この記事は約 2 分で読めます。

信託銀行 倒産 破綻 破産 潰れた場合

FX業者が潰れた場合

まず、FX 外国為替証拠金取引の信託保全について、おさらいします。

FX業者は顧客(FX取引をしている方)から預った証拠金を信託保全(信託分別管理)して、証拠金の保全を行っています。

信託保全とは?

信託保全とは、顧客から預かった証拠金を、FX業者の財産と区別した上で第三者(主に信託銀行)に管理を委託し、資金を保全する方法です。

FX 信託保全 全額信託保全 完全信託保全

この信託保全というシステムにより、万が一、FX業者が破綻(倒産)した場合には、顧客の資金は信託財産の範囲内で、信託銀行から受益者代理人を通じて返還されます。

信託保全とは? 信託保全(信託分別管理)とは、顧客(FX取引をしている方)から預かった証拠金を、FX業者の財産と区別した上で第三者(主...

信託銀行が潰れた場合

銀行 潰れた 倒産 破綻 破産

FXは証拠金が信託保全によって保護されているので「FX会社が倒産しても、信託銀行を通して証拠金(預託金)は返還される」とされています。

では、FX会社の信託保全先である信託銀行が潰れた(倒産、破綻、破産)場合はどうなるのでしょうか?

顧客の証拠金は保護されます

男性 女性 夫婦 お金 降る

結論から言うと、FX業者や信託銀行が破産しても、信託財産(私たちの資金)は全額保護されます

万が一、FX会社の信託保全先である信託銀行が破綻しても、信託法により「信託されているお金はFX業者のお金でも預かっている信託銀行のお金でも無い」と定められているため、差し押さえられる事は有りません。

信託法で顧客の資産保全を確約

六法全書 本 法律 裁判

信託財産は「受託銀行である信託銀行固有の資産と明確に分別して管理」する事が、信託法28条により義務づけられています。

また、信託法15条により「信託財産は受益者(信託銀行)のものではない」と定められています。

さらに信託法16条により「信託先の信託受託銀行が倒産した場合でも、その債権者が信託財産を差し押さえることが出来ない」と定められており、信託法17条により「債権の相殺も禁止」となっています。

FXは1,000万円以上も保護

1万円札 札束

銀行預金の預金保険の場合はペイオフで1,000万円までしか保護されないうえ、外貨預金は預金保険の対象外です。

その点、FXの信託保全なら、仮に信託銀行が破綻しても1,000万円を越える金額に関してもペイオフの対象とはならず、信託財産(私たちの資金)は保護されます。

信託銀行の倒産は国家問題

暴落 下落 急落

現在、国内の信託財産は投資信託や年金関連が大半を占めており、FX関連はごく一部です。

従って仮に信託銀行が破綻となると、日本の金融システムそのものが大混乱に陥り、国全体の問題に発展します。

ですから信託銀行の破綻を防ぐ為に、国が何らかの対策を事前に取ると思われます。

(関連記事)

(関連リンク)

トップへ戻る