この記事は約 8 分で読めます。

日経平均株価 NYダウ 為替レート FX 経済指標 重要指標 メール通知 速報メール 無料

NYダウ ナスダック チャート 2010年5月6日

株やFX取引されている方の中に、トレード中に日本国内やアメリカ・中国といった海外で重要なニュースがあって、理由も分からないうちに日経平均株価や為替が大暴落して大損したといった経験をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか?

また、夜中にNYダウ/ナスダックのリアルタイムを見ていると、突然ダウが急落したり、上昇したりする時が時々有りますが、理由が分からず掲示板で聞きまくったりした経験は無いでしょうか?
NYダウ ナスダック 為替レート リアルタイム 自動更新 表示

FX 外国為替証拠金取引業者最大手の外為どっとコム(がいためどっとこむ)の無料速報メールサービス(FX 経済指標 重要指標 速報メール)は、そんな方にお奨めのメールサービスです。

FXトレーダーの方はもちろん、日本株、海外株、ETF、外貨預金、外貨MMF、商品先物等の取引をされている方にも非常に役に立ちます。

外為どっとコムの速報メールは完全無料 口座開設+取引でお金が貰えます

速報メールは、外為どっとコムに口座を開設すれば、無料で受信可能です。
外為どっとコム(がいためどっとこむ)でFX取引をしなかったり、口座残高がゼロの場合でも、速報メールは無料で受信する事が出来ます。

外為どっとコム 口座管理料 口座管理費 口座維持費は一切無料です。
それどころか、口座開設して取引すれば5千円貰えます。外為どっとコム 外貨ネクスト キャンペーン

外為どっとコムの速報メールは非常に役に立つとは思いますが、万が一気に入らない場合は簡単にメール配信を停止出来ます。

外為どっとコム 速報メール 内容

外為どっとコム 速報メールサービス

外為どっとコム無料速報メールは、FXトレーダーの方には御馴染みの、経済指標の結果、要人発言予定、要人発言の要旨、経済指標の発表予定のほかに、日経平均株価、東京外為市況(午前、午後)、欧州外為市況、NY外為市況の相場動向の解説も届きます。

速報メールサービスに登録をすると、パソコン又は携帯に下記の様なメールが届きます。

【News】NYダウ、一時1万ドル割れを受けて下げ止まらず 2010年5月7日 3:59

NYダウは1万ドルを割り込み、さらに前日比で一時900ドルを超す下落を見せた。なお、為替相場もドル・円が88円台割れ、ユーロ・円が112円台割れ、豪ドル・円が77円台割れ目前、ポンド・円が130円台割れ目前、NZドル・円が62円台割れ、カナダドル・円が83円台割れ、スイス・円が79円台割れを示現。ポンド・ドルは1.47ドル台割れ目前まで下落した。

現在、
米ドル・円 88.96/98
(H 93.98/L 87.94)
ユーロ・円 111.85/89
(H120.72/L111.13)
ユーロ・ドル 1.2571/73
(H1.2856/L1.2523)
豪ドル・円 78.24/28
(H 85.29/L 76.98)
ポンド・円 131.50/57
(H142.28/L129.94)

引用ここまで。
(通貨レートは一部省略しています。)

日経平均株価の前場寄り付き、前場終値、後場終値も届きます

もちろん日経平均株価の情報も1日3回、メール連絡されます。
前場寄り付き、前場終了、後場終了後3~4分で届くので、非常に重宝します。

【市況】東京終値 2010/06/09 15:03

10/06/09
N225 9439.13
[▼98.81]
TOPIX850.37
[▼7.96]
JGB先物141.10
[△0.18]
現在、
ドル・円 91.37/38
(H91.60/L91.23)

速報メールは深夜でも即、メールが届きます

外為どっとコムの速報メールサービスの凄い所は、AM3:59といった深夜でも、国内や海外で何か事件があれば瞬時にニュースを配信してくれる点です。
この点が、証券会社が1日数回、定時に配信しているメルマガ(メールマガジン)と大きく違います。

速報メールは、国内の証券会社ではあまり見られないサービスで、外為どっとコムの速報メールの場合、世界各国で為替に精通した海外スタッフが執筆していると思われます。

この日は、NY市況で誤発注が発生して、NYダウが一時998ドルも暴落し、為替も暴落しています。NYダウ 暴落 一時998ドル安 シティグループ 誤発注
これは、通常の証券会社のメルマガなら、朝7時~8時ぐらいに配信される様な内容です。

つまり、外為どっとコムの速報メールサービスに登録しておけば、ジェイコム男BNF氏の様に、誤発注による売買チャンスを逃さないという訳です。

日中や夜中の海外株式や為替の暴落をいち早く知れば、「暴落時に素早くFXで外貨を買ったり、国内/海外の日中及び夜間取引で、株式やETFを買う」といった手法で儲ける事が出来ます。

NYダウ・ナスダックの終値や、商品市況も配信されます

NYダウ・ナスダックの終値や、金・NY原油先物レートも、いち早くメールで通知されます。

【市況】NY終値 2010年5月7日 5:48

DOW10520.32
[▼347.80]
NASDAQ2319.64
[▼82.65]
FT100 5260.99
[▼80.94]
DAX5908.26
[▼50.19]
CME.N225 10195.00
[▼475.00]
GOLD1197.30
[△22.30]
OIL77.11
[▼2.86]

下記の様に、NY商品市況の解説もメール配信されます。世界的経済不安の時は、商品先物や金ETFで金を買うのが良い様です。

【市況】NY商品市況 2010年5月8日 5:32

7日のNY金先物相場は続伸。ドル安が一旦落ち着いたことで、序盤は前日の終値付近でもみ合いとなった。しかし、依然としてくすぶる欧州信用不安や米国株安を背景に、安全資産としての金に買いが強まり、昨日に続き年初来高値を更新した。
NY原油先物相場は4日続落。前日に続き米国株が下落したことからリスク回避の動きが活発化し、原油相場は売りが優勢となった。また、ギリシャ財政問題が深刻化する中、世界的な経済成長への不安が高まり、原油需要が後退するとの見方も重しとなった。
GOLD1210.40
[△13.10]
OIL75.11
[▼2.00]

経済指標(重要指標)の発表予定、重要度、結果もメール通知されます

世界各国の経済指標 重要指標の発表予定、重要度、結果も一目で分かります。
FXや株のポジションをオーバーナイトで持ち越す場合に、参考になると思います。

【予定】5月7日(金)の発表予定 2010年5月7日 5:42

=☆印は特に注目=

・08:50 (日) 4月マネタリーベース
・14:45 (スイス) 4月失業率
・15:45 (仏) 3月貿易収支
・15:45 (仏) 3月財政収支
・16:15 (スイス) 3月実質小売売上高
・17:30 (英) 4月生産者物価指数
☆19:00 (独) 3月鉱工業生産
☆20:00 (加) 4月失業率
☆20:00 (加) 4月雇用ネット変化
☆21:30 (米) 4月非農業部門雇用者数
☆21:30 (米) 4月失業率
・28:00 (米) 3月消費者信用残高

上記の通り、外為どっとコム無料速報メールを見れば、個人運営の見辛いFXブログで経済指標の確認をする必要は無さそうです。経済指標 重要指標 重要度 ランキング

また、下記の様に、ドル円レートやNYダウ/ナスダック指数への影響度が大きいアメリカの雇用統計といった重要イベントの結果も「FX 指標速報メール」で配信されます。

【指標】米4月雇用統計 2010年5月7日 21:36

【指標】(米)4月非農業部門雇用者数
【予想】+19.0万人
【結果】+29.0万人

【指標】(米)4月失業率
【予想】9.7%
【結果】9.9%
(21:30)

上記の米雇用統計の発表による為替レートの動きも、下記の様に解説されます。馴染みが薄い株トレーダーの方には参考になると思います。

【市況】NY外為市況 2010年5月8日 5:07

NY時間のドル・円は乱高下。米4月非農業部門雇用者数の好結果を受けて、93.20円台まで上昇し本日の高値を更新した。しかし、失業率が9.9%と高水準だったことや欧米株価の下落を背景に90.80円台まで反落した。現在は米長期金利の上昇に連れ91円前半までじりじりと値を上げている。一方、ユーロは軟調地合。ユーロ・円はドイツ議会がギリシャ支援法案を可決したと報じられたことや、ドル・円の上昇に連れて一時118.70円台まで上昇した。しかしユーロ圏諸国の財政不安への懸念は払拭せず、その後に114.50円台まで下押しした。また、ユーロ・ドルも一時1.26ドル前半まで売られた。

夜中にNYダウ/ナスダックのリアルタイムを見ていると、突然ドル高やドル安になって、ダウも100ドル以上急騰/急落する時が有りますが、そういう時は大抵、こういった重要な経済指標の発表によって上下しています。

世界各国のファンダメンタルズや、政策金利も配信されます

各国の中央銀行の声明も分かります。

【発言】RBA(豪中銀)声明 2010年5月7日 11:10

・2011年、2012年の豪国内総生産(GDP)は平均を上回る見通し
・豪国内総生産(GDP)は2012年末にかけて3~4%の成長を予測

上記の声明の内容から判断すると、資源国のオーストラリアのファンダメンタルズが良さそうなので、FXで豪ドルを買うなどして、オーストラリアに投資すれば儲かるかも知れません。
豪ドル オーストラリアドル オージードル AUD 特徴

また、下記の通り、世界各国の政策金利も配信されます。

【指標】ユーロ圏欧州中銀金融政策発表 2010年5月6日 20:51

欧州中銀(ECB)は、政策金利を現行の1.00%で据え置くことを決定した。

オーストラリアの政策金利は4.50%なので、ユーロの政策金利1.00%はちょっと低めです。
ユーロ EUR 特徴

速報メールは、自分の投資スタイルに合せてカスタマイズ出来ます

外為どっとコムの速報メールは、指標・市況・発言・予定・Newsの5つのカテゴリに分類されているので、お好きなカテゴリだけを選択し受信する事が可能です。
各カテゴリは以下の内容となっております。

  1. 指標・・・各国の経済指標を配信
    【配信の時間帯】各国が予定する経済指標となるため不定期
  2. 市況・・・各市況を配信
    (東京始値・午前市況・東京前場終値・午後市況・東京終値・欧州市況・NY市況・商品市況・米株市況・米債市況・NY終値)

    市況 配信時間の目安 市況 配信時間の目安
    NY市況/商品市況 3時~6時 午前市況 11時~14時
    NY終値 5時~7時 東京終値 15時
    米株市況/米債市況 5時~8時 午後市況 15時~18時
    東京始値 9時 欧州市況 19時~22時
    東京前場終値 11時
  3. 発言・・・各国要人の発言、各国中銀の声明を配信
    配信時間の目安・・・各国の要人発言のため不定期
  4. 予定・・・各予定を配信するもの(要人発言予定・発表予定)
    配信時間の目安・・・要人発言予定:午前中/発表予定:4時~6時
  5. News・・・突発的なニュース
    (大台乗せ割れ・G8などの草案・テロやミサイルなどの世界情勢など)
    配信時間の目安・・・突発的なニュースのため不定期

さらに速報メールはカスタマイズ機能に優れていて、メール配信する曜日、時間帯、配信してほしいカテゴリを「速報メール利用設定」画面で細かく設定出来ます。

速報メール 利用設定

配信設定をカスタマイズした状態を維持したまま、全てのメールを一時停止する事も「メール配信:利用しない」と選択する事で簡単に出来ます。

速報メールは、必要な部分だけなら数秒~数十秒で読める内容ですし、余計な広告も一切入っていないので、広告だらけの大量のメールマガジンにうんざりしている方でも苦痛になりません。

私は速報メールをパソコンで見ていますが、速報メールは元々携帯用のサービスなので、文字数を少なく必要最小限の内容にまとめて有るので、忙しいビジネスマンの方にもサッと読めます。

なお、外為(がいため)という言葉があまり一般的ではないので

  • 為替どっとこむ(かわせどっとこむ)
  • 外貨ドットコム(がいかどっとこむ)

といった感じで社名を間違う方が時々いますが、正式名称は「外為どっとコム(がいためどっとこむ)」です。

(関連記事)

当ブログ管理人より

当ブログ管理人より

最後まで読んで頂き有難うございます。このブログ記事が役に立ったと思われたなら、ご家族、お友達、会社の仲間、SNS(ツイッター、フェイスブック等)、掲示板などで紹介して頂けると嬉しいです。当ブログへのリンクは自由です(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

QRコード

上のブログ記事をスマホで読めます。
(下のQRコードをスマホのカメラで読み込んで下さい。)

Scan the QR Code
おすすめ証券会社

お勧めFX会社・証券会社

女性 指示棒 教鞭

投資歴20年以上、ネット証券の口座を50社以上開設した当ブログ管理人が、初心者から上級者まで自信を持ってオススメするFX業者・証券会社です。

当ブログ管理人は、以下の業者の口座を全て開設して利用しています。

お勧めFX業者(為替取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各FX業者のサイトへジャンプします。

  1. SBI FXトレードオススメ
    FX初心者に最適なSBI FXトレード 1通貨単位で最低資金4円で取引出来ます。現金500円貰えるSBI FXトレード キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメインFX業者です。
  2. SBI FXトレードは「1通貨単位、手数料無料、資金4円から」FX取引出来るので、FX初心者も安心です。
  3. マネックスFX
    米ドル円 スプレッド豪ドル円 スプレッドが最狭水準です(FX スプレッド 比較)。FX大手でサーバーが非常に堅牢で、FX 1000通貨単位で取引出来ます。FX初心者から上級者に適しています。
  4. FX 外国為替証拠金取引業者の口座を40社以上開設し、実際にトレードした当ブログ管理人が、店頭FX 相対FX業者の「米ドル円(USDJPY)...
  5. マネーパートナーズ
    ユーロ円 スプレッドが最狭水準で、FX業者中トップクラスのFX 約定能力を誇るのでスキャルピングクルクル詐欺対策に最適です。強固なDDos攻撃対策でサーバーダウンに強くFX初心者から上級者に適しています。
  6. FX 約定能力 比較 まとめ 店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者には、指定した為替レートできちんと約定する「約定能力(や...
  7. ヒロセ通商
    FX キャンペーンが充実。他のFX業者よりも早い「月曜朝6時」から取引出来ます。1000通貨単位でFX取引出来るのでFX初心者から上級者に適しています。現金5千円と美味しい食品が貰えるヒロセ通商 ライオンFX キャンペーン実施中。
  8. FX1通貨~1000通貨業者 一覧表 FX 外国為替証拠金取引初心者・FX資金が少ない人向けの、1000通貨単位以下・手数料無料(...
  9. ひまわり証券
    為替レートの値動きを簡単操作で予測可能な「さきどりテクニカル」、デイトレード用テクニカル指標「HWBR」が無料で使えます。
  10. シストレ24限定
    自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引が出来る初心者向けのFXシステムトレードです。当ブログ限定で現金一万三千円貰えるシストレ24 タイアップ キャンペーン実施中。
  11. シストレ24 タイアップ キャンペーン 店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引のFX自動売買「インヴァスト証券 シストレ...

お勧め証券会社(株取引)

社名クリック(スマホはタップ)で、各証券会社のサイトへジャンプします。

  1. GMOクリック証券オススメ赤 osusume-red
    株取引・日経225先物取引の手数料が最安水準です。GMOインターネット 株主優待で年間1万円分の手数料が無料になるので株主優待の権利取りに便利です(株主優待 権利確定日)。株の取引手数料が最大3ヶ月間無料になるGMOクリック証券 株 キャンペーン実施中。当ブログ管理人のメイン証券会社です。
  2. 株主優待や配当金を貰ったり、株式分割などの権利を得る場合、実際にいつまでに株を買っておけば良いか、権利確定後いつ売ればいいかを、カレンダ...
  3. 岡三オンライン証券
    岡三グループ独自の株式・為替相場情報のほか、トレール注文、独自のトレードツールや自動売買ソフトがExcelで自由に作れる「岡三RSS」が無料で使えます。株の現物及び信用取引手数料が最大3ヶ月間無料になるキャンペーン実施中。
  4. 岩井コスモ証券
    5千万円までの株式現物取引の手数料が216円のマンスリーコース(1ヶ月定額制)が使えます。高額でスキャルピングやデイトレをするヘピーユーザーに最適な老舗証券会社です。
  5. 楽天証券
    株で200億円儲けたBNF氏も利用している大人気の株取引ソフトのマーケットスピード(通称マケスピ)が使えます。当ブログ管理人もマケスピで毎日情報収集しています。楽天FXの口座を開設すればマケスピ利用料が永久無料(FX取引しなくてもOK)になります。

PC・スマホで口座開設・取引可能

スマートフォン スマホ iPhone アンドロイド 女性

上記全てのFX業者・証券会社は、パソコン、スマートフォン(iPhone、アンドロイド等)、タブレット(iPad等)で口座開設申込み・取引が可能です。

FX業者は必要書類の撮影から提出まで、全てスマホやパソコンで出来るので、外出先など何処でも10分程度で申し込み出来ます。

無職・学生も無料で口座開設可能

FX 口座開設 審査基準 年齢 条件

証券会社・FX口座開設 無職 フリーター 主婦 学生どなたでも申し込みできます。

口座開設費、口座維持費、クイック入金・出金手数料などは無料なので、複数口座開設して使い分けると良いと思います。

顧客の資産保全

日本投資者保護基金

当サイトで紹介している証券会社は、全て証券保管振替機構及び投資者保護基金に加入、FX業者は全て全額信託保全を導入しているので、安心してお金を預けられます。

金融庁登録済み業者

金融庁 ロゴマーク

当サイトで紹介しているFX業者・証券会社は全て金融庁に登録されている信頼性の高い正規の国内業者です。信頼度の低い業者や海外FX業者などの無登録業者は紹介しません。

金融庁の登録業者であるかについては、金融庁のホームページにある金融商品取引業者登録一覧(pdf)で確認出来ます。

「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、FX業者として金融庁に認可されています。

トップへ戻る