この記事は約 1 分で読めます。

韓国経済悪化 韓国銀行 緊急利下げ 政策金利4.25% 75bp引き下げ

以下、YONHAP NEWSより引用。

韓国銀行が27日、基準金利を現行の年5.00%から4.25%に、0.75%引き下げると発表した。同日に緊急の臨時金融通貨委員会を開き決定した。韓国銀行は9日に0.25%の利下げを実施したばかり。

韓国銀行が臨時金融通貨委を開き利下げを決めたのは、米同時多発テロ発生直後の2001年9月19日以来。韓国銀行関係者は、経済状況が急迫しているため、臨時に委員会を招集し追加利下げを決めたと説明した。

今回の利下げで、家計や中小企業の利子負担の軽減が見込まれるとともに、ウォン流動性の滞りもある程度解消されるものと期待が広まっている。

政策金利の75ベーシスポイント(bp)という引き下げ幅は、韓国銀行(中央銀行)が政策金利の決定を始めた1999年以降で最大です。

また、韓国銀行総裁の李成太(イ・ソンテ)総裁は、「内需がかなり急速に鈍っている。輸出は良かったが、大国の経済鈍化が予想された状況で輸出が引き続きうまくいくと自信を持つのは難しい状況」と答え、さらなる追加利下げの可能性を示唆しています。

韓国の27日の株式市場では、韓国総合株価指数(KOSPI)が一時、前週末終値比2・7%安まで売られたものの、この政策金利の緊急利下げにより、いったんは上昇に転じました。

トップへ戻る