この記事は約 4 分で読めます。

DDos攻撃 ディードス攻撃

DDos攻撃 とは? 意味 略

サーバー システム ダウン 障害 不具合 異常

DDos攻撃(ディードス攻撃)とは「Distributed Denial of Service」の略で、複数のコンピューターから標的のサーバーに大量の処理要求を送り、サービス停止状態に追い込むネットワーク攻撃(サイバー攻撃)です。

原理としては、芸能人やアイドルが「結婚、離婚、不倫」などのスキャンダルで世間の注目を浴び、本人のブログに大量のアクセスが来てバズる(サイトがダウンする)のと同じです。

DDos攻撃 方法

DDoS攻撃 ディードス攻撃

DDos攻撃は、クラッカー(悪いハッカー)がウイルスを使って、複数のコンピューターを乗っ取ります。

乗っ取ったコンピューターは「ボットネット」と呼ばれ、これを利用してサイバーアタックを行います

DDos攻撃はハッキングの様な不正なアクセスとは違い、標的となるサーバに対しては通常のアクセスであるため、防御する事が難しいです。

DDos攻撃 被害

パソコン PC 個人情報流出 阻止 個人情報保護

DDos攻撃の被害を受けているサイトにアクセスしても、皆さんのパソコンやスマホがコンピューターウイルス(スパイウェア トロイの木馬など)に感染する心配は有りません。

標的のサーバーから「顧客の個人情報の漏洩」や「預金が勝手に引き出される」と言ったハッキング被害の可能性も低いです。

スパイウェアとは? 最近、日本国内で、スパイウェアが猛威を振るっています。 「スパイウェア」とは、コンピューターウイルスの1つで、パ...

DDos攻撃 目的

男性 パソコン PC 架空請求 ネット詐欺

DDos攻撃の目的は主に、サービス停止などの嫌がらせです。

しかし「ランサム攻撃(身代金要求)」と言って、DDos攻撃の解除と引き換えにハッカーが標的のサーバーの企業に金銭を要求する金銭目的の場合が有ります。

DDos攻撃 事例

男性 パソコン PC インターネット 繋がらない 切断

DDos攻撃の標的は「銀行、ECサイト、警察庁のWebサイト」のほか、最近では「仮想通貨取引所、FX 外国為替証拠金取引業者のサイト」などが対象となっていて、Webサイトが閲覧困難になるなどの被害が出ています。

FXとは? 意味 FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語の場合「外国為替証拠金取引」と言う意味になります。 ...

DDos被害を受けたFX業者一覧

ライオンFXにログイン出来ない場合 ログイン画面にアクセス出来ない場合はこちらから LION FX HTML5版 LION...
マネーパートナーズにログイン出来ない場合 ログイン画面にアクセス出来ない場合はこちらから マネーパートナーズ緊急時ログインサイト...
FXトレードフィナンシャル ログイン出来ない場合 「FXトレード・フィナンシャル ログイン出来ない」などのキーワードで検索して来た...
外為どっとコム ログイン出来ない場合 ログイン画面にアクセス出来ない場合はこちらから リッチアプリ版ダウンロード Webブ...

DDos攻撃 対策 企業側

DDoSプロテクションサービスを利用

サーバー システム 正常

DDoSプロテクションサービスとは、契約するISP(インターネット・サービス・プロバイダ)が実施している「DDoS攻撃からネットワークシステムを守るサービス」です。

DDoSプロテクションサービスを利用すれば、サービス不能を狙った大規模なDDoS攻撃から企業(銀行、証券会社など)のサーバーを守る事が出来ます。

ハッカーにビタ1円たりとも払わない

Eメール

DDos攻撃を実行してるハッカーから「要求額のビットコインを支払わない限り、DDOS攻撃は止めない」と言った脅迫メールが届く場合が有ります。

しかし、ここでビットコインを支払えば、味をしめたハッカーに後日、再度DDos攻撃を受けるうえ、要求額が増える恐れが有ります。

マネーパートナーズの例

FX業者のマネーパートナーズの場合も同様に「要求額のビットコインを支払え」と言う内容の脅迫メールがハッカーから届きました。

マネーパートナーズは支払いに応じなかったため、24時間に渡り「DDOS攻撃」を受け続けました。

それに対しマネーパートナーズは「DDoSプロテクションサービス」を導入する事で、ハッカーにビットコインを支払わずに自社のサーバーを守りました。

バックアップ回線を用意

マネーパートナーズの場合、複数のISPと契約する事でメイン回線の他に、もう1つ「バックアップ回線」を用意しています。

さらにマネーパートナーズは今回の「DDOS攻撃」を受けて、両方の回線に「DDOSプロテクションサービス」を導入しました。

これらの対策により、DDOS攻撃に対し万全かつ強固な体制を整えています。

DDos攻撃 対策 ユーザー側

専用アプリをインストールする

女性 スマホ スマートフォン iphone アンドロイド

DDos攻撃によりホームページが閲覧不能となった場合、「銀行、証券会社、FX業者」などの取引システムへアクセスが出来なくなります。

その場合「PCダウンロード版アプリ、スマートフォン版アプリ、タブレット版アプリ」をインストールする事で、ホームページを経由せずに取引システムへ直接ログインすることが出来ます。

万が一の場合に備え、予めインストールして対策する事をオススメします。

パスワードは出来るだけ複雑にする

DDos攻撃自体は個人情報やパスワード流出の心配は有りませんが、悪いハッカーに狙われているのには違いないので、ネットバンク・証券会社・通販サイトなどのパスワードは出来るだけ複雑にする事をお勧めします。

単純なパスワードの場合、パスワードリスト攻撃や、ブルートフォースアタック(総当り攻撃)などで、ものの数秒から数分で破られてしまいます。

ですから、パスワードの文字数は最低でも8桁、出来れば12桁以上の英数字混合、可能なら記号も加えると良いと思います。

パソコンのセキュリティを強化する

Windowsパソコンでは、Microsoft Update (マイクロソフトアップデート) と言って、セキュリティホール (脆弱性) の修正プログラムを自動的にインストールする機能が有ります。

また、個々のソフトウェアを最新の状態にしたり、コンピュータにウイルス対策ソフトを導入してセキュリティを強化し、ウイルスにコンピューターを乗っ取られない様に対策する事をお勧めします。

トップへ戻る