ドル円 1ドル=80円台 80円割れ 可能性

アメリカ ニュース
この記事は約2分で読めます。

本日は、ドル円がNYダウ先物や欧州株安を受け、1995年6月以来となる1ドル=84円台割れとなり、1ドル=83.70円台まで下落しています。

ドル円 1ドル 83円台 84円割れ

上のチャート画像はFX 外国為替証拠金取引業者大手の外為どっとコム(がいためどっとこむ)のリッチアプリ版「stage chart」で表示したユーロ円30分足チャートです。

外為どっとコム 外貨ネクスト キャンペーン
← 現金5,000円キャッシュバックキャンペーン詳細

「stage chart」は12通貨ペア、24種類のテクニカルチャートを搭載していて、リッチアプリ版はチャートを始めとした様々な情報をタブで即座に切り替えられるので、小さいモニタでも使い勝手の良いツールです。

ちなみに為替レートのリアルタイムはサイバーエージェントFX 外貨ex外為オンラインのサイトでも見れます(リンク先の少し下に為替レートの一覧があります)

サイバーエージェントFX キャンペーン 外為オンライン キャンペーン

1ドル=80円割れの可能性は?

ドル凋落

ドル凋落

価格:680円(税込、送料別)

記事のタイトルの「ドル円 1ドル=80円台 80円割れの可能性」ですが、可能性としてはありうると思います。

民主党の菅首相と白川日銀総裁の電話会議が、たったの15分という短時間で終わるなど、当局は円高に対して為替介入といった具体的な円高対策を取るといった事も無く、このまま円高ドル安が進みそうな展開になっています。

2004年の円高局面では、通称「日銀砲」と呼ばれる日本銀行主導の大規模な為替介入(市場介入)が行われました。日銀砲 日本銀行 為替介入 市場介入
こういった大規模な為替介入を実行するには、巨額の資金と世界各国の協力が必要です。

しかし、現在は世界各国がリーマンショックなどから立ち直るのに必死で、日本だけを助けてくれるような協力を要請しずらい状況となっています。
為替介入に関しては、詳しく書くと非常に長くなるので、次回書きたいと思います。

米国の中古住宅販売件数などの重要経済指標も、軒並み悪化

さらに、本日の日本時間23:00に発表された中古住宅販売件数が市場予想より大幅に下回っているなど、最近はアメリカの経済指標が非常に悪化しています。
経済指標 重要指標

以下、外為どっとコム 速報メールサービスからの引用です。

【指標】米7月中古住宅販売件数

【予想】465万件
[前月比]-13.4%

【結果】383万件
[前月比]-27.2%

コメント

  1. アバター コロネ より:

    ホントどうなるかわからないですよね~ (・_・;)
    とにかくレートがどうこうより、日本の行く末が心配です。。。
    国が崩壊したら半端なお金とか関係無くなっちゃうしね(; ̄ー ̄A
    為替介入の記事期待です☆(*‘ω‘ *)

  2. コロネさん、こんばんは
    お久しぶりです(^o^)/
    > とにかくレートがどうこうより、日本の行く末が心配です
    ぶっちゃけ、日本は既に終わってます・・・
    2~30代の若年層が冷遇される一方、団塊世代~高齢者が既得権益で優遇され過ぎです(‘A`)
    そう考えると、長い目で見れば将来は円安になるかも知れませんが・・・
    > 為替介入の記事期待です
    有難うございます。
    為替介入の記事も近々書きますね(^o^)
    それにしても介入は日本単独だと厳しそうです。
    直近でスイス中央銀行がユーロ買い介入で自爆しているので、日本も二の舞になる可能性が少なからず有ります。
    http://www.asahi.com/business/update/0814/TKY201008130461.html
    もし介入が失敗したら、日本はどうなることやら((((;゚Д゚))))

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました