この記事は約 2 分で読めます。

米ドル円 USDJPY スプレッド 比較

米ドル円 USDJPY スプレッド 比較

FX 外国為替証拠金取引業者の口座を40社以上開設し、実際にトレードした当ブログ管理人が、店頭FX 相対FX業者の「米ドル円(USDJPY) スプレッド 比較表」を作成しました。

いずれのFX業者も「口座開設費、口座管理料」などは一切無料です。


↓社名かバナーをクリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

FX業者
(スプレッド順)
米ドル/円 スプレッド 評判 評価 特徴

マネックスFX
0.2銭 ネット証券大手のマネックスグループのFX会社。米ドル円 スプレッドが国内FX業者で最も狭い。スプレッド1万通貨取引以下の場合です。

SBI FXトレード
0.27銭 当サイト管理人のイチオシFX業者SBI FXトレード 約定能力が高い。SBI FXトレード 最低取引単位 1通貨手数料無料でFX初心者に最適。SBI FXトレード 未成年 18歳以上 口座開設可能。

FXトレーディングシステムズ FXブロードネット
0.3銭 通称「FXTS」。ユーロ円 スプレッドが狭く、買いスワップも高めで、ライトコースならFX 1000通貨単位 手数料無料で取引出来ます。

DMM.com証券
DMM FX
0.3銭原則固定 スプレッドが狭い


外為どっとコム
外貨ネクストネオ
0.3銭原則固定 FX業者最大手。バーチャルFX外為どっとコム 速報メールサービスなどが特徴。FX 1000通貨単位 手数料無料で取引出来ます。

GMOクリック証券 FXネオ
0.3銭原則固定 スプレッドが狭く、スワップポイントも高い。ロスカット手数料に注意。

トレイダーズ証券 みんなのFX
0.3銭原則固定 みんなのFX キャンペーン みんなのFX 多機能チャートみんなのSNSでFXトレーダー同士で情報交換が可能

OANDA JAPAN
オアンダジャパン
0.4銭原則固定 約定能力が高く、オアンダジャパン 1通貨単位 手数料無料で取引出来ます。スプレッドはベーシックコース(1回最大取引数量が25万通貨まで)の場合です。

マネーパートナーズ
パートナーズFX
0.5銭 通称「マネパ」。ズバ抜けて高いマネーパートナーズ 約定能力。非常に強いマネーパートナーズ サーバーパートナーズFX nano ナノ 100通貨単位取引可能。マネーパートナーズFX 外貨両替FX 株担保 代用有価証券 マネーパートナーズ

上記「米ドル円(USDJPY)スプレッド比較表」に記載されているスプレッドは通常時のスプレッドです。期間限定のスプレッド縮小キャンペーンは考慮していません。

米ドル円 特徴

1ドル

米ドル円(USDJPY)は、スプレッドが狭いので、スイングトレード、デイトレ(デイトレーダー)、スキャルピングに向いている通貨ペアです。

ただし、スワップポイントは少な目です。

(関連記事)

トップへ戻る