この記事は約 1 分で読めます。

韓国ウォン 暴落 韓国経済 悪化

2008年10月08日、韓国経済悪化で韓国ウォンが暴落し、終値は対ドルで1ドル=1395ウォンと4.8%の下落率となり、10年ぶりの安値を付けました。

韓国ウォンは10年ぶりの安値を記録

 韓国ウォンは10月8日、対米ドルで4.8%下落し、10年ぶりの安値を記録した。世界的な信用収縮を受けて韓国の各金融機関がドル確保に奔走。さらに、多くの韓国企業がドルを溜め込んだためにウォン安が進んだ。前日には韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、10年前のアジア金融危機の再来説を一蹴したものの、韓国外為市場の沈静化には効果がなかった。

8日の終値は1ドル=1395ウォン。9月中旬に米証券大手リーマン・ブラザーズが破産法の適用を申請して以来、16.8%下落した。ウォンの対ドル下落率は年初来33%と世界の主要通貨で最大となっており、為替の動きは予測不可能な状況だ。「視界はゼロに近い」と、韓国の国民銀行で短期のウォン為替取引を担当するディーラーは語る。

最近は韓国経済の悪化や韓国のドル不足により、ウォンが大きく下落しています。

トップへ戻る