この記事は約 2 分で読めます。

ロシア株価暴落 オリガルヒ(富豪)支配終焉 国家統制強化へ

ロシアで、ソ連崩壊後に台頭したオリガルヒ(新興寡占資本家)と呼ばれる大富豪たちが金融危機の影響を受け、没落の瀬戸際に直面している。政権は世界3位の外貨準備を元手に莫大(ばくだい)な市場支援策を打ち出しているが、どのオリガルヒを救済するかは政権の胸算用ひとつにかかっている。今回の危機を逆手に取り、政権が経済の主導権をオリガルヒから奪還、国家統制をより強めるとの見方が強まっている。

ロシアは、米フォーブス誌の2007年世界長者番付で上位100位に19人が入るなど、世界に冠たる富豪大国だった。ところが、金融通信社、ブルームバーグの推計によると、ロシアの株式市場が下落を始めた今年5月以降、ロシアの大富豪ら上位25人は資産の62%にあたる2300億ドル(約23兆1500億円)以上を失い、多くが長者番付から転落する可能性が出ている。

番付でロシア1位の「アルミ王」デリパスカ氏は160億ドルの損失を出し、傘下企業の一時操業停止や資産切り売りに追い込まれた。3位で英サッカーチーム「チェルシー」のオーナーとしても知られるアブラモビッチ氏は203億ドルを失ったという。ロシアの大企業はこれまで、ルーブル高も背景に低利の外国資金を調達してきたが、米金融危機に伴う市場混乱で途絶え、一転して膨大な債務超過と資金調達難に直面している。

ロシア政府は約7割も株価が暴落した状況を受け、9月以降にGDP(国内総生産)の15%にあたる2000億ドル規模の市場支援策を発表した。ただ、これら資金の多くは国策銀行や政府系の3大銀行を通じて支出されることになっており、政権寄りの「産業企業家同盟」ですら、公開書簡で「政府に近い特定の企業の人工的強化」に対する危惧(きぐ)を表明した。

多くのオリガルヒはソ連崩壊後、国有資産の民営化に乗じて破格値で資産を獲得、それを雪だるま式に増殖させた。また、96年の大統領選でエリツィン大統領(当時)の再選を資金面で援助したほか、資金不足に悩む政府を支援して政治への影響力も強めた。

しかし、プーチン前政権発足後の03年、石油大手「ユコス」のホドルコフスキー社長=シベリアで服役中=が拘束され、同社が解体・再国有化されてから流れが変わった。政権に従順なオリガルヒのみが生き残るという暗黙のルールが出来上がり、政権は地下資源分野などの再国有化を一気に推し進めてきた。今回の金融危機は、そのプーチン首相(前大統領)に国家管理での一層の自由や権力を与え、政権内で新たな利権をめぐる闘争が激化する恐れがある。

プーチン前大統領の補佐官を務めた経済学者のイラリオノフ氏は、「ロシアの危機の根底にあるのはグルジア戦争をはじめとする権力の行動であり、経済への国家介入だ。あらゆる指標から見て、ロシアの状況は世界でも最悪の部類に属する」と語る。そのうえで、「今回の危機を政権は都合のいいように利用するだろう。ロシア経済は独占化の方向に向かっている」と指摘している。

ロシアはBRICSの1つであり、資源国という観点から株価は大きく上昇してきましたが、今年の5月以降、経済に対する国家統制懸念やグルジア紛争、世界的な金融危機や原油価格の下落、米金融危機の影響で約7割も株価が暴落しています。

当ブログ管理人より

当ブログ管理人より

最後まで読んで頂き有難うございます。このブログ記事が役に立ったと思われたなら、ご家族、お友達、会社の仲間、SNS(ツイッター、フェイスブック等)、掲示板などで紹介して頂けると嬉しいです。当ブログへのリンクは自由です(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

QRコード

上のブログ記事をスマホで読めます。
(下のQRコードをスマホのカメラで読み込んで下さい。)

Scan the QR Code
おすすめ証券会社

お勧めFX会社・証券会社

女性 指示棒 教鞭

投資歴20年以上、ネット証券の口座を50社以上開設した当ブログ管理人が、初心者から上級者まで自信を持ってオススメするFX業者・証券会社です。

当ブログ管理人は、以下の業者の口座を全て開設して利用しています。

お勧めFX業者(為替取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

  1. SBI FXトレードオススメ
    FX初心者に最適なSBI FXトレード 1通貨単位で最低資金4円で取引出来ます。現金500円貰えるSBI FXトレード キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメインFX業者です。
  2. SBI FXトレードは「1通貨単位、手数料無料、資金4円から」FX取引出来るので、FX初心者も安心です。
  3. マネックスFX
    米ドル円 スプレッド豪ドル円 スプレッドが最狭水準です(FX スプレッド 比較)。FX大手でサーバーが非常に堅牢で、FX 1000通貨単位で取引出来ます。FX初心者から上級者に適しています。
  4. FX 外国為替証拠金取引業者の口座を40社以上開設し、実際にトレードした当ブログ管理人が、店頭FX 相対FX業者の「米ドル円(USDJPY)...
  5. マネーパートナーズ
    ユーロ円 スプレッドが最狭水準で、FX業者中トップクラスのFX 約定能力を誇るのでスキャルピングクルクル詐欺対策に最適です。強固なDDos攻撃対策でサーバーダウンに強くFX初心者から上級者に適しています。
  6. FX 約定能力 比較 まとめ 店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者には、指定した為替レートできちんと約定する「約定能力(や...
  7. ヒロセ通商
    FX キャンペーンが充実。他のFX業者よりも早い「月曜朝6時」から取引出来ます。1000通貨単位でFX取引出来るのでFX初心者から上級者に適しています。現金5千円と美味しい食品が貰えるヒロセ通商 ライオンFX キャンペーン実施中。
  8. FX1通貨~1000通貨業者 一覧表 FX 外国為替証拠金取引初心者・FX資金が少ない人向けの、1000通貨単位以下・手数料無料(...
  9. ひまわり証券
    為替レートの値動きを簡単操作で予測可能な「さきどりテクニカル」、デイトレード用テクニカル指標「HWBR」が無料で使えます。
  10. シストレ24限定
    自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引が出来る初心者向けのFXシステムトレードです。当ブログ限定で現金一万三千円貰えるシストレ24 タイアップ キャンペーン実施中。
  11. シストレ24 タイアップ キャンペーン 店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引のFX自動売買「インヴァスト証券 シストレ...

お勧め証券会社(株取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各証券会社のサイトへジャンプします。

  1. GMOクリック証券オススメ赤 osusume-red
    株取引・日経225先物取引の手数料が最安水準です。GMOインターネット 株主優待で年間1万円分の手数料が無料になるので株主優待の権利取りに便利です(株主優待 権利確定日)。株の取引手数料が最大3ヶ月間無料になるGMOクリック証券 株 キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメイン証券会社です。
  2. 株主優待や配当金を貰ったり、株式分割などの権利を得る場合、実際にいつまでに株を買っておけば良いか、権利確定後いつ売ればいいかを、カレンダ...
  3. 岡三オンライン証券
    岡三グループ独自の株式・為替相場情報のほか、トレール注文、独自のトレードツールや自動売買ソフトがExcelで自由に作れる「岡三RSS」が無料で使えます。株の現物及び信用取引手数料が最大3ヶ月間無料になるキャンペーン実施中。
  4. 岩井コスモ証券
    5千万円までの株式現物取引の手数料が216円のマンスリーコース(1ヶ月定額制)が使えます。高額でスキャルピングやデイトレをするヘピーユーザーに最適な老舗証券会社です。
  5. 楽天証券
    株で200億円儲けたBNF氏も利用している大人気の株取引ソフトのマーケットスピード(通称マケスピ)が使えます。当ブログ管理人もマケスピで毎日情報収集しています。楽天FXの口座を開設すればマケスピ利用料が永久無料(FX取引しなくてもOK)になります。

PC・スマホで口座開設・取引可能

スマートフォン スマホ iPhone アンドロイド 女性

上記全てのFX業者・証券会社は、パソコン、スマートフォン(iPhone、アンドロイド等)、タブレット(iPad等)で口座開設申込み・取引が可能です。

FX業者は必要書類の撮影から提出まで、全てスマホやパソコンで出来るので、外出先など何処でも10分程度で申し込み出来ます。

無職・学生も無料で口座開設可能

FX 口座開設 審査基準 年齢 条件

証券会社・FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生どなたでも申し込みできます。

口座開設費、口座維持費、クイック入金・出金手数料などは無料なので、複数口座開設して使い分けると良いと思います。

顧客の資産保全

日本投資者保護基金

当サイトで紹介している証券会社は、全て証券保管振替機構及び投資者保護基金に加入、FX業者は全て全額信託保全を導入しているので、安心してお金を預けられます。

金融庁登録済み業者

金融庁 ロゴマーク

当サイトで紹介しているFX業者・証券会社は全て金融庁に登録されている信頼性の高い正規の国内業者です。信頼度の低い業者や海外FX業者などの無登録業者は紹介しません。

金融庁の登録業者であるかについては、金融庁のホームページにある金融商品取引業者登録一覧(pdf)で確認出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されています。

トップへ戻る