ひまわり証券 レギュラー口座 8通貨ペア 基準スプレッド縮小(2009年10月5日(月)より)

この記事は約2分で読めます。

以下、ひまわり証券「ひまわりFX レギュラー口座」のサイトからの引用です。

スプレッド 縮小 ひまわり証券  ひまわりFX レギュラー口座

ひまわりFX よりスプレッド縮小のお知らせ
ユーロ/円、豪ドル/円など8通貨ペアのスプレッドを縮小

ひまわり証券(東京都港区、代表取締役 山地一郎、ひまわりホールディングス株式会社〔ジャスダック 8738〕の100%子会社)は、2009 年10 月5 日より、ひまわりFX「レギュラー口座」における8 通貨ペアのスプレッドを縮小します。

ひまわり証券「ひまわりFX」は、通常の「レギュラー口座」の他、決済を当日中に限定することでハイレバレッジの取引が可能なデイトレード専用「デイトレ口座」をご用意しており、投資スタイルに合わせた口座選択が可能です。

現在は、アクティブなお客様が多い「デイトレ口座」のスプレッドを「レギュラー口座」のものより縮小し、提供しておりますが、10 月5日より、「レギュラー口座」の全通貨ペアのスプレッドを「デイトレ口座」のスプレッドに合わせて提供する事が決定しました。

今後は、「ひまわりFX」をご利用のお客様全員が低スプレッドでの取引が可能になります。

【変更される通貨ペアとスプレッド】

通貨ペア基準スプレッド
ユーロ/円5→ 3ポイント
ユーロ/ドル3→ 2ポイント
オーストラリアドル/円6→ 4ポイント
ニュージーランドドル/円8→ 7ポイント
ポンド/円9→ 6ポイント
カナダドル/円8→ 7ポイント
スイスフラン/円7→ 6ポイント
南アフリカランド/円6→ 4ポイント

なお、ひまわり証券「ひまわりFX」のスプレッドは急激な相場環境の変化や流動性の低下などにより、拡大する場合がございますが、ストップ注文を除き、原則として必ず注文時の為替レートで約定(注文成立)します。透明性が高く、安心なFX 取引を引き続き提供してまいります。

デイトレ口座について
最大レバレッジ200 倍のお取引が可能ですが、翌日にポジションを持ち越すことが出来ません。

引用ここまで。
ひまわり証券「ひまわりFX」と他社との比較は、ここをクリック

(関連記事)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました