フォーランドフォレックス フォーランドオンライン 強制決済 メール 強制ロスカット

システム障害 行政処分
この記事は約 2 分で読めます。

フォーランドフォレックス フォーランドオンライン

フォーランドフォレックス(Foreland Forex)「フォーランドオンライン(Foreland Online)」で2010年1月26日の正午より、新規注文の受付が停止になっている件ですが、フォーランドフォレックスから3通目のメールが来ました。
内容的には強制決済予告メールに近いです。

以下、フォーランドフォレックス「フォーランドオンライン」からのメールより引用です。

==========================================================
【重要】2010年1月28日(木)以降の取引について
==========================================================

2010年1月28日(木)以降の取引、及びフォーランドフォレックスが自己資金等で
建玉数量に見合う保証金を預託出来ない場合の対応等につきまして、
現時点までに多数のお問い合わせを頂戴致しておりますが、
現在、カバー先金融機関や信託銀行などへの確認作業を急いでいる
状況でございますので、詳細情報が入り次第、
メール及び取引画面TOPのお知らせ欄等にてお客様皆様方に
速やかにお知らせさせて頂きます。
大変恐縮ではございますが、今しばらくお待ちくださいますよう
何卒宜しくお願い申し上げます。

また、お問い合わせの電話が集中し繋がりにくい状況にありますこと、
及びお問い合わせのメールへの返信にも時間を要しておりますことを
深くお詫び申し上げます。

なお、本日1月27日(水)正午時点までの情報と致しまして、
皆様方のご協力によりフォーランドフォレックスの総建玉数量は緩やかに減少を続けておりますが、
想定される必要決済数量から見ると圧倒的に不足している現状
変わりはございませんので、本日も継続して保有建玉の全部又は一部を
決済する事による建玉縮減の検討をお願い致したく存じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特に、100万通貨単位以上の建玉を保有されている方で、
評価益が発生しているなど建玉を決済しやすい状況にある方は、
是非とも建玉縮減をご検討くださいますよう
何卒宜しくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーランドフォレックスと致しましても、お客様が決済注文を発注可能な現在の状態を
可能な限り維持するために、最大限の努力を続けてまいりますが、
期日等につきましては各金融機関との交渉の中で定められることとなり、
近日中にも現在の状態を維持できなくなる可能性がございます。
また、特に南ア・ランド円などの流動性がドル円などと比べて乏しい
通貨ペアにおいては、大量の建玉決済が一時期に集中すると
マーケット変化に対する影響が大きくなるため、
その観点においても、現在の状態が維持できている間の早い時期での
建玉決済をご検討頂くことをお勧め致したく存じます。

───────────────────────────
本メールは通知内容の重要性を鑑み、メール送信設定画面内
「メンテナンス通知等」の送信ON/OFF設定にかかわらず、
全てのお客様にメールを送信させて頂いております。
───────────────────────────

なお、本メールにつきましてご不明な点などがございましたら、
メールもしくはフリーダイヤル(0120-446-928)にて
お気軽にお問い合わせください。

今後とも「Foreland Online(フォーランドオンライン)」を
ご愛顧頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

引用ここまで。

2010年1月28日 7時から強制決済か?

フォーランドフォレックス「フォーランドオンライン」からの強制決済予告メールを見ると

「想定される必要決済数量から見ると圧倒的に不足している現状に変わりはございません」

となっており、かなり厳しい状況の様です。

さらに、フォーランドフォレックスからの強制決済予告メールを見ると

特に南ア・ランド円などの流動性がドル円などと比べて乏しい
通貨ペアにおいては、大量の建玉決済が一時期に集中すると
マーケット変化に対する影響が大きくなる

と書いてあります。

インヴァスト証券「くりっく365」のランド/円 BID値の日足チャート(クリックで拡大)

インヴァスト証券 くりっく365 ランド円 暴落 異常レート 日足チャート

この前の「くりっく365 ランド円暴落事件」の様に、フォーランド1社の影響でランド円が暴落するのでしょうか?
「くりっく365 ランド円暴落事件」と、今回の「フォーランドフォレックス強制決済騒動」のダブルパンチを食らった人もいそうです(‘A`)

いや、待てよ?
「強制決済されるタイミングで、ランド円のショート」をすれば儲かるかも!?ヽ(´ー`)ノ
(投資は自己責任でお願いします。)

現実問題として、フォーランドフォレックス1社の影響で為替相場が暴落するとは思えませんが、フォーランドの利用者の中にはスワップ目的で100万通貨単位でポジションを持っている方も多いので、ランド円といったマイナー通貨ペアの場合、少なからず相場に影響を与えるかも知れません。

今回のフォーランド事件に対する、我々の対応は?

今回のフォーランドフォレックス事件は、信託保全義務化に伴う一過性の特殊要因が原因で起きた事件です。
よって今後、フォーランドフォレックスで、同じ事件が繰り返し起こる可能性は、ほぼ無いと言えます。

尚、「フォーランドフォレックス フォーランドオンライン」は、ポジションの持ち越しにより発生するスワップポイントが、業界最高水準の金利で有名なFX業者ですが、常時必ずしも全ての通貨ペアにおいて、スワップ金利がFX業界一位という訳では有りません。

FX スワップポイント 比較 一覧表

よって、フォーランドフォレックスが不安なスワップ派の方は、スワップが多く、全額信託保全(完全信託保全)を導入している他社のFX口座をいくつか開設して、フォーランドオンラインのFX口座と併用される事をお奨めします。

FX 比較 ← FX業者各社の信託保全導入状況

なお、「フォーランドフォレックス フォーランドオンライン」に関する当サイトの他の記事は、下のリンクをクリックすれば閲覧出来ます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)