この記事は約 2 分で読めます。

フォーランドオンライン 両建て

フォーランドオンライン

店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者のフォーランドオンライン(Foreland Online)は、両建て りょうだては出来ません。

以下、フォーランドオンラインのサイトの「よくある質問」からの引用です。

よくある質問(フォーランドオンライン一般) ID531

  • 両建ては可能ですか?
  • 両建て(同一の通貨ペアの売建玉と買建玉を同時に持つこと)については、BidレートとAskレートの価格差(スプレッド)、証拠金を二重に負担すること、支払いスワップポイントと受取りスワップポイントの差を負担すること等、経済合理性を欠くおそれがあるため、両建てとなるような売買注文を受付ることが出来ません
    例えば、ドル/円の「買い建玉」または「新規買い指値注文」がある場合は、ドル/円の「新規売り注文」を発注する事が出来ません。

引用ここまで。

FX 比較 ← FX業者各社の両建て可/両建不可に関してはこちら
FX 両建て ← 両建て(りょうだて・りょうたて)のメリット/デメリットに関してはこちら

フォーランドオンラインは、両建て不可

両建て(りょうだて・りょうたて)とは、株の場合は同じ銘柄、FXの場合は同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションの両方を同時に持つことを指します。

FXの場合は、両建てが出来るFX業者と、両建てが出来ない「両建不可」のFX業者が有ります。

フォーランドオンライン(Foreland Online)の場合、買いポジションを持っている状態で売り注文を出そうとするとエラーが出て両建て出来ない仕様となっているので、両建てで様子を見たり、ヘッジをすることは出来ません。

よって、フォーランドオンラインでのFX取引で読みが外れた場合は、ポジションを減らすか、決済する事によって対応するのが基本となります。

フォーランドオンラインは、FX業界最高水準のスワップポイント

フォーランドオンラインは、ポジションの持ち越しにより発生するスワップポイントが、業界最高水準の金利で有名なFX業者です。

FX業者各社のサイトで日々のスワップポイントを比べてみるとわかりますが、フォーランドオンラインは、連日ほぼ1位をキープしています。

長期間ポジションを保有するスワップ狙いのトレードなら、フォーランドオンライン(Foreland Online)は一押しのFX業者です。

フォーランドオンラインは、ポジションを維持したままスワップポイントだけを自由に出金できるほか、含み益での新規取引も可能です。

既にデイトレード・スキャルピングスイングトレード用のFX口座を持っている人も、スワップ用のサブ口座として開くには最適のFX業者だと思います。

(フォーランドオンライン 関連記事)

トップへ戻る