生が少なく、高い約定率を誇ります。FX 約定能力 比較

スワップポイントも高めなので、スワップ派の方にも適しています。

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)