円高 金利 関係 長期金利 金利差

為替 ニュース
この記事は約1分で読めます。

アメリカ国旗

現在、アメリカでは低金利が続いていて、急激に円高ドル安が進んでいます。
しかし何故、アメリカで低金利が続くと円高ドル安になるのでしょうか?

アメリカが高金利の場合

100円
右矢印
1ドル紙幣 1ドル札

アメリカの金利(長期金利・政策金利)が高ければ、高い金利目当てに世界中からアメリカに資金が流れてきます。

日本の投資家も、ドルの金利が高ければドル預金などに関心を持つ可能性が高くなり、円を売ってドル預金を組んだりするので、ドルが買われてドル高になります。

アメリカが低金利の場合

1ドル紙幣 1ドル札右矢印100円

しかし今、アメリカでは低金利が続いているので、世界中の資金がアメリカから流出しています。
アメリカで低金利が続くと、アメリカよりも金利が高い通貨にお金が流れるからです。

日本の投資家も、ドル預金の金利と円預金の金利に大差が無ければ、ドル預金を解約して円に戻したり、新たに円預金を選ぶ可能性が高くなり、ドルを買う資金が細ります。

アメリカの低金利によってドル買い注文が減る一方で、円買い注文が増えれば当然、円が高くなります。従って円高になります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました