吉野家 株主優待 株主様ご優待券 食事券 使い方 使用方法 利用方法 利用店舗

吉野家ホールディングス 株主優待 食事券 株主様ご優待券株主優待 おすすめ
この記事は約2分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

吉野家HD 株主優待

吉野家 ロゴマーク

今回は、吉野家ホールディングス 株主様ご優待券の使い方について解説します。

吉野家 株主優待 内容

吉野家HD株を単元株式数 株最低売買単位の100株保有している当ブログ管理人に届いたのは、3,000円相当の株主様ご優待券(1枚300円×10枚)。いわゆる「お食事券」です。

株主様ご優待券 3,000円相当

吉野家ホールディングス 株主優待 食事券 株主様ご優待券

吉野家HD 株主優待 使い方

飲食後の会計時に出す

吉野家ホールディングスの「株主優待券(食事券)」の使用方法ですが、飲食後の会計時に出せばOKです。

レジを打つ 女性店員 女の子

店員「店内での飲食はもちろん、持ち帰り(テイクアウト)にも使えます。」

当ブログ管理人の場合、近所の吉野家にテーブル席が有るので、店内で家族四人で牛丼を食べるのに使っています(^_^)

優待券のみ、複数枚使用OK

吉野家HDの「株主様ご優待券」は現金同様に使える金券なので、優待券のみでの飲食も可能です。

しかも一度に何枚でも使えます。

つまり「株主様ご優待券」を使えば、現金を一切払わずに吉牛で牛丼を食べたり、京樽で寿司を買ったりする事が出来ます。

かぶ美
かぶ美

吉野家で600円の定食を食べて

300円の優待券を2枚出せば

タダで済むと言う事ですよね?

えふ子
えふ子

そう言う事になるわね。

従って「株主様ご優待券」は、以下の様な使用上の制約は一切有りません。

  1. 現金1,000円ごとに300円券1枚使用可能。
  2. 一会計で使える優待券は1枚まで。
  3. 優待券と割引券との併用は不可。

ただし、店内・持ち帰り何れの場合も「おつりは出ない」ので、その点は要注意です。

10円玉を持った女の子

女の子「端数は現金、もしくは楽天ポイント等で支払う必要が有ります。」

他のサービスとの併用

割引券との併用

株主優待券と各種割引券(店頭で配布している割引券など)を組み合わせて使う事も可能です。

スマホを見せる女の子 女子高生

女性「スマホアプリ(吉野家公式アプリ、グノシー、スマートニュースなど)の割引券と、株主優待券の併用も出来ますよ。」

楽天ポイントとの併用

2020年4月15日より、国内の吉野家で楽天ポイントが使えます。

一会計で、優待券と楽天ポイントを同時に使う事が出来るので、優待券で端数が出た時に便利です。

楽天カードが有ると便利

お店で楽天ポイントを使ったり貯めたりする場合は、楽天カードが有ると大変便利です。

楽天カードは当ブログ管理人のメインクレジットカードです。

楽天カードをクレジットカードとして使う場合は、支払いの際「1回払い」と言えば「金利、手数料」などの余計な出費は全く掛かりません。

カード発行費、年会費等も一切無料です。

因みに当ブログ管理人は「借金、金利の支払い」の類が大嫌いなので、以前は「現金払い主義、クレカ嫌い」を徹底していました。

しかし現在は、クレカ払いが出来るお店(量販店、外食、ネット通販など)は必ず、クレカで支払っています。

クレジットカードを持つ女性 女の子

女性「楽天ポイントが貰えるので、現金で払うよりもクレカ払いの方がオトクですよ。」

楽天カードを持っていない場合は、下のバナーから楽天カードのサイトに飛べば「パソコン、スマホ、タブレット等」で簡単に作れます。


公式サイトはこちら 赤ボタン

優待券 利用店舗(優待券が使える店)

吉野家HDの「株主様ご優待券」が使用可能な店についてですが、吉野家以外にも以下のお店で使えます。

吉野家以外の系列店でも使用可

吉野家ホールディングス系列店
  • 京樽
  • はなまるうどん
  • 千吉
  • アークミール(ステーキのどん、フォルクス)
  • グリーンズプラネット(旧ピーターパンコモコ)

詳しくは吉野家ホールディングス 公式ホームページを参照して下さい。

関連記事

吉野家HD株の「売買単位、必要金額、権利確定日、優待券発送日」などに関しては、以下の記事を参照して下さい。

吉野家ホールディングス 株主優待 食事券 株主様ご優待券 権利確定月 いつ来る 発送時期 発送日
吉野家 株主優待 到着 本日、吉野家ホールディングスから株主優待が届きました。 株主優待とFX キャンペーンの権利取りは、当ブログ管理人の趣味なので(^ω^) 吉野家ホールディングス 会社概要 牛丼屋「吉野家」を全国...

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました