この記事は約 1 分で読めます。

NYダウ 1万ドル割れ 一時800ドル下落 金融危機連鎖

週明け6日のニューヨーク株式相場は米金融危機を背景に世界的な景気懸念が強まる中、アジア・欧州市場での大幅な株安が連鎖し、全面安の展開となった。

ダウ工業株30種平均は、取引時間中に一時800ドル安まで売り込まれた後、急速に切り返したが、前週末終値比369.88ドル安の9955.50ドルで終了。終値ベースでは、2004年10月以来、約4年ぶりに1万ドルの大台を割り込んだ。

ハイテク株中心のナスダック総合指数も84.43ポイント安の1862.96と2004年9月以来の安値引けとなった。ダウはこの日、一時9525.32ドルまで下げ、取引時間中としては約5年ぶりの安値をつけた。

米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題をきっかけにした金融市場の混乱は一段と深刻化。実体経済にも大きな影を落とし始め、世界同時リセッション(景気後退)が現実味を増してきた。

リスク投資は萎縮(いしゅく)する一方、株価が心理的な節目を下回った衝撃は大きい。

昨日は私も、ダウが1万ドル割れする所を、NYダウ ナスダック 為替レート リアルタイム 自動更新 表示で見ていました。

それにしても一体、NYダウはどこまで下がるんでしょうか・・・
住宅ローンは個々の金額が巨額なだけに、アメリカで一斉に焦げ付くと反動があまりにも大きいです。

トップへ戻る