この記事は約 2 分で読めます。

株 FX サーバー サーバーダウン

FX 比較 ← FX会社各社のサーバー安定性(システム安定性)比較

1.サーバーとは、データを提供したり、注文を受け付けるシステム

サーバ サーバー サーバーダウン

サーバー(サーバ server)とは、「ネットワークで繋がったコンピュータ上で、他のコンピュータにファイルやデータ等を提供するコンピュータ、またはそのプログラム」を指します。

株やFX 外国為替証拠金取引では、証券会社やFX会社のサーバーが顧客に対して株価や為替レートといったデータを提供したり、顧客からの注文を受け付けて処理しています。
サーバーダウンとは、これらのサーバーが障害により停止するシステム障害の事を指します。

証券会社やFX会社の選ぶ際に、多くの方は、手数料やスプレッドの狭さ、信託保全、会社の知名度、トレードツールの使いやすさ、情報提供量の多さといった点を重視されていると思いますが、証券会社やFX会社を選ぶ際には、サーバーの安定性も非常に重要です。

2.サーバーの処理能力が低いと、取引に支障が出ることも

証券会社やFX会社のサーバー処理能力が低いと、注文を受け付けなかったり、注文が遅延したり、スリッページが多発したり、トレード中のサーバーダウンによって、大きな利益を得るチャンスを逃してしまうばかりでなく、逆に大きな損失を出してしまう場合も有ります。

特に手数料やスプレッドの狭い格安系の証券会社やFX業者には非常に多くのトレーダーが殺到するため、このようなシステムダウンの障害が起きやすい傾向が有ります。

3.高いサーバー安定性 外為どっとコム マネーパートナーズ

サーバーの安定性の重要性をしっかりと把握している店頭FX 相対FX取引のマネーパートナーズ パートナーズFX外為どっとコム(がいためどっとこむ)といった大手のFX会社は、HP(ヒューレット・パッカード)社の「HP Integrity Superdome(スーパードーム)」という高価なサーバー(写真上)を導入し、高いサーバーの安定性を誇ります。

これらのFX会社は、サーバーのメンテナンスやトラブル対策などに対して多くのコストと人手を投入しているので、サーバーの安定性が全FX業者の中で最も高いです。
特にマネーパートナーズ パートナーズFXは約定能力もスバ抜けて高く、お奨めのFX業者です。FX 約定能力 比較

株やFX初心者の方は、証券会社やFX会社のサーバーの安定性といった点に関しても、注意して業者を選択されるといいと思います。

ただし、サーバーの処理能力がいかに高くても、取引システムのプログラムのバグによる「システム障害」「異常レート」などは、残念ながら防ぐ事は出来ません。

(関連記事)

(関連リンク)

トップへ戻る