この記事は約 1 分で読めます。

スリップページ

FX スリップページ 意味

スリップページ(Slip Page)とは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の約定価格がズレることを指します。

FX スリッページ スリップ 滑り

なお、一般的には「スリップページ」では無く、スリッページと呼ばれる事が多いです。

スリップページが起きる状況

男性 雪 転ぶ 転倒

スリップページは、米国雇用統計といった重要な経済指標 重要指標の発表直前/直後などで為替レートの値動きが荒い時に、特に発生しやすい傾向が有ります。

またサーバーが強く、FX 約定力 約定能力が高いFX業者はスリップページが起きにくく、反対にサーバーが弱かったり、スプレッドが狭いFX業者はスリップページが発生する事が多いです。

スリップページが起きる注文

スリップページは、主にストリーミング注文(成行注文)、逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)で発生します。

ストリーミング注文の場合

円高 ドル安 ユーロ安 ドル暴落 ユーロ暴落

ストリーミング注文(成行注文)の場合、為替相場が安定している時は現在の価格と同じ価格で約定します。

しかし、為替相場が急変している場合は、注文ボタンを押した時とその情報がFX会社(FX証券会社)に届くまでの一瞬の間に為替相場が動いてしまうので、スリップページが発生します。

逆指値注文の場合

FXの逆指値注文は元々「指定した価格になったらストリーミング注文(成行注文)執行する」という注文方法なので、為替相場が急変している場合は、ストリーミング注文と同様にスリップページが発生します。

トップへ戻る