この記事は約 2 分で読めます。

Pips ピップス ピプス Pip ピップ

Pips(ピップス) Pip(ピップ) 意味

トランプ

Pip(ピップ)、Pips(ピップス、ピプス)」は、直訳するとサイコロ・トランプ札などの目や点と言う意味になります。

FX Pips 意味

1Pips = 為替レートの最小単位

為替において「Pips」とは為替レートの最小単位で、円なら1銭(0.01円)を指します

テレビ ニュース 米ドル円 為替レート 1pips

例えば「米ドル/円」の為替レートは、テレビのニュースを見ると「115.57 → 115.58 → 115.59」といった感じで、小数点以下2ケタが0.01刻みで動いていきますが、この0.01円の事を「1Pips(1Pip)」と言います。

FXは小数点以下3ケタ表示

為替レート 米ドル円 0.1pips 1pips 10pips 100pips 意味

FXも同様に、小数点以下2ケタを「1Pips(1Pip)」と言います。

なおFXの場合、最近は小数点以下3ケタまで為替レートが表示されるのが一般的になっているので、0.001(0.1PIPS)刻みで為替レートが動きます。

1Pipsの定義

Pip(Pips)は、異なる通貨単位を共通の単位で表す事が出来ます。

対円 1pip=0.01円(1銭)
対ドル 1pip=0.0001ドル(0.01セント)
対ユーロ 1pip=0.0001ユーロ
対ポンド 1pip=0.0001ポンド
対豪ドル 1pip=0.0001豪ドル
対NZドル 1pip=0.0001NZドル
対スイスフラン 1pip=0.0001スイスフラン

Pip(Pips)は、あくまで為替レートの最小単位なので、FX 最低取引単位 1万通貨 1000通貨FX 1ロット 1枚とは別物です。

1Pipsの損益計算

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円などの対円(クロス円)通貨ペアは、FX 1万通貨取引すると1pips=100円の損益となります。

1ドル紙幣を所持している場合 1ドル紙幣を持っている場合、為替レートが「1ドル=100円 → 1ドル=101円」の円安ドル高になれば1...

PipsとPipの違い

1Pipと1Pipsは、どちらも円なら1銭(0.01円)で意味は同じです。
厳密には、1以下なら単数形の「Pip」、2以上なら複数形の「Pips」という表記になります。

以下 以内 未満 以上 超 違い 意味 ← 以下・以上の意味の解説。

Pip Pips 使い分け

米ドル/円 スプレッド1銭 → 1Pip
米ドル/円 スプレッド2銭 → 2Pips

ただ、日本のFX会社ではPipとPipsの使い分けを省いて、単数でも1Pipsという呼び方をしている事が多いです。

Pip 別名

Pipはポイント(point)と呼ばれる事も有ります。

また、2ちゃんねる等のネット掲示板のFX・為替のスレッドでは「FX ピピ ピプ」と言う通称で呼ばれています。

Pip Pips 使用例

  1. スプレッド1pipのFX業者。FX スプレッド 比較
  2. 5Pipsスリッページしたので、このFX業者はFX 約定能力 約定力が低い。
トップへ戻る