この記事は約 2 分で読めます。

DMM.com証券 DMM FX 無信託 信託保全無し

DMM.com証券 DMMFX 無信託 信託保全無し

1.信託保全とは?

現在、ほとんどのFX業者では信託保全というシステムが導入されていて、顧客から預った証拠金は信託口座にて管理しています。
この「信託保全」により、万一FX業者が破綻した場合にも、信託管理人によって信託管理人口座から顧客へ証拠金が直接返還される仕組みになっています。

分かり易く言うと「FX業者が潰れても、預けたお金は潰れたFX業者に渡る事無く、顧客に戻って来る」と言う事になります。

で、何故DMM.com証券「DMM FX」が記事のタイトルになっているのかと言うと、実は現時点ではDMM.com証券「DMM FX」は信託保全が導入されていません

FX 比較 ← FX業者各社の信託保全導入状況に関してはこちら

2.信託保全を導入していないFX業者が潰れた場合、証拠金は戻らないの?

FX業者は顧客から預った証拠金は事業資産と分別して管理する事が義務付けられているので、仮に無信託であるDMM.com証券「DMM FX」が潰れた場合でも、必ずしも証拠金が戻らない訳では有りません。

特に最近は潰れる前に他社と合併したり、資金に余裕のある内に自主廃業するケースが大半で、FX業者の倒産で証拠金が戻らなかったという話は、信託保全の有無に関わらず、ここ数年聞いていません。

ただ、万一の場合も有るので、高額の証拠金を入金されている方は、DMM.com証券「DMM FX」は信託保全が無いと言う点は留意していた方がいいかも知れません。

現在は無信託のDMM.com証券「DMM FX」ですが、高額な証拠金を入金されている方も安心して取引できるよう、早急に信託保全を導入して欲しいものです。

そして、EMCOM証券(エンコム証券)「みんなのFX」の様に、「全額信託施行記念キャンペーン」をやってくれたりすると嬉しいのですが(^_^;

(関連記事)

トップへ戻る