この記事は約 1 分で読めます。

レバレッジ規制 レバ規制 店頭FX 相対FX くりっく365 大証FX 25倍まで

FX レバレッジ規制 10倍 いつから 2018年 ← 新レバレッジ規制の最新情報はこちらです。

FX 新レバレッジ規制 2017年(平成29年)9月27日の日本経済新聞電子版に「金融庁はFXの証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検...

金融庁がFX 外国為替証拠金取引レバレッジを25倍までに制限する案を出しました。
以下、日本経済新聞(2009年5月21日 朝刊)より引用です。

金融庁、FXの証拠金倍率規制、「25倍まで」案を提示

金融庁が20日、複数の外国為替証拠金取引業者に対し、顧客が預けたお金の何倍の取引を受けつけるかを示す「証拠金倍率(レバレッジ)」を25倍までに制限する規制案を示したことが分かった。
何百倍もの取引を受けつける業者が相次いでおり、規制で過度の投機的取引を抑えるのが狙い。

FX取引では顧客は証拠金を業者に差し入れることで、取引規模を何倍も膨らませることができる。
相場の読みがあたれば利益が膨らむ半面、裏目に出れば損失は大きくなる。FX業者は顧客をひき付けようと、倍率の引き上げを競ってきた。

引用ここまで。

今回のFXレバレッジ規制(FX証拠金倍率規制)は、店頭FX 相対FXだけでなく、元々最大レバレッジが低めな「くりっく365大証FX」にも適用されます。

2009年4月24日の記事(FX レバレッジ規制 理由 なぜ?)でも書きましたが、為替レートは株価に比べると変動幅が非常に小さいので、せめて50倍ぐらいはレバレッジがあった方がいいと思います。

というか、レバ規制の目的は金融庁の天下り先確保の様な気がしないでも無いですが・・・
くりっく365 天下り

トップへ戻る