この記事は約 2 分で読めます。

大証FX 廃止 終了 撤退

大阪取引所の「大証FX」は取引量の低迷により、2014年10月23日(木)の取引最終日をもって終了しました。

FX 外国為替証拠金取引の「大証FX」が、本日より取引開始しました。
初日の総取引高は6871単位 くりっく365のわずか2%でした(^_^;)

以下、2009年7月22日 産経ニュースより引用です。

大証FX

大阪証券取引所は22日、外国為替証拠金取引(FX)市場「大証FX」の初日(21日)の取引状況を発表した。

東京金融取引所の「くりっく365」に次ぐ全国で2番目の取引所FXとして注目を集めたが、初日の取引高は6871単位。くりっく365の同日の取引高は25万6987単位で、大証FXはわずか2・67%にとどまった

大証FXの取引時間は午前7時から翌日午前6時。最も取引高が多かったのは米ドル-円の2517単位で、ユーロ-円が1485単位、ユーロ-米ドルが1019単位で続く。

大証FXの取次業者は、オリックス証券がシステム上の問題から直前になって参加を延期したため、まだ5社にとどまっているが、年内には楽天証券など大手ネット証券が参加する方向で、10社以上になるとみられている。

引用ここまで。

大証FXの2009年7月21日の通貨ペア別の取引高(概算)は以下の通りです。

  • 米ドル/日本円 2,517単位
  • ユーロ/日本円 1,485単位
  • 英ポンド/日本円 982単位
  • 豪ドル/日本円 763単位
  • スイスフラン/日本円 28単位
  • カナダドル/日本円 2単位
  • NZドル/日本円 3単位
  • ユーロ/米ドル 1,019単位
  • 英ポンド/米ドル 72単位

ソースはこちら

カナダドル/円とNZドル/円の取引が、たったの1ケタしか有りません(^_^;
なお、大証FXには上記以外の業者として、ひまわり証券インヴァスト証券そしあす証券といった企業が参入しています。

(関連記事)

トップへ戻る