店頭FX 相対FX 取引所FX 相対取引 取引所取引 くりっく365 違い 比較 特徴 メリット 税金 違い 無くなった

店頭FX くりっく365 FX初心者 FX入門 FX勉強
この記事は約6分で読めます。

店頭FXと取引所取引FX

店頭FX くりっく365

FX 外国為替証拠金取引業者には、店頭FX(相対FX)と、取引所FXくりっく365など)の2種類が有ります。

どちらも同じFXですが

  1. 一般的な店頭取引(てんとうとりひき)のFX
  2. くりっく365などの取引所取引(とりひきじょとりひき)のFX

の2つを比較すると取引手数料などが異なるので、どちらでFX取引するかは気になる点です。
果たして、どっちがいいのでしょうか?

店頭FXとは?

店頭FX 相対FX

FXのシェアの大半(8割~9割程度)を占めていて、当サイト管理人がメインで使っているのが店頭FX(店頭外国為替証拠金取引)です。
具体的には

などのFX業者が該当します。

FX業者のサイトに、特に「くりっく365」といった事が書かれて無ければ、大抵は相対売買の店頭FX業者に該当します。なお、店頭取引は相対取引(あいたいとりひき)とも呼ばれます。

店頭FX メリット 長所 利点

取引コストが安い

店頭FXの最大のメリットは、スプレッドが狭く取引コストが圧倒的に安い点です

SBIFXトレードの様に、米ドル円のスプレッドが0.3Pips(0.3銭)未満で、取引手数料無料のFX業者が多数有ります。

FX スプレッド
スプレッドとは、FXの取引コストの1つで、為替レートの「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差です。スプレッドが0.3銭の場合、1万ドルの取引にかかるコストは「新規建て(買い又は売り) → 決済」の往復取引で30円です。
米ドル円 USDJPY スプレッド 比較
店頭FX業者の「米ドル円スプレッド比較表」を作成しました。いずれのFX会社も「口座開設費、口座管理料」などは一切無料です。

くりっく365を解説しているサイトの中には「くりっく365の方がスプレッドが非常に狭く、魅力的です。」といった誤った情報が書かれている場合も有りますが、基本的に店頭FXの方がスプレッドが狭い場合が多いです。

FXでスキャルピング、デイトレード、スイングトレードといった短期売買をしたい方には、取引コストが非常に安い店頭FX(相対FX)がオススメです。

スキャルピング 株 FX 手法 コツ テクニック
スキャルピングとは、1ティック(最小の値動きの単位)~数ティック程の僅かな利幅を狙って、株やFXなどで短時間(数秒~数分程度)で売買を繰り返す取引手法を指します。
スイングトレード FX 株 手法 銘柄 ブログ 初心者
スイングトレードとは、株価や為替レートの数日間の動きを利用して利益を得る投資手法です。中長期投資ほど銘柄や為替の知識を必要とせず、取引時間も少なくて済むので、投資初心者や社会人に向いています。

逆に、くりっく365などの店頭外FX取引の場合は、スプレッドが広いうえに取引手数料がかかる業者が多いので、短期売買は不利です。

最も、くりっく365などの取引所FXは、外貨預金や外国債券、両替といった方法と比較した場合、非常に安いコストで外貨の取引が可能です。
FX 外貨預金 手数料 比較
外貨MMF 手数料 スプレッド 比較
ドル 両替 交換 銀行 空港 手数料 比較

1000通貨以下で取引可能

SBI FXトレード SBI FXTRADE 最低取引単位 最低売買単位 発注単位 1枚 1lot

店頭FX業者のOANDA JAPAN(オアンダジャパン)、SBI FXTRADE 最低売買単位は1通貨単位です。

FX 最低取引単位 最低売買単位 1万通貨単位 10000通貨単位 1000通貨単位 千通貨単位 1通貨 いくら 意味
多くのFX業者は「1万通貨又は1,000通貨」が最低売買単位になっています。最低売買単位が1万通貨の場合は「1万通貨、2万通貨・・・」と言った様に、1万単位で取引します。
SBI FXトレード 1通貨単位 最低資金 最低取引単位 最低売買単位 発注単位 注文単位 購入単位
SBI FXトレードは「1通貨単位、手数料無料、資金4...

