この記事は約 1 分で読めます。

Human21 ヒューマン21 倒産 破綻 上場廃止 潰れた

不動産販売のHuman21(ヒューマン21)が破綻しました。
以下、帝国データバンクからの引用です。

不動産販売のHuman21(JASDAQ証券コード8937) が9月22日(月)、値幅制限の下限となる前日比30円(41.67%)安の42円まで下落して、差し引き473万9200株の売り注文を残してストップ安比例配分となった。

先週末19日に民事再生法手続きの申請を行ったと発表したことが懸念材料視された。
同社の発表によると負債総額は約464億円。

同社による民事再生法手続き申請を受け、ジャスダック取引所は10月20日付けでHuman21を上場廃止とする事を発表しました。

Human21は、サブプライムローン問題や改正建築基準法などの影響から、主力のマンション販売事業において、買い手が資金不足に陥るケースが増えたことで、2008年4月期は、年売上高約338億3200万円、経常利益約4億7200万円(前期=約22億5700万円)と減収・減益を強いられていました。

引用ここまで。

とにかくマンションが売れていない様です。

今の日本は自民党や経団連が派遣法を改悪し、20~30代の若者を片っ端からフリーター、日雇い労働者、ネットカフェ難民にしてしまったので当然と言えば当然なわけですが。

トップへ戻る