この記事は約 3 分で読めます。

SBI FXトレード SBI FXTRADE 評判 評価

SBI証券の親会社のSBIホールディングスが、FX 外国為替証拠金取引専業子会社SBI FXトレード(SBI FXTRADE)を2012年5月中に設立すると発表しました。

以下、SBIホールディングスのサイトからの引用です。

SBI FXトレード株式会社の金融商品取引業登録に関するお知らせ

2012年4月13日
SBIホールディングス株式会社

 SBIホールディングス株式会社(以下「当社」)の子会社であるSBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、以下「SBI FXトレード」)は、本日2012年4月13日付けで第一種金融商品取引業の登録を受けましたので、下記の通りお知らせいたします。

【SBI FXトレードの概要】

(1) 商号 :SBI FXトレード株式会社
(2) 登録番号 :関東財務局長(金商)第2635号
(3) 所在地 :東京都港区六本木一丁目6番1号
(4) 資本金 :5,000万円
(5) 事業内容 :第一種金融商品取引業(外国為替保証金取引業)
(6) 設立日 :2011年11月22日

 これまでSBIホールディングスグループでは当社の子会社である株式会社SBI証券または住信SBIネット銀行株式会社の口座を有するお客様に限定して外国為替保証金取引(以下「FX取引」)のサービスを提供してまいりましたが、昨今の個人投資家の方々へのFX取引の浸透及び市場拡大を受け、若年層を中心としたFX取引をメインの投資スタイルとする新たな顧客層の獲得に向けて、SBI FXトレードを設立いたしました。

 今後SBI FXトレードはFX専業業者として、取引単位の小口化及びスプレッド縮小など、より利便性の高いサービスの提供を目指してまいります。なお、営業開始は5月中を予定しておりますが、詳細につきましては決まり次第お知らせいたします。

以上

引用ここまで。
ソースはこちら

SBIホールディングス FX専業子会社 設立

SBIホールディングスは既に、店頭FX 相対FX取引の

  1. SBI証券 SBI FXα アルファ
  2. 住信SBIネット銀行「Oh! FX」

が有りますが、今回新たにFX専業の「SBI FXトレード(SBI FXTRADE)」を設立します。

丁度、既にマネックス証券 FXPLUSのサービスを展開しているマネックス証券が、FX専業子会社のマネックスFXを設立した様な感じです。

SBI FXトレード 評判 評価

SBI FXトレード 評判 評価ですが、この記事を書いている時点では「SBI FXトレード」の公式サイトがまだ存在しないので

  1. SBI FXトレード スプレッド 手数料
  2. SBI FXトレード 取引単位 売買単位 発注単位
  3. SBI FXTRADE 約定能力 約定力 約定率 約定拒否

等のスペックについては不明です。

SBI証券「SBI FXα」や住信SBIネット銀行「Oh! FX」よりも、スプレッドやFX 約定能力が良ければ良いのですが、個人的に一番気になるのは、SBI証券 SBI FX α アルファ キャンペーンの様な美味しいFX キャッシュバックキャンペーンを「SBI FXトレード」で実施するかどうかです(^_^;)

SBI FXTRADE 評判 評価は、分かり次第、当ブログでお伝え致します。

SBI FXトレード 設立 理由

SBI証券は、既に店頭FXのSBI証券 SBI FXα アルファが有りますが、現在、店頭FXの取引シェアは

  1. 外為オンライン
  2. DMM.com証券 DMM FX
  3. GMOクリック証券 FXネオ

の寡占状態なので、これらのFX業者からシェアを奪う目的で「SBI FXトレード」を設立したのだと思われます。

クリック証券 フォレックストレード 吸収合併 経営統合

ただ、FX専業子会社と言えば、2009年5月11日にGMOクリック証券がFX専業子会社のFOREX TRADE フォレックストレード アプローズFX 口座開設 受付開始を始めたものの、結局2年も経たない2011年4月28日にクリック証券 フォレックストレード アプローズFX 吸収合併 経営統合しています。

「SBI FXトレード」の場合も、既存の「SBI証券 SBI FXα」と競合するので、どうやって住み分けするのか気になる所です。

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)