この記事は約 3 分で読めます。

サクソバンク証券 FX 約定力 約定能力 約定率 高い 約定拒否 スリッページ

サクソバンク証券FX 約定能力

非常に高い約定能力

サクソバンク証券 FX 約定力 約定能力サクソバンク証券FXの約定力は非常に高いです。
約定率が高いので、約定拒否やスリッページが起こる事はほとんど有りません。

スリッページとは? 意味 説明 解説 スリッページとは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の...

サクソバンク証券FX 公式サイト内容

以下、サクソバンク証券FXのサイトからの引用です。

相場急変時の約定に強い

矢野経済研究所が2018年3月に実施した、2月の米国雇用統計発表前後の約定率調査において「約定率100%、スプレッドは4社中1位」となり、サクソバンク証券FXの高い約定力が確認されました。

(調査対象はサクソバンクほか3社。:原則固定スプレッドを採用している会社でも相場急変時はスプレッドが拡大しました。

米雇用統計発表時の約定率100%

下の表は米国雇用統計発表前後の約定率です。調査対象は指標発表前30秒から発表後6分間で、各社で132~156注文を発注しています。

サクソバンク証券FX 矢野経済研究所 約定率調査

(株) 矢野経済研究所調べ (2018年3月)

引用ここまで。

サクソバンク証券FX 約定力解説

多数の銀行から流動性確保

海外 ネットワーク

サクソバンクには、世界中のトレーダーからの売買注文がインターネット経由で届きます。
その注文は、複数のパートナー金融機関との協力のもと、瞬時に処理されます。

多数の欧米大手銀行から流動性を確保しているサクソバンクだから大口の取引でも難なく約定させてしまうのです。ハイクオリティなIT環境とグローバルな金融機関とのネットワーク。

これが、約定拒否やスリッページで悩まない高い約定力の秘密です。

他社は約定拒否や滑りが発生

FXの取引の大きな問題として挙げらるのが、「使用しているFX業者によっては、約定拒否やスリッページ(スリップ)が発生して損をする事が度々ある」と言う点です。

スリッページとは? 意味 説明 解説 スリッページとは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の...

FX取引経験の少ない方や、FXデイトレーダーの方は「スプレッド、手数料無料」などを重視しがちです。

FX スプレッドとは? 意味 スプレッド(Spread)とは、英語で「広がり、値幅、差額」という意味です。金融では一般的に、各国の...

FX スリッページ

ところが見た目のスプレッドが狭くても、いざ注文すると注文が不利なレートで約定するスリッページ(滑り)が発生して実質的な取引コストが見かけほど安く無かったり、注文自体が拒否されてしまう「約定拒否」が多ければ、意味が有りません。

スプレッドが狭く手数料が0円でも、注文が通らなければFXで利益は出ないのですから。

サクソバンクは大口取引も高約定力

FX スリッページ無し

その点、サクソバンク証券FXは、高い約定能力を持つためスリッページが少なく、数百枚単位の大口注文でもスムーズに約定出来る利点が有ります。

サクソバンクFXでは、世界中のトレーダーから売買注文を受け付け、多数の欧米大手銀行からも流動性を確保している世界有数のFX業者なので、大口取引でもズバ抜けた高い約定力が可能となっています。

サクソバンク証券FX 特徴

約定拒否・サーバーダウン・滑り無し

サーバー システム 正常

サクソバンク証券FXは「約定拒否無し、サーバーダウン無し、経済指標 重要指標の発表時以外はスリッページ(滑り)する事は無し」と三拍子揃っている優れたFX業者です。

スプレッドが広がる事はあっても、スリップは指標の発表で為替が乱高下している時を除けば、ほぼ有りません。

経済指標とは? 意味 説明 解説 「経済指標(重要指標)」とは、世界各国のファンダメンタルズ(経済的基礎)要因である「経済状況...

サクソバンク証券FX 注意点

SAXO系はインターバンクの為替レートの値動きに非常に敏感に反応するため、目で見て発注するまでのわずかな時間にレートが動いてしまい、それをスリップしたと勘違いする場合が有ります。

サクソバンク証券FXの「口座開設費、口座管理料」などは一切無料です。

(サクソバンクFX証券 関連記事)


公式サイトはこちら 赤ボタン

トップへ戻る