経済指標 重要指標

経済指標 重要指標FX 為替 株式 投資 経済 用語
この記事は約1分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

経済指標とは? 意味 説明 解説

経済指標(重要指標)とは、世界各国のファンダメンタルズ(経済的基礎)要因である「経済状況を構成する要因」を数値化したものです。

ファンダメンタルズ
ファンダメンタルズとは? 意味 ファンダメンタルズとは、「経済活動の状況を示す基礎的な要因」の事で、具体的には各国のGDP(国内総生産)、経済成長率、金利水準率、国際収支、失業率といった経済活動の状況を示す経済の基礎的要因を指します。...

主な経済指標

主な経済指標として、以下の指標が有ります。

  1. 世界各国の政策金利
  2. 国内総生産(GDP)
  3. 消費者物価指数(CPI)
  4. 雇用統計
  5. 失業率
  6. 貿易収支
  7. 機械受注
  8. 鉱工業生産指数

世界の経済状況を数値化

経済指標(重要指標)の多くは、各国の政府などの公的機関によって公平かつ公正な調査の元に作成されているので、結果の信憑性や正確性が高いという特長が有ります。

FXの舞台となる外国為替市場は、グローバルな政治経済の動きに大きく左右されます。

地球儀と虫眼鏡を持つ女学生 女の子

女の子「経済指標(重要指標)を利用する事で、感覚的にでは無く、客観的な数値で世界の経済状況を把握出来ます。」

株・FX取引においての重要性

株価や為替レートへの影響

日本時間の夜に発表される「アメリカの雇用統計・失業率」といった非常に重要な経済指標は、為替レートやNYダウ/ナスダックに与える影響が大きいです。

円高 米ドル安 ユーロ安 女性 女の子 OL

女性「発表された経済指標が事前予想と大きく違った場合は、NYダウ/ナスダックが暴騰・暴落したり、急激に円高・円安になる事が多いです。」

従って、経済指標のスケジュールを確認する事は、投資をするのにおいて重要です。

特に、株やFX取引でスイングトレード

スイングトレード FX 株 手法 銘柄 ブログ 初心者
スイングトレードとは、株価や為替レートの数日~数週間の動きを利用して利益を得る投資手法です。中長期投資ほど銘柄や為替の知識を必要とせず取引時間も少なくて済むので、投資初心者や社会人に向いています。

中期~長期の投資をされている方にとっては非常に重要です。

FXスプレッドの拡大

FX業者各社のスプレッドは、各国で経済指標(重要指標)が発表される直前/直後の時間帯に、一時的に拡大する場合が有ります。

FX スプレッド
スプレッドとは、FXの取引コストの1つで、為替レートの「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差です。スプレッドが0.3銭の場合、1万ドルの取引にかかるコストは「新規建て(買い又は売り) → 決済」の往復取引で30円です。

その為、スキャルピングやデイトレードといった短期取引の場合でも、経済指標の発表時間は押さえておく必要が有ります。

スキャルピング 株 FX 手法 コツ テクニック
スキャルピングとは、1ティック(最小の値動きの単位)~数ティック程の僅かな利幅を狙って、株やFXなどで短時間(数秒~数分程度)で売買を繰り返す取引手法を指します。

経済指標 重要度 確認方法

経済指標(重要指標)は、数多くの指標がありますが、指標によって重要度に差が有ります。

机で書類を見るOL 女性

女性「ですから、FX取引や株取引をされている方が利用するので有れば、必ずしも全ての指標に目を通す必要は有りません。」

指標の重要度を把握するには、ある程度の知識が必要なので、FX業者の経済指標 重要指標 カレンダー スケジュール 重要度ランキング 一覧を利用すると便利です。

SBI FXトレード 経済カレンダー

SBIFXトレードの口座を開設すれば毎朝、その日の注目経済指標やマーケット情報などFX取引に役立つメールが無料で届きます。

SBI FXトレード メールマガジン 今日はこれでしょ! 経済カレンダー

メールでは、為替レート変動に大きな影響を与える「重要経済指標」の「発表時間、重要度、前回値、予想値」が確認出来ます。

 SBIFXトレード公式サイト

しゃがんでスマホを見る女性 女の子 OL

女性「パソコン、スマホで何時でも何処でもサッと読めるので、大変便利です。」

SBI FXトレード 口座開設費 口座維持費は、SBI FXトレード 個人口座SBI FXトレード 法人口座のいずれも無料です。

SBI FXトレード 評判 評価
SBI FXトレード 評判 スプレッド 手数料 スワップポイント アプリ デモ キャンペーン 取引時間 出金などを解説

(関連記事)

(関連リンク)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました