この記事は約 1 分で読めます。

韓国経済 悪化 韓国銀行 基準金利 0.5%引き下げ、年2.5%に

以下、YONHAP NEWSより引用です。

李成太 イ・ソンテ 韓国銀行 総裁
韓国銀行は9日、基準金利を現行の年3.00%から2.50%に、0.50%引き下げると発表した。同日の金融通貨委員会で決定した。先月の利下げによる基準金利最低記録を1か月で更新した。

韓国銀行は昨年10月に基準金利を5.25%から5.00%に引き下げ、その後、3か月間で2.75%の利下げを行った。特に、11月28日は0.75%、12月11日には1.00%引き下げるなど、破格の措置を取った。

今回の利下げは、景気がかなりの速度で落ち込み、実体分野に円滑に資金が流れていない現状を考慮したものとみられる。物価が相対的に安定し、外国為替市場の不安がある程度解消したということも、今回の利下げの背景にある。専門家らは、韓国銀行が今後、2.00%まで追加利下げを行う可能性があるとみている。

韓国銀行関係者は、景気が今後さらに悪化する可能性を指摘し「金利政策が作用しない『流動性の罠』に陥るレベル寸前までは、利下げを行えると言うのが韓国銀行の意見」だと話した。

引用ここまで。

韓国銀行は韓国経済の悪化懸念から、5.25%であった政策金利を2008年10月から3か月に渡り2.75%引き下げ、特に11月28日に0.75%、12月11日に1.0%引き下げるなど、大胆な政策を行ってきました。

アナリストらは、韓国銀行が今後も追加利下げを行い、政策金利を2.00%まで引き下げる可能性があると予想しています。

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)