また、マネーパートナーズ パートナーズFX nanoの様に100通貨単位で取引できる店頭FX業者や、FX 1000通貨で売買可能な店頭FX業者が多数有ります。

FX 1000通貨単位 手数料無料 比較 おすすめ ブログ
FX1通貨~1000通貨業者 一覧表 FX 外国為替証拠金取引初心者・FX資金が少ない人向けの、1000通貨単位以下・手数料無料(手数料0円)で売買できるオススメの店頭FX 相対FX業者の比較ブログ記事です。(手数料が必要なFX業...

1000通貨単位のFX取引なら、FX レバレッジ リスク 危険性を1/10に抑えることが出来るので、FXの経験が全くないFX初心者でも、安心して低リスクでFX取引をする事が出来ます。

しかし、くりっく365などの取引所FXは、FX 最低取引単位が1万通貨単位です。

くりっく365 1000通貨単位 1枚 1lot 最低取引単位 最小取引単位
FX 外国為替証拠金取引は、一般的な10,000通貨単位での売買に対し、1,000通貨単位で売買すればFX取引のリスクを1/10に抑える事が出来ます。 FX 売買単位 取引単位が1,000通貨単位なら、FX初心者でも安心してFX取引を...

チャートや取引ツールが高性能

マネーパートナーズ ハイパースピード HYPERSPEED

店頭FX業者は、くりっく365などの取引所FXに比べて、チャート・取引ツール・自動売買などが高性能で、ニュースなどの情報量も豊富です。

例えば、マネーパートナーズのハイパースピード(写真右)は、多くのFXトレーダーから「使いやすい」と評判が高いです。
マネーパートナーズFX 評判 評価

最近は、くりっく365などの取引所FXのツールの性能も向上していますが、店頭FX業者の方が性能や種類の多さでは充実しています。
FX ツール チャート 売買シグナル

キャッシュバック実施業者が多い

FX業者では、FXの口座を開設して1回~数回取引すると、数千円~数十万円程のお金が貰えるFX キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

FX キャッシュバック キャンペーン
FXキャッシュバックキャンペーンとは? 株取引の証券会社やFX 外国為替証拠金取引会社では時々「キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。 FX業者や証券会社が実施している「キャッシュバックキャンペーン」とは、FX・株・CFD...

店頭FX業者は、特にキャッシュバックキャンペーンに力を入れているうえ、数も多いので、片っ端からハシゴしていくと意外に馬鹿にならない金額になります。

以前は合計で100万円近いお金を、ほぼノーリスクで得る事も可能でした。
人によっては、こっちが店頭FXの最大のメリットの場合もあるぐらいです(^_^;)

FX キャンペーン ← 現在実施中のFXキャッシュバック キャンペーンはこちら

法人口座の最大レバレッジが高い

店頭FX(相対FX)の法人口座は、くりっく365などの取引所FXに比べ、最大レバレッジが高いです。

FX レバレッジ レバレッジなし 1倍 最大レバレッジ 25倍 実効レバレッジ リスク 損失
FXでは、レバレッジ25倍により4万円の資金で1万ドル(約100万円)の外貨取引が出来ます。レバレッジ1倍で安全に取引する事も可能です。

例えば、FXトレーディングシステムズ FXブロードネットの法人口座の場合、最大レバレッジ400倍で取引出来ます。

FXの個人口座のレバレッジは金融庁主導によるレバレッジ規制により、2010年8月から50倍に、2011年8月から25倍に制限されています。

FX 法人化 法人口座 開設 比較 法人契約 方法 作り方 レバレッジ規制 税金
2010年8月1日から金融庁主導でFX レバレッジ規制(FX証拠金倍率規制)が始まっています。FX業者のレバレッジ規制を回避する方法はいくつか有りますが、その1つとしてレバレッジ規制の対象外である法人口座を開設するという方法が有ります。...

