この記事は約 3 分で読めます。

ホクト 株主優待 キノコ カレー 権利確定日 権利確定月 いつ頃届く いつ来る 発送時期 発送日

ホクト 株主優待 到着

ホクト

一昨日、ホクトから株主優待が届きました
株主優待とFX キャンペーンの権利取りは、当ブログ管理人の趣味なので(^ω^)

ホクト 会社概要

ホクト株式会社東証1部上場 証券コード:1379)は、日本唯一のキノコの総合メーカーで、地盤の長野を中心に全国でキノコの生産を展開しています。

ホクトは「ブナシメジ、エリンギ」の生産に関しては業界首位の、キノコの製造販売企業です。

2006年から海外展開

usa-A3E6A3ECA3E1A3E7

日本国内は長期的には少子高齢化で人口が減少する事から、ホクトは2006年に米国工場、2008年には台湾工場を設立し、キノコ生産・販売の海外展開を進めています。

近年、世界各国では食のヘルシー志向、消費者の健康意識の高まりなどの傾向が有るので、今後は低カロリーで体に良い、ホクトのキノコの需要拡大が見込まれそうです。

ホクト 2016年10月発送 株主優待 内容

ホクトから当ブログ管理人に届いたのは、きのこ詰合せセットです。

エリンギ 霜降りひらたけ マイタケ エリンギカレー マイタケカレー きのこの炊き込みご飯の素

ホクト 2016年 平成28年 3月末 権利確定 株主優待 内容
  1. 新潟県産 エリンギ 100g×1
  2. 長野県産 霜降りひらたけ×1
  3. 長野県産 マイタケ 100g×1
  4. エリンギカレー 200g×1
  5. マイタケカレー 200g×1
  6. きのこの炊き込みご飯の素×1
  7. キノコ料理レシピ集×2

となっています。

ホクトは2013年8月に、大手食品メーカーのレトルト食品製造を手掛ける「株式会社アーデン」を買収、子会社化しました。

その為、ホクト 株主優待 2013年よりカレーが追加されています。

ホクト 株主優待 ← 最新~過去のホクトの株主優待の記事一覧。

ホクト 株主優待 発送時期 いつ届く?

鍋

ホクトの株主優待が年何回届くかですが、株主優待が届くのは年1回です。
事前の申込み等は必要無いので、ホクト株を買えば自動的に送られてきます。

ホクトの株主優待が、いつ頃届くかですが、そろそろ鍋が食べたくなる10~11月が発送時期です。優待確定は3月末ですが、秋に送ってきます。

当ブログ管理人の場合は2016年10月29日(土)に到着しました。

ホクト 株主優待 詳細データ

優待内容 株価 単元株数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り
100株以上
自社きのこの詰合せセット
2,044円 100株 204,400円(100株) 3月末日 不明 2.94%

ホクトは連続増配を続けているので、配当利回りが高めです。
優待利回りは、キノコの定価が分からないので不明としました。

権利確定日は3月末日となっていますが、株主優待を貰うには権利確定日の3営業日前の権利付き最終日までに株を買う必要が有ります。

詳しくはこちら → 株主優待 配当金 権利付き最終日 権利落ち日 権利確定日 カレンダー

ホクト きのこ 料理方法

みそ汁、野菜炒め、バター炒め、麺類

私は、あまり料理は得意ではないのですが、各種キノコの根元の部分を5mm~1cmぐらいカットして捨て、残りを食べやすい大きさにカットして、みそ汁、野菜炒め、ホウレンソウのバター炒め、パスタなどに入れて使っています(^_^)

日本製麻 株主優待 パスタ スパゲッティと組み合わせて使うのも、グッドです(`・ω・´)

「料理なんて全く作らない、作るとしたらインスタントラーメンぐらい」と言う方の場合は、おもむろにラーメンの麺と一緒に投げ込んで煮ればOKです。日清食品ホールディングス 株主優待 ラーメン

あらゆる料理に使用可能

キノコは元々クセが無いので、どんな料理にも合う使い勝手の良い食材です。
キノコは他の野菜と違い、水洗い不要なので扱いも簡単です。

ちなみにキノコはあまり日持ちしないので、届いたら冷蔵庫の野菜室に入れ、早めに食べた方が良いです。なるべくキノコを直立させて置いた方が長持ちすると思います。

ホクト 株主優待 オススメ度 ランキング

オススメ度 

料理中 調理中 クッキング

オススメ度は、星3つ(普通)としました。

優待が届くのは年1回のみで、ぶっちゃけ送られてくるホクトのキノコはスーパーの特売で100円しないので金額的には優待の価値は大した事は有りません。

しかし、株主優待の権利を得るのに必要な金額がさほど高くなく、配当利回りが高いので評価を普通にしました。
それに、何だかんだ言っても食べ物が届くのは、やはり嬉しいです(^_^)

トップへ戻る