この記事は約 2 分で読めます。

レクサスES350 暴走 急加速 事件 トヨタ自動車 リコール問題 ロンダ・スミス 偽証 動画

既に皆さんもテレビでご覧になったと思いますが、トヨタ自動車のリコール問題に関して23日の米下院公聴会で取り上げられた際に、米テネシー州に住むロンダ・スミスさんが「車が勝手に加速して時速160キロに達した」と涙ながらに証言しました。

ところが、そのレクサスES350が「目立ったトラブルもなく現在も使用されていることが24日分かった」と米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が伝えています。

以下、2010年2月27日 読売新聞からの引用です。

「暴走」レクサス、転売された後はトラブルなし

 米高速道路交通安全局(NHTSA)は26日、トヨタ車の急加速問題を検証するため、23日の下院公聴会で取り上げられた「レクサスES350」を買い取ったと発表した。

 このレクサスは、公聴会で証言したロンダ・スミスさん(テネシー州)が使っていた。スミスさんは、2006年にアクセルを踏まないのに時速160キロ・メートルまで加速したと、恐怖の体験を涙ながらに証言している。

 スミスさんは、この車を走行距離が3000マイル(約4800キロ)の時点で他の人に売却した。現在の走行距離は約3万マイルに達しているが、米メディアによると売却後、この車は何のトラブルも起こしていないという。

引用ここまで。

1.はたしてロンダ・スミスさんの証言は本当か?偽証か?

上の動画の1分45分ぐらいからロンダ・スミスさんの証言が始まります。
この動画ではロンダ・スミスさんの全ての証言は出ていませんが、証言の内容はこんな感じです。

ロンダ・スミスさんの証言内容の要約

  1. 勝手に加速して時速160キロ出る
  2. 両足でブレーキを踏んだけど、何をやってもスピードは落ちなかった
  3. バックギア入れても効かない
  4. サイドブレーキ引いても効かない
  5. 神に祈りを捧げて、主人に連絡を取った

それにしても時速160kmで走りながら両足でブレーキ踏んで、ハンドルを握り締めながらバックギアを入れて、サイドブレーキまで引いて、神に祈りながら片手で携帯取り出して主人と電話出来るロンダ・スミスさんは、もの凄いスーパーお婆ちゃんです。

ドラゴンボールに出てくる天津飯(てんしんはん)みたいに、四妖拳(しようけん)でも使えるのでしょうか?(ノ∀`)

もしくはスタンドでも使えるのでしょうか?エアロ・スミスとか。

ていうかふしぎの海のナディアを見ていた人なら、ロンダ・スミスさんの証言が一発で偽証と見抜けますね。
ハンソンが言ってたように、時速160kmで走りながらギアをバックに入れたら、ギアが壊れるだけです

ブレーキ踏んでも止まらないなら、普通はギアをD→2→1に落とすと思うんですが・・・
走行中にギアをN→Rに入れる人なんて居るんでしょうか?

それにサイドブレーキは電子制御されている訳でもないのに、引いても効かないとういうのも変ですね。

2.米下院公聴会は、いつもこんなキツい感じなの?

今回の米下院公聴会は「トヨタ自動車が日本企業だから、もしくは豊田章男社長が日本人だから、こんなに厳しい意見を言ってきた」のでは無く、「いつもこんな感じ」です。

「金融の神様」「マエストロ」と称えられた「アラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)元FRB議長」ですら、アメリカ議会の公聴会では「金融危機を招いた張本人」として非難の集中砲火を浴びていたりします。

(関連サイト)

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)