しかし、FXのレバレッジ規制は消費者保護が目的なので、規制対象は個人顧客のみとなっています。
よって、法人口座はレバレッジ規制の対象外です。

店頭FX デメリット 短所 欠点

以前の店頭FXは税率最大50%

税金

店頭FX(非取引所取引)のデメリットとして、2011年までは高所得者の税率が高くなる欠点が有りました。

2011年までの店頭FXの税金は、所得が195万円以下なら「くりっく365」などの取引所FXよりも税率が低く、330万円以下なら税率が同じでした。

ところが、所得が330万円を超えると店頭FXの方が税率が高くなり、所得が1,800万円を超えると店頭FXは50%の税金がかかっていました。

しかも店頭取引税率の場合、FXの利益と給与所得などの他の所得が合算されていたので、年収330万円以上の大半の社会人の方は、FXの利益に割高な税金がかかっていました。

くりっく365は税率一律20%

これに対し、くりっく365などの取引所取引の場合は税率一律20%となっていて、税制優遇されていました。くりっく365 比較 手数料 スプレッド

現在は、店頭FXと取引所FXの税率が同じ

2012年1月1日以降は「店頭FX」と「くりっく365」などの取引所FXの何れも税率一律20%に統一され、税制面の不均衡は解消されたので、取引所FXの特徴「税率一律20%」の優位性は無くなっています。

店頭FX 相対FX 店頭CFD 相対CFD 税率20% 申告分離課税 店頭取引税率 FX税制改正 改定
前回の証券優遇税制 延長 廃止 税制改正大綱 総合課税 民主党に続く、税制改正のネタです。 店頭FX 店頭CFD 一律20%に 2010年12月16日に閣議決定した「2011年度税制改正大綱」によると、FX・CFDの税率が低めの20%の...

従って、どちらが良いかと言われれば店頭FXがお勧めです
特に理由が無ければ、あえて手数料が割高な「くりっく365」を選ぶ理由は無いと言えます。

コメント

  1. アバター KISEKI より:

    すみません。質問です。私は今、米ドルの外貨預金をしているのですが、楽天証券やSBI証券のように外貨預金を受け入れている会社もあるようです。そこで、両替手数料が低いFX業者で安価に両替したドルを外貨のまま入金することによって、割高な両替手数料の支払を避けようと思います。SBIFXトレードでは、米ドルを購入しても、それをそのまま、証券会社に入金することはできないと言われました。どのFX業者が米ドルを購入して、それをそのまま、証券会社に入金してくれるのでしょうか?申し訳ありませんが、教えて下さい。よろしくお願い申し上げます。

  2. アバター KISEKI より:

    私は、今、米ドルの外貨預金をしています。ネット証券の中には、楽天証券やSBI証券のように外貨入金を受け入れている会社もあります。そこで、両替手数料が安いFX業者で安価に両替したドルを外貨のまま入金することによって、割高な両替手数料の支払を避けようと考えています。ところが、私が利用しているSBIFXトレードでは、米ドルを外貨のまま証券会社に入金してはくれないそうです。どのFX業者が米ドルを外貨のまま証券会社に入金してくれるのでしょうか?教えていただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

  3. アバター KISEKI より:

    私は、今、外貨預金をしています。ネット証券の中には、楽天証券やSBI証券のように外貨入金を受け入れている会社もあります。両替手数料が低いFX業者で安価に両替したドルを外貨のまま入金することによって、割高な両替手数料の支払を避けたいと思います。ところが、私が利用しているSBIFXトレードは、ドルを外貨のまま証券会社に入金してくれないそうです。どのFX会社が、ドルを外貨のまま証券会社に入金してくれるのでしょうか?教えていただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

  4. KISEKIさん、こんばんは。
    FXは基本的に日本円を担保として外貨取引を行う金融商品ですが、マネパなら米ドルを証拠金にFX取引する事が可能です。
    http://xn--0ck1agku0fvkbc.seesaa.net/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)