NHKスペシャル マネー資本主義 第4回 ウォール街の“モンスター”金融工学はなぜ暴走したのか

海外 金融 経済 番組 動画
この記事は約4分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

NHKスペシャル NHK special マネー資本主義 第4回 ウォール街の“モンスター”金融工学はなぜ暴走したのか

NHK総合テレビで、2009年7月19日(日) 午後9時00分~9時49分に「NHKスペシャル マネー資本主義」という特別番組を放送します。

第4回目の内容は「ウォール街の“モンスター”金融工学はなぜ暴走したのか」というタイトルで、世界を熱狂させていったサブプライム・ローンという金融商品が大量に生み出された原因の1つとして、金融工学という「科学的なリスク・コントロール技術」の発達と過信が影響していた点について語られます。

以下、NHKスペシャルのサイトからの引用です。

マネー資本主義 第4回
ウォール街の“モンスター”金融工学はなぜ暴走したのか

サブプライム・ローンという「時限爆弾」を抱えた金融商品が、なぜ大量に生み出され、世界を熱狂させていったのか。今回の金融危機の陰には、金融工学という「科学的なリスク・コントロール技術」の発達と過信があった。

そもそもの始まりは、人間の欲望が交差するマネー市場の値動きが、熱力学の法則と極めて近いという発見だった。核兵器や宇宙開発競争が下火になった時代、次の活躍の場を求める科学者がウォール街に流れ込み、数学理論で市場を予測しリスクをコントロールする挑戦が始まった。金融工学と呼ばれるようになったこの技術は、証券化商品やCDSといった新たな金融商品を生み出し、世界のマネーをウォール街に呼び寄せていく。

しかしこの緻密な科学のアプローチにも、重大な弱点があった。それは、パニック時に人間がとる行動までは正確に計算出来ないこと。バブルが加速し、崩壊の兆しを見せる中で、ついにその弱点が露呈していくことになる。

最先端を走ってきた科学者たちが、ことの真相と問題の本質、そしてマネー資本主義の未来のあるべき姿について語っていく。

<シリーズ マネー資本主義>

※放送予定は急遽変更となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<シリーズ マネー資本主義〈再放送〉>

  • 第1回 “暴走”はなぜ止められなかったのか ~アメリカ投資銀行の興亡~
    2009年4月22日(水)午前0時45分~1時34分 総合
    2009年5月6日(水)午前11時05分~11時54分 総合
    2009年7月17日(金)午前2時05分30秒~2時54分30秒 (16日深夜) 総合
  • 第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? ~カリスマ指導者たちの誤算~
    2009年5月20日(水)午前0時45分~1時39分 (19日深夜) 総合
    2009年7月18日(土)午前1時20分30秒~2時14分30秒 (17日深夜) 総合
  • 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか
    2009年6月17日(水)午前0時45分~1時34分 (16日深夜) 総合
    2009年7月12日(日)午前10時50分~ BS2(あなたのアンコールサンデー内)
    2009年7月18日(土)午前2時16分~3時05分 (17日深夜) 総合
  • 第4回 ウォール街の“モンスター” 金融工学はなぜ暴走したのか
    2009年7月22日(水)午前0時45分~1時34分 (21日深夜) 総合
  • 最終回 危機を繰り返さないために
    2009年7月25日(土)午前1時35分~2時48分 (24日深夜) 総合

引用ここまで。

株価や為替レートに深く関係する内容なうえ、私はニュースやNHKスペシャルの経済ドキュメンタリーが好きなので、今回の「マネー資本主義」も視聴するつもりです。

興味のある方は、是非チェックしてみて下さい。

注目の情報:FXキャッシュバックキャンペーン(現金プレゼント)とは?

(関連記事)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました