北朝鮮 韓国 砲撃 攻撃 ヨンピョンド 延坪島 戦争 理由 原因 目的 訳 なぜ?

韓国 北朝鮮 ニュース
この記事は約2分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

延坪島 えんぺいとう ヨンピョンド

既に皆さんニュースで御存じと思いますが、日本時間2010年11月23日午後2時34分ごろ、韓国北西部・延坪島(ヨンピョンド、ヨンピョン島)に向けて北朝鮮軍が砲撃を行いました。
北朝鮮軍の砲撃数は100発~200発以上と様々な情報が飛び交っています。

上の写真を見ると延坪島(ヨンピョンド)は火災によるとみられる黒煙が上がっています。
これは北朝鮮の挑発というレベルでは無く、北朝鮮と韓国の戦争といった感じです((((;゚Д゚))))

北朝鮮軍の砲撃によって破壊された民家

ヨンピョンド 延坪島 民家 倒壊

北朝鮮軍の砲弾の一部は延坪島(ヨンピョンド)に着弾し、韓国軍兵士2人が死亡し十数人が重軽傷。住宅数十戸が壊れ、民間人にも数人の怪我人が出たと韓国・KBSテレビが報じています。

延坪島(ヨンピョンド)周辺では、北朝鮮と韓国の艦艇が交戦するといった衝突は過去にありましたが、北朝鮮軍による韓国の民間人への攻撃は異例です。

韓国軍も北朝鮮の海岸砲基地がある陸上に向けて約80発を対抗射撃、砲撃戦となっていますが、北朝鮮の砲陣地は岸壁内に隠れているので、韓国側から攻撃して破壊するのは困難で、陣地を破壊するには空軍機によるミサイル攻撃が有効と思われます。

北朝鮮が韓国に砲撃した理由 目的 原因 訳 なぜ?

北朝鮮が砲撃した動機ですが、韓国は陸海空の合同作戦遂行能力を高めることを目的とする護国訓練を同日から実施。その一環として、黄海の南側に向け上射撃訓練を行っていました。

この海域は朝鮮戦争の休戦協定締結直後の1953年8月、国連とアメリカによって北方限界線(NLL)が引かれ、世界的に韓国の領土と認められています。

しかし北朝鮮は、この区域を韓国の領土とは認めておらず、北朝鮮軍は「韓国軍が射撃を行えば黙っていない」と電話通知文で抗議していました。

この警告に韓国側が応じず射撃訓練を行ったので、北朝鮮がこれを自国への攻撃とみなした事が、今回の延坪島(ヨンピョンド)砲撃の原因と思われます。

日本固有の領土の尖閣諸島を、中国が領有権を勝手に主張して揉めているのと似ています。
尖閣諸島 中国船 中国漁船 巡視船 激突 衝突ビデオ映像 流出 YouTube動画

なお、「ヨンピョンド島」という記述は間違いで、正しくは「ヨンピョン島」になります。

コメント

  1. アバターTK より:

    お言葉ですが、尖閣諸島は「領土問題」ではなく、「微妙な領海」というのは間違っています。
    尖閣は日本固有の領土であり、韓国が一方的に主張しているだけです。
    その点、表現の修正願います。

  2. TKさん、こんばんは。
    >尖閣は日本固有の領土
    >その点、表現の修正願います。
    確かにTKさんの御指摘の通りです。
    取り急ぎ、該当箇所を修正致しました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました