この記事は約 3 分で読めます。

コメルツ銀行 コメルツバンク 行政処分 業務停止 くりっく365 ランド円8円事件

コメルツ銀行

くりっく365の「ランド円(ZAR/JPY)レート」で異常な安値をつけ、一時は個人投資家が多大な損失を被った「くりっく365 ランド円暴落事件 ランド円8円事件」ですが、実勢より大幅に安い買値を提示してランド円を暴落させたハタ迷惑な金融機関(マーケットメイカー)である、コメルツ銀行 Commerz Bankの処分が決定しました。

以下、東京金融取引所のサイトからの引用です。

コメルツ銀行に対する処分について

平成21年12月21日
株式会社 東京金融取引所

本取引所は、コメルツバンク・アクツィエンゲゼルシャフト(コメルツ銀行)に対しまして、取引参加者規程第61条第1項第9号の規定に基づき処分を行いましたので、お知らせいたします。

1. 処分等の内容

  1. 過怠金300万円の賦課
  2. 平成21年12月21日から平成22年1月3日までの間、本取引所の市場における自己のなす呼び値による市場デリバティブ取引を停止
  3. 業務改善報告書の提出を請求

2. 違反行為の概要

  1. マーケットメイカーの禁止行為
    平成21年10月31日午前4時59分33秒に同行が南アフリカランド/日本円取引について提示していた買注文50枚が8.415円で約定、同日午前4時59分43秒に買注文50枚が8.435円で約定した。
    これらの取引は、直前の約定価格が11.410円であり約30%円高であった。
    この行為は、取引所為替証拠金取引に関する業務規程の特例第12条第1号に規定する「実勢から著しく乖離したマーケットメイク呼び値の提示」に該当すると認められる。
  2. 取引の信義則違反
    上記(1)の取引が約定した原因は、同行が平成21年10月1日に実施した南アフリカランド/日本円取引のスプレッドの小数点以下桁数表示変更後に実施すべきスプレッド調整を失念したこと及びこの失念を原因とした平成21年10月2日及び10月5日両日のスプレッド異常に伴う対応で、午前4時55分から適用となるスプレッドの調整を失念したことによるものであった。
    これらの行為は、取引参加者規程第61条第1項第9号及び同規程第67条第2号に定める事項のうち「著しく不注意若しくは怠慢な事務処理を行った」と認められ、本取引所の市場の運営上、本取引所若しくは本取引所の取引参加者の信用を失墜し、又は本取引所若しくは本取引所の取引参加者に対する信義に反する行為に該当すると認められる。

3.業務改善報告書に含める内容

  1. 上記2.(1)及び2.(2)の行為はいずれも同行のシステムリスクの管理態勢の不備によって発生したものと認められました。同行では2.(1)及び2.(2)の直接の原因となったシステム上の設定変更に際し、手順の具体化、明確化ならびに手順書の策定がなされていなかったうえ、作業結果の確認が十分でなく、適切な処理が行われていませんでした。
    このため、本取引所は、同行に対して以下の項目を含む業務改善報告書の提出を請求しました。

    1. 上記2.(1)及び2.(2)に記載した違反行為に関し、発生原因を分析し、問題の所在を明らかにすること。
    2. 上記問題に対する改善・対応策を講ずるとともにその実効性を確認すること。
    3. システム変更、パラメータ設定等にかかる責任分担の明確化を含めたeFX事業部の内部管理体制及び同経営管理態勢の充実・強化を図るとともに、今回の違反行為等についての責任の所在を明確化すること。

    上記業務改善報告書については、平成21年12月30日17時までに取引参加者代表者及び本取引所為替証拠金取引マーケットメイク業務の責任者の連名署名による書面で報告すること。

以 上

引用ここまで。
ソースはこちら

随分と甘い、コメルツ銀行の処分内容

インヴァスト証券「くりっく365」のランド円(ZAR/JPY)BID値の1分足チャート(クリックで拡大)

インヴァスト証券 くりっく365 ランド円 ZAR/JPY 暴落 異常レート 1分足チャート

くりっく365にて、ランド円暴落という甚大な被害を及ぼしたコメルツ銀行(コメルツバンク)ですが、事の重大さに反比例して処分内容は「300万の罰金」という銀行にとって有って無い様な罰金と、「平成21年12月21日から平成22年1月3日までの間の取引停止(くりっく365関連のみ業務停止)」という、正月休暇の様な営業停止というオチでした(‘A`)

「この程度の処分で済むの?」といった印象です。
くりっく365 ランド円暴落事件 救済措置を知らずに、大損したまま泣き寝入りをした人もいそうなのに・・・

コメルツバンクがこんな軽い処分では「あまり処分をキツくすると、お役人が「くりっく365 天下り」で、いい思いを出来ないから処分を軽くしたのでは?」と憶測してしまいます。

所詮、お役人だから仕方有りませんが(-_-;)

(関連リンク)

QRコード
Scan the QR Code
このブログ記事をスマホで読めます。
(上のQRコードをスマホのカメラで読み込んで下さい。)
おすすめ証券会社

お勧めFX会社・証券会社

女性 指示棒 教鞭

投資歴20年以上、ネット証券の口座を50社以上開設した当ブログ管理人が、初心者から上級者まで自信を持ってオススメするFX業者・証券会社です。

当ブログ管理人は、以下の業者の口座を全て開設して利用しています。

お勧めFX業者(為替取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

  1. SBI FXトレードオススメ
    FX業者で最も米ドル円 スプレッドが狭いです(FX スプレッド 比較)。FX初心者に最適なSBI FXトレード 1通貨単位で最低資金4円で取引出来ます。当ブログ管理人のメインFX業者です。
  2. 外為どっとコム
    FX業者で最も投資情報が充実。FX大手でサーバーが非常に堅牢で、FX 1000通貨単位で取引出来ます。FX初心者から上級者に適しています。
  3. ヒロセ通商
    FX キャンペーンが充実。他のFX業者よりも早い「月曜朝6時」から取引出来ます。1000通貨単位でFX取引出来るのでFX初心者から上級者に適しています。現金1万円貰えるヒロセ通商 ライオンFX キャンペーン実施中。
  4. マネーパートナーズ
    FX業者で最もFX 約定能力が高いのでスキャルピングクルクル詐欺対策に最適です。FX中級者から上級者に適しています。
  5. ひまわり証券
    為替レートの値動きを簡単操作で予測可能な「さきどりテクニカル」、デイトレード用テクニカル指標「HWBR」が無料で使えます。
  6. シストレ24限定
    自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引が出来る初心者向けのFXシステムトレードです。当ブログ限定で現金1万五千円貰えるシストレ24 タイアップ キャンペーン実施中。

お勧め証券会社(株取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各証券会社のサイトへジャンプします。

  1. GMOクリック証券オススメ赤 osusume-red
    株取引・日経225先物取引の手数料が最安水準です。GMOインターネット 株主優待で年間1万円分の手数料が無料になるので株主優待の権利取りに便利です(株主優待 権利確定日)。株の取引手数料が最大3ヶ月間無料になるGMOクリック証券 株 キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメイン証券会社です。
  2. 楽天証券
    株で200億円儲けたBNF氏も利用している大人気の株取引ソフトのマーケットスピード(通称マケスピ)が使えます。当ブログ管理人もマケスピで毎日情報収集しています。楽天FXの口座を開設すればマケスピ利用料が永久無料(FX取引しなくてもOK)になります。

PC・スマホで口座開設・取引可能

スマートフォン スマホ iPhone アンドロイド 女性

上記全てのFX業者・証券会社は、パソコン、スマートフォン(iPhone、アンドロイド等)、タブレット(iPad等)で口座開設申込み・取引が可能です。

FX業者は必要書類の撮影から提出まで、全てスマホやパソコンで出来るので、外出先など何処でも10分程度で申し込み出来ます。

無職・学生も無料で口座開設可能

FX 口座開設 審査基準 年齢 条件

証券会社・FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生どなたでも申し込みできます。

口座開設費、口座維持費、クイック入金・出金手数料などは無料なので、複数口座開設して使い分けると良いと思います。

顧客の資産保全

日本投資者保護基金当サイトで紹介している証券会社は、全て証券保管振替機構及び投資者保護基金に加入、FX業者は全て全額信託保全を導入しているので、安心してお金を預けられます。

金融庁登録済み業者

金融庁 ロゴマーク

当サイトで紹介しているFX業者・証券会社は全て金融庁に登録されている正規の業者です。

金融庁の登録業者であるかについては、金融庁のホームページにある「金融商品取引業者登録一覧」(pdf)で確認出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されています。

当ブログ管理人より

最後まで読んで頂き有難うございます。このブログ記事が役に立ったと思われたなら、ご家族、お友達、会社の仲間、LINEや掲示板などで紹介して頂けると嬉しいです(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る