この記事は約 1 分で読めます。

日経平均株価 暴落 前日比811円安 終値7649円 バブル後の最安値目前

24日の東京株式市場は、外国為替市場の急激な円高を嫌気して全面安の展開となり、日経平均株価は3日続落し、一時、前日終値比813円91銭安の7647円07銭まで値を下げた。03年4月28日につけたバブル経済後の最安値(終値7607円88銭)を割り込むまで約40円まで迫った。終値は同811円90銭安の7649円08銭で、バブル経済後の最安値以来約5年半ぶりの安値水準まで落ち込んだ。

終値で8000円を割ったのは03年5月2日以来。終値での下落率は9.60%で、過去5番目の大きさ。

TOPIX(東証株価指数)も3日続落し、同65.59ポイント安の806.11で取引を終えた。東証1部の出来高は26億3600万株。

市場では、急激に進んだ円高が輸出産業の業績に悪影響を与えるとの見方から、自動車や電機、精密、鉄鋼などを中心に売られた。米国景気の後退が確実視され、中国などの新興国の景気悪化懸念が悪化。世界的な需要減から輸出が伸び悩むとの見方も支配的になっており、市場では、株価下落は続くとの見方が強まっている。

日経平均株価が、とうとう7千円台になってしまいました・・・

これを書いているPM19:30現在、急激な円高になっているので、このままだと来週月曜も日経平均株価が暴落しそうです。

トップへ戻る