この記事は約 2 分で読めます。

FX CFD 税金 確定申告 節税 税率 計算 本 書籍

税務署

FX 外国為替証拠金取引は、平成21年からFX業者に支払調書の提出が義務化された事により、FXトレーダーに対する税務署の税務調査が以前より厳しくなっています。

FXやCFDの利益を申告せず脱税すると、追徴課税や重加算税を徴収されたり、悪質な場合は逮捕・起訴される事もあるので、FXやCFDで利益が出たら、キチンと税金を納める必要が有ります。

FXやCFDの税金は、自分で確定申告する必要あり

FXやCFDには取扱業者が源泉徴収してくれる、株の特定口座のような仕組みが有りません。

FX くりっく365 CFD 特定口座 源泉徴収 確定申告

その為、FXやCFD投資家は自分で確定申告する必要があり、税金の知識は欠かせませんが

  1. 店頭FX(相対FX)、店頭CFD(相対CFD)
    総合課税(所得税+住民税=税率15%~50%)
  2. 取引所FX(くりっく365)、取引所CFD(くりっく株365)
    申告分離課税(税率一律20%)

上記2種類を比較すると税率や申告方法が違うなど、かなり複雑です。
さらに、平成24年(西暦2012年)からは「店頭FX」の税金も、くりっく365と同じ申告分離課税(税率一律20%)に変更されます。

FXやCFDの税率や節税方法を知らないと、せっかくリスクを取ってお金を儲けても、税務署にガッポリ税金を取られてしまうので、きちんとFXやCFDの税金の計算、税率、節税方法を学んで、少しでも納める税金の額を減らしたい所です。

FX投資家のための賢い税金の本

FX CFD 税金 本 書籍

FXの税金対策専門の書籍はまず見かけません。そこで、店頭FXと取引所FXの両方を取扱っているインヴァスト証券が、FX業界初となる、FXの税金に特化した書籍「FX投資家のための賢い税金の本」を発売しました。

店頭FXとくりっく365以外にも、大証FXや、店頭FXの仲間である最新金融商品「CFD」の税金についても解説しています。

定価840円の書籍ですが、下記のいずれか1つの口座を開設すると、無料で貰えます。

私もインヴァスト証券の口座を開設して、「FX投資家のための賢い税金の本」を貰いました。

さらに当サイトでは、入金やFX取引をしなくても、口座開設のみで現金1,000円が貰える「インヴァスト証券 くりっく365 タイアップ キャンペーン」を実施しているので

  1. タイアップキャンペーン特典の現金1,000円
  2. 通常キャンペーン特典の「FX投資家のための賢い税金の本」(定価840円)

の2つが無料で貰えるので、非常にお得です。
FXの税金について詳しくなれるうえ、現金1,000円まで貰えます。

インヴァスト証券 くりっく365 キャンペーン キャッシュバック ← 通常キャンペーン詳細はこちら

インヴァスト証券の「口座開設費、口座管理料、口座維持費」などは一切無料です。

トップへ戻る