この記事は約 2 分で読めます。

FX 外貨預金 手数料 比較 違い どっち

FX 手数料

店頭FX 相対FX

FX 外国為替証拠金取引の手数料は、店頭FXならスプレッド(FXで外貨の往復の交換にかかるコスト)が1米ドルあたり0.27銭程度と格安です。

FXとは? 意味 FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語の場合「外国為替証拠金取引」と言う意味になります。 ...

SBI FXトレードのスプレッドです。
SBI FXトレード スプレッド

FXは1万ドル(1ドル100円の場合、日本円で100万円相当)の運用で往復27円程のコストです。

FXのコスト

10,000(ドル)×0.0027円(スプレッド)= 27円(往復のコスト)

FXは手数料が割安

FXなら、僅か27円のスプレッドのコストで済むので、外貨預金と比べて圧倒的な低コストで外貨投資が可能です。

FX スプレッドとは? 意味 スプレッド(Spread)とは、英語で「広がり、値幅、差額」という意味です。金融では一般的に、各国の...
FX 外国為替証拠金取引業者の口座を40社以上開設し、実際にトレードした当ブログ管理人が、店頭FX 相対FX業者の「米ドル円(USDJPY)...

外貨預金 手数料

外貨預金の場合、銀行の窓口では一般的に1米ドルあたり片道手数料が1円程かかります。

↓三菱東京UFJ銀行の外貨預金手数料です。
三菱東京UFJ銀行 外貨預金 手数料 一覧表

外貨預金で1万ドルの運用を行なう場合、往復(日本円→米ドル、及び米ドル→日本円の交換)で往復2万円の手数料が必要となります。

外貨預金のコスト

10,000(ドル)×1.00円(片道手数料)×2(往復)= 20,000円(往復のコスト)

外貨預金は手数料が割高

外貨預金はFXに比べ、最大で740倍も手数料を多く取られる事になります。

銀行のネット取引は、片道手数料が25銭と窓口よりも安いですが、それでも往復5,000円も手数料が掛かるので、どっちにしてもFXの方が圧倒的にコストが安いことに変わりは有りません。

FX 外貨預金 どっちがいい?

FXの方がオススメ

コストや安全性を考えれば、外貨預金の代わりにFXでレバレッジ1倍などの低リスク運用が良いと思います。

FX レバレッジとは? 意味 説明 解説 FX 外国為替証拠金取引と外貨預金の違いとして、FXはレバレッジ(てこの力)を効かせて自己資...

FXは全額信託保全により、万が一、FX業者が破綻した場合でも顧客の資金は返還されます。

信託保全とは? 信託保全(信託分別管理)とは、顧客(FX取引をしている方)から預かった証拠金を、FX業者の財産と区別した上で第三者(主...

外貨預金は預金保険の対象外

外貨預金は預金保険制度の対象外のため、破綻した場合は預金は1円も保護されません。ペイオフの1000万円までの補償すら有りません。

前回、日本振興銀行 破綻 倒産 ペイオフという記事を書きました。 ペイオフは「元本1000万円までと、その利息」しか預金が保護されず、超え...

しかも外貨預金は、FXとは違い信託保全も有りません。
つまり外貨預金は、どっちにしても預金が保護されません。

外貨預金は「為替手数料、為替差益への課税、信用リスク」などのあらゆる観点で消費者にとって最低の金融商品と言えます。

トップへ戻る