この記事は約 3 分で読めます。

マネックス証券 アローヘッド arrowhead 対応 フル板情報ツール 低価格 最安 無料条件

マネックス証券では、2010年1月4日より稼動開始した東証の次世代株式新売買システム「アローヘッド(arrowhead)」に対応し、全ての板情報が見れる様になりました

マネックス証券の「フル板情報ツール」の利用料は315円(税込)と安価なうえ、取引や残高状況によっては無料で利用出来ます。

以下、マネックス証券のサイトからの引用です。

フル板情報ツール マネックス証券

1.全ての板情報が確認できる

「arrowhead」により、今まで5本のみ確認できていた板情報が、全ての板を確認出来ます。
フル板情報ツールでは、最大16本ずつ買いの気配と売りの気配を確認出来ます。

■基本操作
TOP・・・最上部の板へ
BOTTOM・・・最下部の板へ
DOWN・・・3つ下へ移動
UP・・・3つ上へ移動

2.株数だけでは無く、注文件数まで確認できる

今までの板は、注文株数だけしか確認出来ませんでしたが、フル板情報ツールでは、注文件数まで確認出来ます。
また、引けの注文数量や成行の注文数量・件数も確認でき、注文状況が明確に把握できるようになります。

フル板情報ツール(株式会社 QUICK)

板情報を詳細に確認するためのツールです。
通常、売り・買い注文合わせて8本までの板情報ですが、このツールでは、全ての板情報が確認出来ます。また、注文件数や引け指定注文についても確認できるのも特徴です。
※このツールには発注機能は有りません。

3.お預かり残高、お取引状況に応じて無料でご利用いただけます!

以下のいずれかの条件に該当しているお客さまは、条件に該当した月は無料でご利用になれます。

  1. 前々月26日~前月25日までに株式の約定が1回以上(信用取引、株式ミニ投資、夜間取引、立会外分売、単元未満株も含む)(※)
    ※新規公開株(IPO)、公募・売出株(PO)の購入は対象となりませんので予めご了承ください。
  2. 前々月26日~前月25日までにFX PLUS、米国株、中国株いずれかの約定が1回以上
  3. 前月25日(休業日の場合は前営業日)時点で、以下の合計残高(評価額)が50万円以上
    • 「株式(株式ミニ投資、単元未満株含む)」
    • 「投資信託」
    • 「債券(外貨建て債券含む)」
    • 「MRFまたはお預り金」
    • 「(信用取引の)現金保証金」
    • 「FX PLUSの証拠金」

「お試し申込」なら最初の1ヵ月は無料

初めてご利用の方は「お試し申込」で、サービスが利用出来るかどうかご確認ください。(お客さまのパソコン環境によってはサービスをご利用出来ない場合が有ります。)
「お試し申込」のご利用は1回限りです。

※お試し期間が過ぎると、自動的にご利用いただけなくなります(解約手続きは不要です)。

引用ここまで。

ちなみに、社名の「マネックス」の英語表記を間違って「Manex証券」とタイプする方が時々いますが、正しい綴りは「Monex証券」です。

マネックス証券のフル板情報ツールは、他社に比べ非常に格安

フル板情報は、楽天証券Market Speed Ver9.0(マーケットスピード 通称マケスピ)でも見る事が出来ますが、楽天証券の場合、1ヶ月あたり5,250円の利用料、又は当月の約定が200回以上という条件が必要です。

対してマネックス証券フル板情報ツール場合、315円と格安なうえ、株式の約定が1回以上、もしくは現金や株式などの合計残高(評価額)が50万円以上あれば無料で使う事が出来ます。
私の知る限り、マネックス証券は最安でフル板を見る事が出来ます。

フル板情報を見る為だけでも、マネックス証券の口座を開設する価値はあると思います(`・ω・´)

なお、アローヘッド(arrowhead)に関する当サイトの他の記事は、下のタグをクリックすれば閲覧出来ます。

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)