この記事は約 3 分で読めます。

FX業者 倒産 破綻 廃業 潰れた場合 ポジション

FX業者 統合 廃業

FX 外国為替証拠金取引業者は、一時期は150社ぐらいありましたが、現在はかなり減っています。

FX業者 事業撤退 事業統合 理由

倒産 破綻 潰れた

  1. FX キャッシュバックで小遣い稼ぎをする顧客が増えている。
  2. 事実上の取引手数料であるスプレッドが、FX業者間で熾烈な引き下げ競争が行われている。
  3. リーマンショック時の急激な円高で、FXで損をして資金を失い、FXから撤退した顧客が多い。
  4. FX レバレッジ規制の導入で、レバレッジが最大25倍までに規制され、取引量が減っている。

FXは、銀行などの金融機関に比べれば参入障壁が低く、以前は簡単に事業を開始出来た事もあり、多くの企業が参加しましたが生き残りは難しく、既に淘汰や統合はかなり進行しています。

倒産した場合、預けている資金は?

FX業者が突然潰れ、お金が返って来なくなるといった事は有りません

信託保全が義務化され、法整備も整った現在ではFX業者が突然、倒産・破綻してお金が返って来なくなるといった事は一切無くなりました。

FX 信託保全 全額信託保全 完全信託保全

信託保全とは? 信託保全(信託分別管理)とは、顧客(FX取引をしている方)から預かった証拠金を、FX業者の財産と区別した上で第三者(主...
FX業者が潰れた場合 まず、FX 外国為替証拠金取引の信託保全について、おさらいします。 FX業者は顧客(FX取引をしている方)から...

ただ倒産・破綻では無いものの、FX事業を他社に売却して撤退したり、他社と統合する例が最近は多いです。

例えば、2011年にNTTの系列会社であるNTTスマートトレードはFX事業から撤退し、FX業務をカバー取引先であるセントラル短資FXに移管しています。

NTTスマートトレードの様にFX事業を他社に移管すれば、ポジションや資金は移管先のFX会社に、そのまま引き継がれます。

自主廃業した場合、顧客の資金は?

男性 女性 夫婦 お金 降る

FX事業を他社に移管せずに自主廃業となった場合も、倒産したFX業者の社長が札束持ってドロンする訳では無いので資金が返って来ないと言う事は有りません。

自主廃業の場合、ポジションは全て自動決済となり、証拠金は出金先として登録した銀行口座に自動的に振り込まれます

ただし自主廃業の場合は、為替相場が悪い時期でも強制的に口座の解約を迫られるので、含み損を抱えたポジションも強制的に決済されます。

この場合は、ポジションを塩漬けし時間を掛けて良い相場を待ちたいという戦略の人にとっては問題が大きいですし、慣れていたFX取引システムも使えなくなります

FX会社の自主廃業を避けるには?

自主廃業によるポジションの強制決済が心配な方は、以下に挙げる「資本金・口座数・取引量の多い大手FX会社」を選ぶと良いと思います。

資本金や取引量の少ないFX業者は、いずれFX事業を終了したり他社と統合し、生き残るFX業者は相当少なくなるはずです。

かぶ美(FX初心者)
株取引のネット証券会社は
確か40社ぐらいですよね。

えふ子
FX業者も最終的には
その位の数に統合されるかもね。
トップへ戻る