この記事は約 3 分で読めます。

ケーヨーデイツー ケーヨーD2 株主優待カード 株主様ご優待カード 10%割引 1割引 割引券 割引カード 権利確定日 権利確定月 いつ頃届く 発送時期 発送日

ケーヨー 株主優待 到着

昨日、ケーヨーから株主優待が届きました
株主優待とFX キャンペーンの権利取りは、当ブログ管理人の趣味なので(^ω^)

ケーヨー 会社概要

株式会社ケーヨー東証1部上場 証券コード:8168)は関東地盤に中部、関西など全国で大手ホームセンター「ケーヨーD2(デイツー)」をチェーン展開しています。

1991年(平成3年)11月から店名を「ケーヨーホームセンター」から「ケーヨーデイツー」に変更しています。

店舗数が多く低価格

ローコスト

ケーヨーデイツーは、ホームセン夕一の枠を超えた「暮らし総合店」として、DIY、家庭用品など顧客ニーズに合わせた商品を低価格で消費者に提供し、確実に店舗数を伸ばしています。

ケーヨーデイツーは他のホームセンター、家電量販店、スーパー、ドラッグストア等と同等、もしくはさらに安い価格で商品を販売している事が多いので、当ブログ管理人は家族で頻繁に利用しています(`・ω・´)

ケーヨー 株主優待 内容

ケーヨー株を1000株保有している当ブログ管理人に届いたのは、10%割引で買い物が出来る株主様ご優待カードです。

ケーヨー 10%割引カード

ケーヨーデイツー ケーヨーD2 株主優待カード 株主様ご優待カード 10%割引 1割引 割引券

一部商品、サービスを除き、全商品10%割引で買い物が出来ます。

ケーヨー 優待カード 使い方

店員 レジ

株主優待カードの使い方ですが、レジで会計時に出せば1割引になります(現金でのお買上げのみ対象となります。)

優待カードに回数制限は無いので、有効期間内の半年間なら何回でも使えます。

優待カードは本人だけでなく同居の家族も使えます。

なお優待カードの使い方は、優待カード裏面、優待カードの台紙、ケーヨー 公式ホームページ 株主優待制度にも記載されています。

関東地方を中心に全国にケーヨーD2を約180店舗チェーン展開。DIY用品から園芸・カー用品・ペット用品・インテリア・日用品・家電・文具等、ふだんの暮らしに役立つ商品を多数品揃え。

ケーヨー 優待カード 裏面

スマホで見ずらい場合はピンチアウト(画面を二本の指で広げる動作)で拡大して下さい。

ケーヨーデイツー ケーヨーD2 株主優待カード 裏面 使い方 使用方法

ケーヨー 株主優待 送付日 有効期限

郵便

ケーヨーの株主優待が年何回届くかですが、株主優待の送付は年2回です。
事前の申込み等は必要無いので、株を買えば「株式関係書類 在中」と書かれた白い封筒で自動的に送られてきます。

ケーヨーの株主優待が、いつ頃届くかですが、当ブログ管理人の発送日は以下の通りです。

権利確定日 優待到着日 優待券 使用期限
2月末日 2018年5月23日 2018年6月1日~2018年11月30日
8月末日 2018年11月6日 2018年12月1日~2019年5月31日

ケーヨー 株主優待 詳細データ

優待内容 株価 単元株数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り
1000株以上
優待カード(10%割引) を年2回
561円 100株 1000株
561,000円
2月末日
8月末日
2.23%

単元株数 株売買単位は100株ですが、株主優待を貰うには1000株以上保有する必要が有ります。

以下とは? 以内とは? 未満とは? 以上とは? 超とは? 「以下、以内」と「未満」の違い 「以下、以内」と言う言葉は、その数を含みま...

権利確定日は2月末日・8月末日となっていますが、株主優待を貰うには権利確定日の3営業日前の権利付き最終日までに株を買う必要が有ります。

株主優待 配当金 カレンダー 株主優待や配当金を貰ったり、株式分割などの権利を得る場合「いつまでに株を買っておけば良いか、権利確定後い...

ケーヨー 株主優待 オススメ度 ランキング

オススメ度 

オススメ度は、星3つ(普通)としました。

近くに店舗が有ればオススメ

工具 ニッパー

ケーヨーD2は元々低価格で商品を販売していますが、株主カードを使えば、さらに1割引きで買えるので、よく利用される方は6ヶ月間の割引はかなりお得です。

ただ、近場にケーヨーD2の店舗が無いと使い図らいほか、株主優待の権利を得る必要金額が多めなのが欠点です。

ネット通販の台頭には要注意

又、投資対象として考えた場合、実店舗での小売業は楽天市場Amazon アマゾンなどのネット通販に押され気味なのも気になります



トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)