逆指値注文 ぎゃくさしねちゅうもん

逆指値注文 ぎゃくさしねちゅうもん FX初心者 FX入門 FX勉強
この記事は約3分で読めます。

逆指値注文とは? 意味

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは、株やFX 外国為替証拠金取引などの取引で

逆指値注文の例

逆指値注文 ストップ注文 ストップオーダー ストップロスオーダー STP注文 SLO注文

  • 指定した値段以上になれば買う
  • 指定した値段以下になれば売る

という注文方法です。
通常の指値注文(さしねちゅうもん)が

指値注文の例

指値注文 さしねちゅうもん

  • 指定した値段以下になれば買う
  • 指定した値段以上になれば売る

という注文方法で、指値注文の逆の注文方法であることから「逆指値注文」と呼ばれています。

FX 外国為替証拠金取引 とは? 意味 略
FXは「米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル」などの外貨を売買する外貨商品です。パソコン、スマホでいつでも何処でも取引でき、少ない元手で大きな利益を簡単に得る事が出来るのが最大の特徴です。
指値注文 さしねちゅうもん
指値注文とは、株やFXなどにおける最も基本的な注文方法で、買い又は売りの際に希望値段を指定する注文方法です。

逆指値注文 メリット

リスクを抑える事が出来る

事前にロスカットしたい価格で逆指値注文を出しておく「ストップロス注文」を使えば、株価や為替レートが予想より大きく下落した場合でも、損失を最小限に抑える事が出来ます。

ストップロス注文

  1. 株価や為替レートが大きく下落したにも関わらず、損切せずに持ち続けた結果、コツコツドカンで大損した。
  2. FX取引で、寝ている間に為替レートが急変し、ロスカット手数料を徴収された。

といった事が多い方に有効な方法です。

リスクを抑えつつ高値を狙える

ある程度、株価や為替レートが上がった時に、上昇に合わせて逆指値の価格を上げていく「トレール注文(トレイリングストップ注文)」を行えば、下落リスクを抑えつつ、高値を追求する事が出来ます。

トレール注文 トレイリングストップ注文

  1. そのまま持っていたら沢山儲かっていたのに、ちょっと利益が出ると売ってしまい、利益を伸ばせなかった。
  2. 売るのが遅れてせっかくの含み益を逃がしてしまった。

といった事が多い方に有効な方法です。

逆指値注文 デメリット

設定したレートを超える場合も

FX スリッページ

逆指値注文は、必ず設定したレートで約定する訳では有りません。相場状況によっては設定したレートを超えて約定する場合が有ります。

FXの場合、経済指標 重要指標発表直前/直後に為替が乱高下した場合や、週末に大規模テロといった事件が発生して週明けにドルがいきなり暴落して始まった場合は、逆指値注文で指定したレートをオーバーし、スリッページして約定する可能性が有ります。

FX スリッページ スリップ 滑り レート滑り
スリッページとは? 意味 説明 解説 スリッページとは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の約定価格がズレることを指します。「スリップページ、スリップ、滑り(レート滑り)」とも呼ばれます。 ...

FXの逆指値注文は、指定した価格にレートが到達した時点でストリーミング注文を出すという注文方法なため、指定価格よりも約定する事に重点が置かれています。

ストリーミング注文
ストリーミング注文とは、FXの取引画面に表示されている刻々と変わる為替レートを見ながら「為替レート」又は「注文ボタン」を押して売買する注文方法です。

逆指値注文 別名

ストップ注文、ストップオーダー

逆指値注文は、損失を限定する目的で行うことが多いことから、ストップ注文ストップオーダー(Stop Order)、ストップロスオーダー(Stop Loss Order、SLO)とも言います。

トリガー注文

また、逆指値注文は「指定した条件(トリガー価格)に達したら指値を有効にする」と言う注文方法なので「トリガー注文」とも呼ばれています。

トリガー注文 トリガ注文
「トリガー注文」とは、株やFXなどの取引で「指定したレートに達したら、指値注文で買い又は売り注文を出す」という注文方法です。一般的には「逆指値注文」と呼ぶ事が多いです。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)