スティーブ・ジョブズ 死因 死去 原因 病名 病気 すい臓がん 享年56歳

スティーブジョブズ 死去 すい臓がん アメリカ ニュース
この記事は約6分で読めます。

スティーブ・ジョブズ 死去

2011年10月5日死去 享年56歳

アップル(AAPL.O)は、病気療養中のスティーブ・ジョブズ取締役会会長が2011年10月5日に死去したと発表しました。享年56歳でした。

ジョブズ氏は現地時間5日午後3時頃に、カリフォルニア州パロアルトの自宅で妻や親族に看取られながら、息を引き取りました。

心からご冥福を、お祈り致しますm(__)m

アップルのサイトで追悼

アップルはホームページ(http://www.apple.com/)のトップに、ジョブズ氏の白黒写真を全面に掲げ、追悼の意を表しています。(写真下)

スティーブ・ジョブズ steve jobs

そしてアップルのサイトには、以下の文章が書かれています。

Apple has lost a visionary and creative genius, and the world has lost an amazing human being. Those of us who have been fortunate enough to know and work with Steve have lost a dear friend and an inspiring mentor. Steve leaves behind a company that only he could have built, and his spirit will forever be the foundation of Apple.

If you would like to share your thoughts, memories, and condolences, please email rememberingsteve@apple.com

日本語の翻訳

Appleは先見の明と創造的な天才を失い、世界は驚くべき人間を失いました。

幸運にもスティーブを知り、一緒に仕事をしてきた私たちは、親愛なる友人と刺激的な指導者を失いました。

スティーブは、彼だけが築くことができた会社を残しました。彼の精神は永遠にアップルの礎(いしずえ)となるでしょう。

あなたの考え、思い出、そして哀悼の意を共有したい場合は、電子メールを送ってください

スティーブ・ジョブズ氏とは?

米アップルのCEO

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏は、アップルの共同創設者で長年CEO(最高経営責任者)を務めた方です。

時々「Steve Jobs」を「スティーブ・ジョブス」と間違って呼ぶ方が居ますが、正しい名前は「スティーブ・ジョブズ」です。(末尾が「ス」では無く、「ズ」です。)

Mac、iPhone等を開発

ジョブズ氏は。

  • Appleコンピューター
  • Apple II
  • マッキントッシュ
  • iPod(アイポッド)
  • iPhone(アイフォーン)
  • iPad(アイパッド)

など、優れたハードを世に送り出した類稀なる才能を持った人物でした。

↓中央の▲ボタンを押すと、ジョブズ氏のプレゼン(スピーチ)YouTube動画が視聴出来ます。

MacやiPhoneでITを身近に

パソコンにマウスを付け、「クリック」や「ドラッグアンドドロップ」といった簡単な操作で、専門家では無く誰でもパソコンを使えるようにしたのも、ジョブズ氏です。

当ブログ管理人の様なバカでも、マウスを使って簡単にパソコン操作が出来る様になったのは、全てジョブズ氏のお蔭と言っても過言では有りません。

スマホから出てくる 女性 女の子

女性「スマホで友人とのコミュニケーションやゲームを楽しんだり、株取引やFXで投資したりも出来る様になりました。」

FX iPhone アイフォン Android アンドロイド iPad Windows Phone スマートフォン スマホ アプリ
店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者のiPhone(アイフォン)、iPad(アイパッド)、Google Android(グーグル アンドロイド)携帯、Windows Phone(ウインドウズフォン)などのスマートフォン対...

いつも同じ服装

我らのジョブズ様は、まるでアニメに出て来るキャラクターの様に、いつも同じファッションで人前で演説する事でも知られています。

スティーブジョブズ 写真 1998年から2011年

ジョブズ様は、常に青いジーパン(青いジーンズ)・黒いTシャツ(黒いタートルネック)というシンプルな格好です。

スティーブ・ジョブズ氏 死因 病気

死因は膵臓癌(すい臓がん)

ジョブズ氏の死因ですが、カリフォルニア州サンタクララ郡の公衆衛生局(保健所)が発行した死亡証明書によると、死んだ原因は「膵臓癌(すい臓がん)」です。

直接の死因は「転移性のすい臓の腫瘍による呼吸停止」によって亡くなりました。

死亡診断書によると、ジョブズ氏は過去5年間、すい臓に出来た移転性の神経内分泌ガンに侵されていました。

ジョブズ氏は2005年6月12日、スタンフォード大学(Stanford University)の卒業式での祝賀スピーチで「すい臓がんの腫瘍は手術で摘出した」と語っていました。

しかし、その後再発し、完治には至らなかった様です。

↓中央の▲ボタンを押すと、スピーチが視聴出来ます。

アップルは徹底した秘密主義の企業で、情報漏洩に対して厳しいので、ジョブズ氏の病名や健康状態は公表されていませんでした。

しかし、ジョブズ氏の長期に渡る癌の闘病生活は周知の事実となっていました。

手術を拒み続けた事が命取りに

ジョブズ氏は当初、病院の検査で「すい臓癌」が見つかった際に、幸いにも手術で治る状態でした。

ところが手術を拒み続け、針治療や食餌療法(しょくじりょうほう)で癌を直そうとしました。

そして手術が遅れ、病状が悪化したのが命取りになってしまった様です。

上のジョブズ氏が同じ服装で沢山並んでいる写真を見ると、我らがジョブズ様が癌に蝕まれて2007年あたりから急激にやせ細っていくのが如実に分かります(´;ω;`)

膵臓癌(すい臓がん)について

膵臓癌(すいぞうがん)は最も恐ろしい癌の1つで、特有の自覚症状が有りません。

しかも、膵臓は胃の後ろに有るのでエコー検査で発見し辛く、早期発見が非常に難しいという特徴が有ります。

見つかった時は既に「手遅れ → 死去」となる場合が殆どです。

膵臓癌は、肝臓がん(かんぞうがん)などに比べ、がんの進行が早いうえに、膵臓の周りにはリンパ節が沢山有るので他の臓器に転移しやすいです。

すい臓がん 原因 症状

膵臓癌を引き起こす原因として「高脂肪食、肉食、飲酒、喫煙」などが挙げられます。

特に喫煙は、すい臓がんの発生リスクを4倍も高めると言われています。

尚、膵臓癌を発症すると「背中が痛くなる」という症状が発生する様です。従って背中が痛い方は、膵臓癌の可能性を疑った方が良いかも知れません。

今後のアップルの動向は?

アップルの成功はジョブズ氏の力によるものが非常に大きかったので今後、アップルが革新的な製品を市場に出し続けられるかどうかの疑問が浮上しています。

株トレーダーの当ブログ管理人としては、今晩のアップルの株価が気になります。

アップルは、ナスダック100指数の採用銘柄で、しかも世界最大の時価総額を持つ企業です。

チャート 下落 女性 女の子 OL

女性「ですからナスダックはもとより、NY株式市場全体にも影響を及ぼす可能性が有りそうです。」

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    なお、時々「スティーブ・ジョブス」と間違って呼ぶ方が居ますが、正しい名前は「スティーブ・ジョブズ」です。
    って同じ?

  2. 分かり図らい説明で、申し訳有りませんm(_ _)m
    末尾が「ス」では無く、「ズ」が正解という事です。
    言われてみれば確かに分かり図らいので、本文を修正致しました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)