指値注文 さしねちゅうもん

指値注文 さしねちゅうもん FX初心者 FX入門 FX勉強
この記事は約 1 分以内に読めます。

指値注文とは?

指値注文(さしねちゅうもん)とは、株やFX 外国為替証拠金取引などの売買における最も基本的な注文方法で、買い又は売りの際に希望値段を指定する注文方法です。

指値注文 さしねちゅうもん

指値注文の例

  1. FX ロング 買い注文を出すときに「1ドル=100円以下でドルを買いたい」
  2. 株取引で売り注文を出すときに「トヨタの株を6,000円以上で売りたい」

といった感じで、買いの場合は時価あるいは時価よりも低く、売りの場合は時価あるいは時価よりも高い値段を指定して売買注文を出すのが「指値注文」です。

指値注文は、中長期投資やスイングトレードなどで使われる事が多いです。

スイングトレード FX 株 手法 銘柄 ブログ 初心者
スイングトレードとは、株価や為替レートの数日間の動きを利用して利益を得る投資手法です。中長期投資ほど銘柄や為替の知識を必要とせず、取引時間も少なくて済むので、投資初心者や社会人に向いています。

指値注文 長所 短所

指値注文 メリット

  1. 自分の希望通りの価格で売買する事が出来る。
  2. 不利なスリッページが起きない。
FX スリッページ スリップ 滑り レート滑り
スリッページとは? 意味 説明 解説 スリッページとは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の約定価格がズレることを指します。「スリップページ、スリップ、滑り(レート滑り)」とも呼ばれます。 ...

指値注文 デメリット

  1. 買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ絶対に注文が成立しない。
  2. 現在のレートで売りたい場合、値動きが激しい時はストリーミング注文と違って注文を出しにくい。
ストリーミング注文
ストリーミング注文とは、FXの取引画面に表示されている刻々と変わる為替レートを見ながら「為替レート」又は「注文ボタン」を押して売買する注文方法です。

(関連記事)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)