オリンパス 上場維持 可能性 買い時

株式 ニュース
この記事は約2分で読めます。

オリンパス

前回のオリンパス 監査法人 変更 あずさ監査法人 新日本監査法人に続く、オリンパスショックに関する記事です。

2011年11月16日の東京株式市場で、オリンパス(東証1部 証券コード:7733)は、前日に続き3日連続のストップ高で取引を終えました。株 ストップ高 ストップ安 売買方法 注文方法

オリンパス株は、証券取引等監視委員会が「オリンパスに対して課徴金などの行政処分にとどめる方向で、上場維持となる公算が出てきた」との一部報道を手掛かりに、急速に買い戻されています。

2011年11月16日 オリンパス 終値 チャート

↓クリックで拡大
オリンパス チャート 2011年11月16日 ストップ高

上の画像は「ジェイコム20億男 BNF氏」も使っている楽天証券の「Market Speed マーケットスピード(通称マケスピ)」で表示した、オリンパスの取引終了後の日足チャートです。BNF氏 ジェイコム男 資産 手法 2ch マンション 取引ツール

オリンパス株の終値は、前日比100円高の740円、上昇率15.63%、出来高(売買高)は4711万8700株になりました。
値上がり率15.63%は、東証一部の全銘柄中トップです。

チャートを見ると、2011年11月11日のストップ安の424円から3日で316円も上昇しています。
結果論ですが、11日の株価424円は絶好の買い時だった様です(`・ω・´)

オリンパス 株 買い時は?

オリンパス株の買い時ですが、仮にオリンパスが上場維持なら、現在の700円台の株価水準は長い目で見れば買い時です。
いずれ株価が1000円を超える可能性も有ります。

又、朝日新聞によると、オリンパスは前期の決算で純資産を300億円ほど水増しし、1668億円として発表していたと報道しています。
従って、純資産1368億円でPBR(株価純資産倍率)1倍を計算すると、株価500円前後となるので、株価500円割れは1つの買い時の目安となります。

特にハゲタカファンドは、PBR1倍割れで買いを入れて来る場合が多いです。

ただ、オリンパスは上場維持となる公算は出て来たものの、未だ上場廃止になる可能性も残っています。

東京地検特捜部は、週内にもオリンパスから事情を聴く方針を固めています。仮に有価証券報告書の虚偽記載で刑事罰を科された場合、上場廃止となるケースが多いです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました