JAL 日本航空 日航 会社更生法 経営破綻 上場廃止 倒産 潰れた 原因 理由 企業年金

倒産 破綻 上場廃止 再上場
この記事は約 2 分で読めます。

日本航空(JAL) 経営破綻

JAL 日本航空 日航 会社更生法申請 倒産

既に周知の方も多いと思いますが、JAL(日本航空)の会社更生法申請(倒産)が2010年2月19日(火)に決定しました。

以下、毎日新聞 2010年1月16日(土)からの引用です。

日航、更生法19日に申請 混乱回避に全力

 日本航空の法的整理に伴う金融機関の債権放棄で、数百億円から1000億円規模の国民負担が生じる可能性があることが分かった。日航向け債権の中に、政府保証付きの融資があるためで、債権放棄による回収不能分の一部は事実上、税金で穴埋めされることになる。

 日航は19日に会社更生法の適用を申請、あわせて官民出資の企業再生支援機構が出資や融資などによる支援を正式決定する。機構は既に、日航の債務のうち、担保などで保全されていない部分の83%をカットする方針を固め、金融機関に3585億円の債権放棄を求めている。

 この中には、100%政府出資の日本政策投資銀行が昨年6月に実施した670億円の危機対応融資が含まれる。債権放棄で焦げ付く分の8割を政府が穴埋めする事になっており、国民負担は少なくとも440億円に上る見通しだ。

 また、政府系金融機関の日本政策金融公庫の一部門である国際協力銀行も、日航の3000億円規模の債務を保証している。担保付きの債権がほとんどだが、500億円を超す保証の履行を求められる可能性もある。

 機構は、新生日航の財務基盤強化のため、債権放棄額を4000億円超に引き上げることも検討しており、銀行団が受け入れれば、国民負担が増える恐れがある。さらに、顧客離れなどで日航の再建が順調に進まない場合、融資や保証の多い政府系金融機関の焦げ付きが拡大。政府系金融機関支援のための国民負担が発生しかねない。

引用ここまで。

経営破綻 原因

JAL(日本航空)が会社更生法(倒産)に至った原因として

  1. 経営者の怠慢による業務改革の遅れ
  2. 中年社員の高額給料
  3. 退職者の高額年金

など、GM ゼネラル・モーターズ 破綻 破産同様、既得権益の固執による業績の悪化が潰れた理由に挙げられます。

まるで、現在の日本の縮図の様な気がします。

ちなみに会社更生法に至ったJAL(日本航空)ですが、今後の社員の給与水準は相変わらず他の民間企業の平均と比べると遥かに高いです。

退職者に関しても同様で、60%企業年金がカットされても40万円もの企業年金が支給されるそうです。

この原資は、もちろん国民の1000億円の血税です。
国民をナメ過ぎですね(‘A`)

日本航空(JAL) 株式について

株価は最後1円に

会社更生法申請が決定したことで、日航株は先週からデイトレードやスキャルピングで短期的な利ざやを狙うマネーゲームとなっており、出来高は数億株に膨らんでいます。

遅延が多発したライブドア上場廃止の時とは違って、2010年から導入された最大で従来の600倍の処理速度を誇る東証の新システム「アローヘッド arrowhead」によって、膨大な注文を遅延する事無く捌いている様です。

法的整理に伴う上場廃止でJAL(日本航空)の株は無価値となることから、株価は下値を切り下げ、いずれJAL 日本航空 最終株価 1円になると思われます。

JAL 日本航空 日航 100%減資 10割減資 法的整理 最後 最終売買 最終株価 終値1円
本日2010年02月19日、JAL(日本航空)最後の取引が終了しました。終値(最終株価)は「1円」でした。以下、時事ドットコムのサイトから一部引用です。日航株、1円で最終取引=上場48年の歴史に幕 19日に最終取引日を迎えた日本...

最終的に株券は紙クズに

暴落 下落 急落

経営破綻となるJAL(日本航空)の再建計画には、支援機構が第三者割当増資の引き受けによって日航に3千億円を出資するとともに、既存株式の100%減資を実施する事が明記されています。

100%減資なので、最終的にJAL(日本航空)の株券は紙クズになると言う事になります。

マイレージ、株主優待券について

マイレージや優待券は無効にならない

支援機構は「JAL(日本航空)利用客のマイレージや株主優待券は、今後も利用出来るようにする」と公表しています。
マイレージやJALの株主優待券を持っている方は、とりあえず安心ですね(^_^)

ただ、マイレージや株主優待の原資は、国民の1000億円の血税と思われます_| ̄|○

JALが嫌いな方や、血税をつぎ込まれるのが嫌な方は、ANAカードを作ってANAのマイレージを貯めるといいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)