この記事は約 2 分で読めます。

信託保全 銀行 完全信託保全 全額信託保全 一部信託保全 分別管理

信託保全とは?

信託保全(信託分別管理)とは、顧客(FX取引をしている方)から預かった証拠金を、FX業者の財産と区別した上で第三者(主に信託銀行)に管理を委託し、資金を保全する方法です。

信託保全=顧客資産の保全制度

FX 外国為替証拠金取引は、改正金融先物取引法(2005年7月1日施行)に基づき、顧客から預かった証拠金(保証金)を、会社の資産と区分して分別管理する事が義務付けられています。

FX 信託保全 全額信託保全 完全信託保全

この信託保全というシステムにより、万が一、FX業者が破綻(倒産)した場合には、顧客の資金は信託財産の範囲内で、信託銀行から受益者代理人を通じて返還されます。

全額信託保全と一部信託保全

会社 倒産 破綻 潰れた

信託保全は以前、「全額信託保全(完全信託保全)」と「一部信託保全」の2種類が有りました。

一部信託保全の場合は、証拠金の全額が信託保全の対象になっていないので、FX業者が破綻(倒産)した場合に預けた証拠金が戻って来る可能性が低下します。

全額信託保全の義務化

銀行

全額信託保全のFX業者の場合は、顧客が入金した証拠金に加え、発生した利益分に関しても100%保護されます

現在は全額信託保全の義務化により、一部信託保全のFX業者は存在しません。

FX業者が破綻した場合

顧客の資金は返金されます

男性 女性 夫婦 お金 降る

信託銀行に委託した証拠金に関しては、FX業者が破綻(倒産)した場合でも債権者が強制執行や仮差押等を行う事は出来ないため、顧客の資金の安全性が向上します。

分かり易く言うと「FX業者が潰れても、顧客が預けたお金は潰れたFX業者や他の債権者に渡る事無く戻って来る」と言う事になります。

くりっく365の資産保護は?

くりっく365

取引所取引である「くりっく365」の場合、投資家の証拠金は取引所に全額預託する事が義務づけられています。

そのため、くりっく365に参加しているFX業者が万一破綻しても、取引所に預託された投資家の証拠金は金融商品取引法の法的な保護により全額返却されます。

(関連記事)

(関連リンク)

トップへ戻る