この記事は約 2 分で読めます。

NYダウ 一時8000ドル割れ 終値8451ドル 前日比128ドル安 G7期待で急速に下げ幅縮小 1日の値動きが1000ドルを超える激しい乱高下

10日のニューヨーク株式市場は、世界的な金融不安の高まりや先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の合意内容への期待が交錯、1日の値動きが1000ドルを超える激しい乱高下が続いた。

ダウ工業株30種平均は取引開始直後に急落し、一時、前日終値比696.68ドル安の7882.51ドルまで値を下げた。03年4月以来、約5年半ぶりに8000ドルの大台を割り込んだが、その後は急反発し同322ドル高まで戻した。結局、終値では8営業日続落、同128ドル安の8451.19ドルと03年4月以来の安値で取引を終えた。

ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数は8営業日ぶりに反発、終値は同4.39ポイント高の1649.51だった。

ブッシュ大統領が公的資金による金融機関への資本注入を表明したが、市場の反応は限定的だった。金融関連株では、大手銀行株は大幅に反発したが、モルガン・スタンレーは三菱UFJフィナンシャル・グループによる出資取り下げ憶測が広がり約22%安の9.68ドルまで下落して取引を終えた。

私は昨日も日本時間夜10時半から、NYダウ ナスダック 為替レート リアルタイム 自動更新 表示でNYダウの動きをリアルタイムで見ていましたが、取引開始直後、すぐにNYダウ平均株価が600ドル超暴落したかと思えば、すぐに前日比プラスになり、また暴落と、その滅茶苦茶な動きに圧倒されました。
一般人にはとてもついて行ける状況では有りません。

と言っても東京株式市場は当然この時間やっていませんが、FXならサイバーエージェントFX「外貨ex」のCMで魔裟斗(まさと)氏が言っているセリフではありませんが「24時間世界戦」です。

この無茶苦茶なNYダウ平均の動きに、世界中の為替レートもストレートに反映してしまうので、FXをやっている方はレバレッジを低めにして、無茶な取引は避けた方が賢明かもしれません。

ちなみにサイバーエージェントFX「外貨ex」では現在、現金最大1万円がもらえるサイバーエージェントFX キャンペーンを行っています。

トップへ戻る